結婚レシピ > 結婚の報告と結納 > 結納金と結納返し

結婚の報告と結納

結納金と結納返し

結納金とは

結婚レシピ

結納品の中の金包にあたるのが結納金です。男性側から女性側へ(婿養子の場合は、女性側から男性側へ)結納金を贈る習慣は、今でも根強くあり、最近では、正式な結納はしなくても、結納金と婚約記念品だけを贈るといったやり方も多いようです。

もともと結納金とは、嫁入りに必要な支度金としての意味があり、最近では結婚式の資金として使ったり、家具や家電など、新居の準備に使うことが多いようです。また婚約記念の贈り物としての意味から、結納金の金額を下げたり、もしくは結納金はなく、かわりに婚約指輪を贈るケースも多いです。

結納金の相場

男性側から女性側に贈る結納金は、一般的には男性の給料の2〜3ヶ月分といわれていて、50万〜100万円ぐらいが相場といえるでしょう。平均では86万円ほどになります。またこれとは別に婚約指輪などを用意しているケースも多いようです。

結納金の額や、贈り物の内容は、カップルによって様々です。経済力の範囲内でできるように考え、両家の両親とよく話し合って、結納金を渡す場合はいくらにするのか、また結納返しはどうするのかなどを決めましょう。

結納金の表書き

男性から女性へ贈る結納金 御帯料 女性から男性へ贈る結納金 御袴料
御帯地料 御袴地料
小袖料

また結納金など、婚礼に関する水引は、すべて結び切りです。この結び方には、一生に一度だけで二度と繰り返すことがないようにという願いが込められています。婚礼の場合は両端を上に向け、お悔やみの場合は下向きにします。

結納返し

指輪

男性側から受け取った(婿養子の場合は女性側から受け取った)結納金に対して、何割かを何らかの形で返したり、結納品を納め返すことを結納返しといいます。「返し」という言葉が婚礼にはふさわしくないため、お引出結納、諸白料などといいます。

最近は結納の時に、その場で同時に結納返しをする場合がほとんどですが、後日別に結納返しをしたり、関西の場合は、結納返しがなかったり、後日結納金の1割を返したりすることもあります。

結納返しの金額は、地域や家によって様々ですが、結納金の半額というのが大半のようです。ただ現金で返す場合と、時計や仕立券つきの服地などの婚約記念品で返す場合、または現金と品物の両方で返す場合など、そのやり方はいろいろあります。品物だけで返す場合は、半額に届かなくても問題ありません。

また最近では、最初から結納返し分の金額を差し引いた額を結納金として贈るケースもあります。その場合は、事前に「結納返し」はけっこうですと伝えておきましょう。

結納返しの金額は、結納金によってかわってきますし、両家の両親の希望や地域の風習も大切なので、事前によく話し合って決めておくようにしましょう。

本当にあった結婚式の話