結婚レシピ > 結婚の報告と結納 > 結納の席順

結婚の報告と結納

結納の席順

結婚レシピ

席順だけでなく、結納に関する細かいしきたりは、地域や家によってまったく変わってきます。

基本的に男性側のしきたりに合わせることが多いですが、どれが正しいということはないので、両家でよく話し合って決めましょう。


女性宅での結納の場合

●関東・仲人なし(関西は本人が末席)

●関東・仲人あり(関西は本人が末席)

入口から遠い方を上座、入口に近い方を下座といいます。女性宅を訪れる場合、男性側が客人にあたるので、男性側が上座に並び、女性側が下座に並びます。入口付近は出入りもあり、ばたばたするので、招く側が座ります。

一般の和室には、入口から最も離れた位置に床の間があり、その前に結納品を置きます。床の間が入口側にあったり、床の間がない場合もありますが、その場合でも入口から最も離れた位置に結納品を置きます。

両親と本人の並び順ですが、関東と関西など、地域によってまちまちです。関東は、本人同士の結びつきを重んじることから、本人が結納品に近い方、つまりより上座に座ります。逆に関西は、家同士の結びつきを重んじることから、両親が上座に座ります。

また仲人がいる場合、関東と関西は、結納品の前の中立的な位置に座りますが、東海、北陸では、男性側に並んで座ることもあります。また兄弟や親戚が同席する場合は、末席に並ぶようにします。

料亭やレストランの場合

最近多い、料亭やレストランに両家が一同に介す結納でも、基本的に女性宅と同じような席順になります。入口から遠い上座に男性側が座り、入口に近い下座に女性側が座ります。親と本人の並び順も上記の通りです。

本当にあった結婚式の話