結婚レシピ > 結婚の報告と結納 > 両親への報告と挨拶

結婚の報告と結納

両親への報告と挨拶

結婚の意思を両親に伝える

結婚レシピ

プロポーズを経て、ふたりの結婚の意志が固まったら、まず最初にやることは自分の両親への報告です。どんな親でも子供の結婚となれば一大事ですし、自分を産み育ててくれた両親に対して、まず報告するのは当然のことです。

結婚は本人同士の意思があればいいと考えてしまう人もいるかもしれませんが、親は親なりの結婚に対する青写真を持っているかもしれませんし、結婚するということは、両家の家族や親戚同士のつきあいも始まるということでもあるので、とにかくまずは両親に報告することが、結婚への第一歩であると考えましょう。

テディベア

また結婚の意思が強く、本気であることをきちんと伝えるために、なるべくまじめな態度で報告しましょう。結婚にあたって、親の支援やアドバイスはどうしても必要になってくるので、照れくさいとは思いますが、親がその気になってくれるよう、はっきりと自分の口から報告しましょう。

できれば両親がそろっているタイミングを見計らって報告した方がいいでしょう。お母さんだけに伝えて、お父さんがいつまでも知らないままでいるという事態は避けましょう。

また両親と離れて暮らしている場合は、できるだけ電話で報告しましょう。一方的な報告にならないよう、質問された場合はちゃんと答えるようにします。またメールの場合も、そっけないものにならないようにしましょう。

こんなとき、どうする?
結婚を反対されてしまったのですが…

子供がかわいいばっかりに、すぐに結婚を承諾できない親もいます。そんなときは、すぐその場でOKをもらおうとせずに、時間をかけて冷静に話し合って、誠意を伝えていきましょう。親にも冷静に考える時間が必要です。あまりにも話がこじれてしまった時は、二人をよく知る人に間に立ってもらうのも手です。

お互いの両親に結婚の挨拶をする

自分の両親に結婚の意思を伝えたら、お互いの家に訪問して、相手の両親に挨拶にいきます。すでに面識がある場合でも、できるだけ家に直接訪問して、結婚の報告とお願いをきちんとすることが基本です。

日時は両親に合わせる

結婚の挨拶に行く日時は、相手の両親の都合に合わせるようにしましょう。女性の両親にまず挨拶に行くのが多いですが、特に気にする必要もないでしょう。訪問して挨拶するだけにするのか、食事をするのかなど、事前に二人で打ち合わせしておきます。お酒を出されたときは、くれぐれも飲み過ぎないように。

身だしなみを整える

基本的にスーツで行くのが無難でしょう。派手な服装は避け、髪型なども清潔感を出せるように気をつけます。すでに相手の両親と仲が良いなど、家によってはカジュアルな服装でも気にしない家庭もありますが、ジャケットを着るなど、いつもよりは多少フォーマルを意識した方がいいでしょう。

手土産を買っておく

事前に両親の好物を聞いておくのもいいでしょう。お菓子やゼリー、果物などが一般的です。予算的には3000〜5000円ぐらいで、それ以上高くなると、逆に受け取りづらくなるので注意。また相手の家の近くで買うと、間に合わせの印象を与えてしまうので、事前に買っておくようにしましょう。

基本的な質問の答えを用意しておく〜結婚の挨拶

仕事について、両親についてなど、相手の両親は知りたいことがたくさんあるはずです。また将来の人生設計や、親との同居についてなど、踏み込んだ質問をされることもあるので、事前に相手と相談して、答えを考えておいた方がいいでしょう。

マナーに気をつける

家にも寄りますが、ちょっとしたマナーや礼儀に厳しい両親もいます。できる限り注意を払うに越したことはありません。多少違和感があっても、誠意を見せる意味でも、マナーは知っておいた方がいいでしょう。

・コートを着ている時は、玄関の外で脱いでおく。
・靴は揃えて脇に置く。
・まずは「お邪魔します」と挨拶。
・部屋の下座に進み、きちんと挨拶をする。
・手土産を紙袋から出して、両手で渡す。
・すすめられてから、座る。

NGマナー

・足を組む
・背もたれに寄りかかる
・手土産を紙袋のまま渡す
・和室の場合、畳の縁や座布団を踏む

言葉を選ぶ

特に男性が女性の家に訪問する場合、どれだけ面識があっても、結婚の報告は真剣にしましょう。一般的には「〇〇さんと結婚させてください」とお願いします。「必ず幸せにします」など両親が安心できるような言葉を付け加えるとなおいいでしょう。女性が男性の家に訪問する場合は、「どうぞよろしくお願いします」と挨拶するのが一般的です。

相手の両親のことを「おじさま」と呼ぶか「お父さん」と呼ぶかは、仲の良さや、その場の雰囲気によって使い分けていきましょう。また相手のことはできるだけ呼び捨ては避けて「〇〇さん」とさん付けで呼ぶようにしましょう。なれなれしい態度はもちろんNGですが、必要以上に堅苦しくすることもなく、「です」「ます」などの丁寧語で話すようにしましょう。

こんなとき、どうする?
できちゃった婚の場合…

できるだけふたりの結婚の意思を伝えてから、妊娠の報告をするようにしましょう。ふたりの間で、先に結婚の意思が固まっていたことを伝え、妊娠はきっかけであるということを強調した方が、両親としても安心できます。

相手が再婚の場合…

再婚である事実は隠さずに両親に伝えます。過去に離婚がある場合には、その原因や経緯について正直に説明し、現在どのような心境で相手に愛情を持っているかを、しっかりと示しましょう。また死別の場合は、気持ちの整理がついていることをちゃんと説明しましょう。

相手が子持ちの場合…

離婚の原因と経緯、現在の心境を話すのはもちろん、親権はどちらが持っていて、養育費は誰が負担しているのかなどもきちんと説明します。子供がどのように思っているかも説明し、結婚の理由が、子供のためなどではなく、純粋に相手に愛情を抱いているからであるということも示す必要があります。

相手と年齢差がある場合…

ふたりの価値観が近く、対等に話ができるということを話しましょう。男性が若すぎる場合は、生活のことを心配される場合もありますが、ふたりで力を合わせてやっていく覚悟をしっかり伝えましょう。

国際結婚の場合…

自分の家族はどう思っているのか、どこに住んでどのように生活していくのかなど説明しましょう。文化や習慣の違いはつきものですが、相手に合わせる気持ちで、どんな問題もふたりで乗り越えていく覚悟があることを、誠意を持って伝えましょう。

本当にあった結婚式の話