結婚レシピ > 結婚の報告と結納 > 結納に必要なもの

結婚の報告と結納

結納に必要なもの

結婚レシピ

正式な結納を行う際、取り交わすのは、結納品、受書、家族書、親族書です。仲人が両家を往復して届ける日本古来のやり方や、男性側が女性宅に結納品を納め、後日女性側が男性宅を訪れて結納返しをするやり方、また最近多い、両家が一同に介して、同時に交換するやり方があります。

また関西の場合、男性側から女性側へ結納品を納め、女性側からはお返しをしないこともあります。結納を行う場合、どのようなやり方で行うかは、両家の両親とよく話し合って決めましょう。

結納品

結婚する二人の門出を祝う縁起物で、めでたく結ばれ、子宝に恵まれ、ともに白髪になるまで仲睦まじく、健康で幸せでありますようにと願いが込められているのが結納品です。

ふたつに別れないという意味で、品目数は奇数にします。正式には九品目ですが、七、五、三品目と簡略化する場合も多々あります。また関東と関西、地域によって品目数、品目の内容や飾り方など、しきたりが異なる場合があります。

たとえば関東の場合は、ひとつの台にすべての結納品を乗せますが、関西はひとつずつ別の台に乗せます。また関西では結い納品が13品目の場合もあります。

●男性側から女性側へ贈る目録


●女性側から男性側へ贈る目録

関東式結納品九品目

・目録(もくろく)
結納品の品名、数を書いたもの。

・長熨斗(ながのし)
長寿の象徴で、あわびを干して長く伸ばしたもの

・松魚節、勝男武士(かつおぶし)
男性のたくましさの象徴で、中身はかつお節

・子生婦(こんぶ)
子宝に恵まれるという意味と「よろこぶ」にかけた昆布

・家内喜多留、柳樽(やなぎだる)
祝い酒の意味で、現在は酒のかわりに現金を包むことがほとんど。

・末広(すえひろ)
純真無垢と末広がりの意味を表す、純白の扇子

・友志良賀(ともしらが)
白い麻糸で、ともに白髪になるまで仲睦まじくという意味

・寿留女(するめ)
祝い事の酒肴として、また不時の備えという意味のするめ

・金包(きんぽう)
結納金を包んだもの。男性側は「御帯料」女性側は「御袴料」と書く

結納品七品目の場合

目録、長熨斗、子生婦、末広、友志良賀、寿留女、金包

結納品五品目の場合

目録、長熨斗、末広、友志良賀、金包

結納品三品目の場合

目録、長熨斗、金包

結納品の他に、婚約指輪や時計などの婚約記念品がある場合は、市販の奉書紙で包み、水引を結んで、御指輪、御時計などと書きます。

関東式結納品(結納金は別)
九品目 1万〜1万5000円
七品目 1万5000〜2万円
関西式結納品(結納金は別)
九品目 2万〜10万円
七品目 7万〜30万円

結納品の購入と予算

結納品は、百貨店や式場、結納専門店などですべて揃います。地域によって品目や飾り方が違うので、お店のスタッフに相談してみるといいでしょう。また目録は、日付と名前を記入すればいいようになっているものも売られています。

また事前に両家の両親と話し合い、品目数や予算などを決めておき、どちらか一方が豪華になったり、簡素になったりしないように調整しておきましょう。ちなみに、関西の方が結納品にかかる費用が多少高い傾向にあるようです。

受書

●男性側から女性側へ贈る受書


●女性側から男性側へ贈る受書

受書とは、結納品を確かにいただきましたという領収書のようなものです。本来はもらった側が用意するものですが、結納品の詳細が事前にわからないこともあるので、贈る側が気を利かせて、内容を記載した受書を用意する場合もあります。

百貨店などで市販されているものは、日付と名前だけを記入すればいいようになっているものもあります。日付のあとに吉日と書き、名前は本人か、父親の名前を書きましょう。受書のセットは7000〜8000円ほどです。

結納金の金額については、その額に関わらず、壱封とします。婚約指輪や時計など婚約記念品がある場合は、結美和(ゆびわ)、御指輪(おんゆびわ)、御時計(おんとけい)と書きます。


家族書・親族書

●家族書

お互いの家族や親族を紹介し合うためのもので、用紙は百貨店などで900円ほどで市販されています。家族書には同じ戸籍内、もしくは同居している家族の名前と、本人から見た続柄、最後に本人として自分の名前を書きます。また戸籍が別でも、祖父母が同居している場合は家族書に書きます。


●親族書

親族書には、父方、母方の順に、同居していない祖父母、既婚の兄弟姉妹とその配偶者、おじ・おばとその配偶者の順に三等身まで書きます。住所、本人から見た続柄も書き、年齢、職業などは両家で相談して、書く書かないかを決めましょう。


仲人への謝礼

仲人を立て、結納に出席してもらう場合は、結納金の1割程度のお礼を渡すのが通例です。金額にして5万〜10万円程度です。結び切りの水引き、のしつきの金包みに「寿」か「御礼」と書き、両家の連名にします。

結納終了後、祝宴の前に渡し、仲人が祝宴に参加しない場合は「御酒肴料」と書いて渡します。また交通費として「御車代」も用意しておきましょう。挙式や披露宴にも参加してもらう場合は、すべてまとめて結婚式終了後に渡してもいいでしょう。

こんなとき、どうする?
両家でしきたりが異なるんですが…

片方が関東で、片方が関西など、地域によってしきたりが異なる場合があります。基本的には男性側のしきたりに合わせますが、双方の話し合いによって、しきたりを重んじる方のやり方に合わせることもあります。事前に両親とよく話し合っておきましょう。

結納の時、手土産って必要ですか?

必ず必要というわけではありませんが、男性側から女性側へ、特に女性宅で結納を行う場合など、手土産を贈ることがあります。大抵はお酒か菓子折りで、お酒の場合は一対という意味で2本、菓子折りの場合は丸い形をした饅頭などがいいでしょう。ようかんは「切る」という意味から避けた方がいいでしょう。

婿養子に入る場合は、結納品はどうなりますか?

男性が婿養子に入る場合は、男女がそのまま逆に入れ替わります。よって、結納金も女性側から男性側に送ります。また結納品の品目は、寿留女が寿留芽となり、子生婦が幸運天となり、結納飾りの色も赤から青になります。

本当にあった結婚式の話