結婚レシピ > 結婚の報告と結納 > 結納の服装

結婚の報告と結納

結納の服装

正礼装か略礼装かを揃える

結婚レシピ

結納はあらたまった席なので、それなりに身なりを整える必要がありますが、完璧な正礼装というのは珍しく、略礼装が定番のようです。また食事会などを気軽に行う場合は、平服でも問題ありません。

一番大事なのは、参加する人の服装の格を揃えることです。たとえば、本人が平服なのに、親が略礼装だったり、男性側が略礼装で揃えてあるのに、女性側が平服で揃えてあるというようなことは避けましょう。そのために事前に両家で相談しておくようにしましょう。

男性本人 正礼装 略礼服
略礼装 ブラックスーツ・ダークスーツ
女性本人 正礼装 振り袖
略礼装 スーツ・ワンピース・訪問着・付け下げ
父親、仲人 正礼装 モーニング
略礼装 ブラックスーツ・ダークスーツ
母親、仲人夫人 正礼装 留め袖
略礼装 スーツ・ワンピース・訪問着・付け下げ

結納の服装の一般的な例

男性本人の服装

ブラックスーツか、紺やグレーなどのダークスーツ。 ワイシャツは白で、ネクタイもフォーマルなもの。

女性本人の服装

ドレッシーな雰囲気のスーツか、ワンピース。黒は避ける。 肌をあまり露出しない、スカートの丈が膝下のもの。

父親、仲人の服装

ブラックスーツに白いワイシャツで、フォーマルなネクタイ。

母親、仲人夫人の服装

黒以外のスーツかワンピース。黒は避け、女性本人より華やかにならないもの。

結納当日の注意点の服装

女性の場合、洋装であればストッキング、和装であれば足袋の替えを持っていった方がいいでしょう。香水をつけすぎたり、アクセサリーをつけすぎないように気をつけましょう。

男性の場合、シャツのしわや、えりや袖の汚れに気をつけ、靴下に穴があいていないか、新品の場合、シールなどが付いていないかチェックしましょう。

本当にあった結婚式の話