結婚レシピ > 結婚の報告と結納 > 結納の場所と日取り

結婚の報告と結納

結納の場所と日取り

結納の場所

結婚レシピ

グラフ

本来の正式な結納の場合は、仲人が両家の間を往復して、結納品を運んだり、男性側が女性宅を訪れて結納品を納め、後日女性側が男性宅に結納返しをしたりしますが、最近では仲人を立てないケースも多く、両家がどこかの場所に一同に介して、結納と結納返しを行う場合が多いようです。

女性宅での結納

男性側が女性の自宅に訪問します。伝統的なやり方ではありますが、家を掃除したり、食事などの準備が女性側の負担になってしまうデメリットもあります。

仲人宅での結納

かなり親しい仲人を立てる場合、仲人宅で結納を行うことがありますが、仲人の負担が大きくなるため、最近ではめったになく、かなり珍しいケースといえるでしょう。

ホテル、式場での結納

ホテルなど、結婚式を挙げる会場で、結納のためのパックが用意されています。最近では大抵の会場で結納パックが用意されていて、実際に式を挙げる会場と違う会場でも、結納パックだけを利用することができます。
プロのスタッフが用意、準備してくれるので、多少料金はかかりますが、安心なプランといえます。

花

結納パックというだけあって、食事はもちろん、結納品や目録、家族書などの筆耕も含まれていて、また席順や式次第、口上など、すべてを教えてくれる介添え人が常にサポートしてくれます。

マナーや手順などでわからないことがあったり、間違えてしまっても、介添え人が教えてくれるので安心です。また万が一目録などの文字が間違っていても、すぐに書きなおせる体制も整っています。

予算としては一人あたり2万円〜ぐらい。室料なども合わせて6人で15万〜20万円(結納品は別料金)ぐらいが相場のようです。単なる食事会よりは高くなります。また結納品の品目数や、料理の内容など、プランによって料金も変わってきます。会場によっては、結納をする部屋と食事をする部屋を別々に用意してくれるところもあり、その場合、さらに室料なども料金にプラスされます。細かなプランは会場のスタッフに相談して、見積もりを出してもらうようにしましょう。

レストラン、料亭での結納、食事会

結納パックのように介添え人はいませんが、略式の結納を交わしたり、婚約記念品の交換や、顔合わせを兼ねた食事会をする場合は、レストランや料亭で行うことが多いようです。予約時に結納であることを伝えて個室を予約しましょう。場所によっては桜湯を用意してくれたり、食事のタイミングなどに気をつかってくれたりします。

双方の親が遠方の場合は、両親と相談して、だいたい中間地点にある店を予約するといいでしょう。費用は本人と両親の6人で、6万円ぐらいが相場のようです。両家で折半するのが基本ではありますが、実際は男性側が負担することが多いです。

結納の日取り

結納は、挙式の3〜6ヶ月前に行うことが多いようです。本人はもちろん、両家の両親、仲人を立てる場合は仲人の都合がいい日を選びます。参加者の中に日柄にこだわる人がいる場合は、それも考慮するといいでしょう。ちなみに最近は仏滅でなければいいという人が多いようです。

時間帯は、大抵めでたい行事は午前中から行うという風習から、10時〜11時ごろから始めて、昼食を一緒にとるというケースが多いようです。ホテルや式場の結納パックを利用する場合は、部屋さえ空いていれば一週間前でも予約可能ですが、大抵2〜3ヶ月前から予約できるので、日取りが決まったらなるべく早めに予約するようにしましょう。

こんなとき、どうする?
挙式はキリスト教だけど、結納は和風でもいいんですか?

結婚式と結納は、まったく別の行事です。婚約した証として行う結納は、式のスタイルなどと関係なく行って問題ありません。現に挙式はキリスト教式で、結納は日本古来の方法で行うカップルは非常に多いです。

本当にあった結婚式の話