みなさんから寄せられた結婚式の余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  >>

新郎の母、新婦、ゲスト(知人・友人等)3名分のガスコンロと玉子焼きセットを用意し、3人に玉子焼きをその場で作ってもらいます。

作っている間、新郎は目隠し。作っているところは実況中継されます。

出来上がった玉子焼きを新郎に食べてもらい、新婦の作った玉子焼きを当てるという余興です。

残念なことに、その時答えた玉子焼きは、母の作ったものでした(笑)

やはり母の味を忘れることはできなかったようで・・・。 この余興ネタのURL

投稿者:冬
TO BE WITH YOU

高校時代、音楽系の部活に所属しており、その仲間が結婚した時。
旦那様の地元である大阪での挙式の為、関東出身の友人(新婦)側の主席者は部活の仲間4人を含めてわずか7人。
私達は2人ずつにわかれ、片方はスピーチ、片方は歌を、とお願いされました。
全部で100人近い出席者の中で友人側の出席者が一桁。
私ともう一人の出席者が「歌」の担当になり、余興のトリでした。
ただのカラオケではつまらない。
大勢の友人を招待出来なかった、新婦に1つでも誇って欲しいと思いました。
フォークギターを郵送で送り、本人にはカラオケで曲は内緒、と伝えました。
披露宴の担当者に直々に連絡し事情を話し、全て内緒にしておいてもらいました。

当日、裏からギターを持ってきてもらい、MR.BIGという洋楽の「TO BE WITH YOU」を、片割れが演奏し、私が歌いました。
この曲は、高校時代、文化祭で演奏し、最も褒めてもらった曲でした。

私達友人のエゴでもあるかもしれませんが、最後に花をもたせてあげられたかな、と思います。 この余興ネタのURL

投稿者:mayuge
ケーキカット

ケーキカットは、両親も第2の人生のスタートということで、サプライズで両家両親と一緒にケーキカット。
3段の生ケーキを一段ずつ用意してもらい、もちろんファーストバイトも一緒にやりました。
とってもいい思い出になりましたよ。 この余興ネタのURL

投稿者:mayuge
親子共演

新婦母の生唄「アンチェンドメロディー」で新婦が新郎の妹と退場。
その後、お色直しをした後、新郎には内緒の余興・・
ワイヤレスマイクを使い松田聖子の「輝いた季節へ旅立とう」を唄いながらゲストと握手をしながら会場を駆け回った。
そして、ステージに戻ると新郎が唖然とまっていた。
今度は彼だけを見て熱唱。
正直、新郎はしんどそうでしたが私もゲストも大満足の余興になりました! この余興ネタのURL

投稿者:ハッピーゴジラ
バニーちゃんでお嫁サンバ

●バニーちゃんでお嫁サンバは、主人がお友達の結婚式で仲間5人でやった余興です。おっさん5人化粧して編みタイツはいて歌って踊るのは、大うけでしたよ!
●みんなで白塗りしてかつらをかぶってマツケンサンバもありましたけど・・・
●賞品を用意して新郎新婦にまつわるクイズ大会もうけました。

この余興ネタのURL

投稿者:ayumi
文化も大切です

沖縄で有名なエイサーという踊りはわかりますか?
パーランクーという太鼓をもって踊る伝統的な踊りです。
沖縄での結婚式にはよく見られる余興ですが、わたしは本土での結婚式でも踊りました。花嫁とその友達以外沖縄の人はいなかったのですが、珍しかったみたいでかなり盛り上がりました。 この余興ネタのURL

投稿者:ひめうさぎ
ドレスでマーチングバンド

結婚式の余興として、当時働いていた幼稚園の同期がサプライズで用意してくれたのが、幼稚園で子どもたちに教えていたマーチングバンドの演奏でした。

小太鼓、中太鼓、シンバル、キーボードなど同期が演奏し、なんと私は当時フラッグを担当していたので、曲に合わせて大きなフラッグを披露することに!!
そして主人は演奏に合わせて歌を歌うことに。曲は平井堅の「瞳を閉じて」です。

ドレス姿でまさかフラッグを振るとは思わなかったので汗だくになってしまいました。若さゆえにできた余興だったと思います。

また、幼稚園の先生だからできるようなことも、会社勤めの主人にとっては本当のサプライズであり、これもまた大量の汗をかいていました。とてもいい思い出です。

この余興ネタのURL

投稿者:じゅん
思い出めぐり

新婦とは高校時代からの付き合いでした。そのときの友人4人で、思い出の場所めぐりをしました。
本人には内緒で、ビデオカメラを持って、部活終わりにいった食堂、寄り道したカラオケボックス、怪我をしてみんなでお見舞いに行った病院など、10ヶ所ちかく撮影してまわりました。
撮影しながら、そのときのエピソードを会話したり、とっても楽しく、面白かったです。
涙というより、楽しすぎてキャーキャーいってました。
新郎も私たちの友情をきっとわかってくれたと思います。 この余興ネタのURL

<<  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話