みなさんから寄せられた結婚式の余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  >>

投稿者:どんたこす
息切れするチアガールのコント

友人の結婚式で本当にやって大ウケした余興です
用意するもの
   
   1・30〜40代のちょっとオバサン傾向の女性数名
   
   2・中学生または高校生のお子さんが普段使用しているような    体操着&短パン
   体操着はお子さんの名前ゼッケンが付いたものは尚Good♪
   
   3・チアガールが使うボンボン各自2個ずつ

曲は楽しくて派手な曲なら何でもいいと思いますが、今ならAKB48
なんてピッタリかもしれません

オバサンがぱっつんぱっつんの体操着を無理して着るところに意味があるので、体操着の色や形はバラバラでも全然OKです
但し太い足をさらけ出さないとウケないのでジャージは不可

曲がかかったら元気よくオーバーに踊りながら舞台へ登場します
踊りも全くバラバラでOK♪各自自由に踊ります
ポイントは恥ずかしがらず 自分を捨てること(笑う)
ころあいを見て曲の途中でゼイゼイと息切れをし、苦しそうにしゃがんだり ころんだり...といった演技をします
そこですかさず司会者が「ど...どうしました?苦しいんですか?」
「大丈夫ですか?」と話しかけ 会場に向かってこう叫ぶ
「すみませんっ!どなたかこの中にお医者様はっ!お医者様はいらっしゃいませんか〜っ!!」
会場から前もって頼んでおいた医者役の人に出てきてもらい、心臓マッサージや聴診器をあてるなどの演技をしてもらいます
その最中にチアガールがすっくと立ち上がり「ちょっとアンタ、馬鹿にしないでよぉ あたしたちはまだまだ若いわよ!」「そうよそうよ!新婦より若いわよ!」「絶対痩せてやるんだから〜!」など大声で叫ぶ
会場からは大きなヤジと拍手が飛び交いました。大成功間違いなし♪
この余興ネタのURL

投稿者:たいとん
手話コーラス

結婚式によく使われる歌(タイトルは忘れてしまいました・・・)
を手話も使って手話コーラスで歌った。年配の参列者(親族の人たち)はこんなのもあるんだって感動&感心してくれました。もち、私(新婦)の株も上がりました(笑) この余興ネタのURL

投稿者:山田宗豊
武富士ダンス

当時、新郎が好きだったCM(武富士)のダンスを新郎を巻き込んで踊りました。
最後の決めポーズが、新郎だけ逆を向いてて、ウケました。
新郎は素で失敗したのが恥ずかしそうでした。 この余興ネタのURL

投稿者:ちこり
新郎は誰だ?

新婦に目隠しをしてもらって、新郎・新郎のお父様・新郎の友人など、数人ダミーを用意して、ボイスチェンジャーを通していろいろな質問に答えてもらう。「初めて会った時の印象は?」「新婦の好きな所は?」など、なかなか聞きにくいこともいろいろ聞いてみました。
見事当たれば、ご褒美のキス。外れたら愛を深めてもらう為にといい、キスをしてもらう。
本人は照れていましたが、新郎のお父様や、おじさま達は楽しそうにしていましたよ。 この余興ネタのURL

投稿者:leclown
ブーケトスで・・・

 ブーケトスの時に、ブーケを三つ持って「フィンファンネル!」(アニメ「Vガンダム」の兵器の名前です。)と叫んで投げるネタを挙げたら「ばかばかしい」とか言ってたのにほんとにやったそうです。
 大半の人は意味が分からず、一部の人だけが苦笑いしていたそうです。 この余興ネタのURL

投稿者:こんにゃくさん
阿波踊り

今どきのダンスとかは腰を痛めそうな感じですし、ありふれています。特に女性グループの歌は引いてしまうほど何にも楽しくありません。これは数十年前、私が結婚した時に14歳年上の長兄が演じてくれた変調阿波踊りの話ですが、腰を落とした男踊りでお客様の席をを巡ってくれ、大いに盛り上がりました。温故知新と云う程のことではないのですが古きものが新しい感覚を呼ぶってありますよね。 この余興ネタのURL

電飾を使ったエレクトリカルパレードです。
ウケるので何度もやっています(笑)

まずクリスマスツリーに使う電飾を沢山用意します。
電池式で長い電飾は無いので、豪華にするにはコード式をチョイスするしかありません。
友人知人に声を掛けてとにかく集めまくります、最低でも一人二本以上は纏わないと豪華さが演出出来ません。
最近の物は単純な点滅だけではなく、いくつかの発光パターンが選べるのでそれぞれの発光パターンになるべくバラエティーを持たせます。
それを頭から被れるような大きなカゴみたいなものに巻きつけ、カゴごと被り使用します。そのほうが大きく見えるし、当日の支度も素早くできます。
各演者間は延長コードで繋ぎますが、これが練り歩いている間に抜けてしまわないようにがっちりとテーピングが必要です。

当日までに披露宴会場に何度か足を運び、新郎新婦担当のプランナーさんと打合せます。
当日のテーブル配置 → 順路の決定、途中子供いる席があればオモチャなどを配る準備もするため
コンセントの位置 → 必要なコードリールの長さの決定、コードリールからコードを流す裏方の配置などのため
あとは曲のどのタイミングで入口を開けてもらうかなども打合せます。(必要なら音声さんとも打合せます)
もっとも難しいのは、どの程度披露宴会場の照明を落としてもらえるかの決定です、式場側は照明は落としたくない、でも照明を落とせば落とす程電飾が際立ちますから、お互い立場と意見はわかっていながらの交渉になります。

当日は、電飾を纏った演者の他に、会場コンセント部で元々の電源供給が外れないように守る係り、演者の後方について引きずって歩くコードの引っかかりなどを解消する係りなどの要員も必要です。

なるべく多くのテーブルを回り、途中に子供のいる席にはオモチャなどを配って歩きます。
最後は高砂横に用意されたマイクのところまで進み、そのあとは歌を歌ったりします。

準備に少々労力を要しますが、派手に演出出来るほど盛り上ります。この様に可愛い演出の後に真面目に感動系の歌を熱唱するのですが、そのギャップがさらに高感度を高めるようです。
我々は歌の練習も含め〜3か月くらい前から準備しています(笑) この余興ネタのURL

投稿者:久永沙織
AKB48!?

若い15人くらいの女の子でAKB48の衣装に見立てた洋服をみんなで揃え、歌えば盛り上がること間違いなしです(^A^) この余興ネタのURL

<<  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話