みなさんから寄せられた結婚式の余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  >>

投稿者:もんすてら。
ゲームで楽しく☆みんなで

1つ目は、招待状の先着順に景品を用意。

受付から披露宴までの時間つぶしに
『新郎新婦の赤ちゃんquiz』
ダミーの赤ちゃん写真も用意して、10の赤ちゃん顔の中から
新郎と新婦を紙に記入して投票箱へ。

式の途中の生い立ちビデオで、出てくる赤ちゃんに歓声の声が聞こえて楽しかった。

以外に、親族も相手の赤ちゃん写真までは分からず、
全員が楽しめた。

ダミーになっていた出席者も、後々名前を公表され、うけていた。
この余興ネタのURL

AKBの会いたかったを新郎新婦に関するエピソードを含めた替え歌にして友人達と歌いました。振り付けも覚えて、歌詞をスクリーンに出してもらったので会場の皆さん皆も歌ってくれて、大いに盛り上がりました。替え歌なので、歌詞をきちんと全ての皆さんが読めるようにする事が大事です。そうすれば、きっと盛り上がります。

新婦のお父様が特にノリノリで歌ってくれたのがうれしかったです。 この余興ネタのURL

投稿者:tajao
ビデオ制作

全体は、
「遠くから披露宴会場を目指してマラソンしてくる+その動画中の格好で披露宴会場に到着〜」
っというよくある披露宴ビデオですが、我々はその途中にマラソンとは違う映像も差し込みました。

どんな映像を入れたのかというと、我々は全員中学校の同級生なので、地元の中学校の校庭に石灰の白いラインマーカーでとにかく大きく新郎新婦のへのメッセージを描いてそれを校舎屋上から撮影しよう、と思いつきました。

まず幹事が中学校へその旨を相談したところ、対応にあたった現在の教頭先生がたまたま幹事の小学校時代の恩師だったということもあり、校庭の使用を快諾してくれたのがラッキーでした。

日曜日の朝から、どピーカンの校庭で撮影は始まりました。
屋上からの撮影は難しく断念、撮影は体育倉庫の屋根の上からと決まりました。
大きなハートマークの中に新郎新婦の名前を書こうと決まり、早速下書きしそれを撮ってみますが、真上から撮れるわけではないので画がかなり横広がりに映ってしまい、これの修正に時間が係りました。
そうしている間にも仲間たちが一人、また一人と校庭に集まってきました。

描き始まってからも地面で描いているメンバーとカメラマンとの遣り取りが続きました。
「線をもっと太く!」「もっとエッジをはっきりさせて!」
もくもくと作業を続ける地表スタッフ、しかしカメラマンも炎天下の焼けたトタン屋根の上で頑張っています、お互い意見はしても喧嘩は無し!よい仲間で助かりました。

さて完成、結局10*15mくらいの絵になり、使用した石灰粉は30kgオーバー!
カメラマンが屋根から降りてくると、全員でカメラの小さなモニターを覗き込みます。
「こりゃ〜スゲー!」「新郎大泣き間違いなしだな、こりゃ!」

さて披露宴本番。
映像全体は8分にまとめました。100kmほど離れた有名な神社から家内安全のお札を持って会場まで走ってくるという内容で、その合間々々に中学校の映像を差し込みました。
そしてこの校庭の映像が流れたとき、会場からどよめきがおこりました(笑)
そのあとは新郎大泣きで話せず、それにつられて余興メンバーも撃沈、さらにそれにつられて会場の列席者らも肩を震わせてハンカチで目を押さえているのがほの暗い照明の中に見えます。

そのあとはもうグダグダ、会場全体が感動モードに入っちゃって、マイクを持ってコメントする人達が次々と涙、涙、涙…
ちょっと感動させすぎました(大笑)
この余興ネタのURL

投稿者:アマクサ
有名な曲をものまね等で

私の知人はキセキを全身黒いタイツ+全身に豆電球つけて変な踊りを披露していました。 この余興ネタのURL

投稿者:しょうまい
白雪姫

新郎新婦参加の白雪姫

魔女が鏡に一番きれいなのは誰かと聞くと
新婦の名前がでてくる。
新婦に毒りんごたべさせる新婦は気を失ってしまう。

新郎が新婦の名前を読んでも起きない。

小人が
「キスすると目が覚めるんだよ」
と新郎に話す。

新郎が新婦にキスをしたら目が覚めて
ハッピーエンド

劇をした学生時代の友達とは仕事などでなかなか会えなかったので
メールでセリフなど交換し役をきめ
当日セリフ合わせだけして本番でした。
もちろん新郎新婦には内緒で
他の出席者からも
「すごくよかったよ」
と声をかけてもらいました。




この余興ネタのURL

投稿者:とっしー
恥ずかしのチアリーダー

友達の結婚式で友達みんなとチアリーダーの格好をして踊りました。
それまではみんなノリノリで休みの日にはみんな集まって何度も練習をして、完璧に踊れるようになっていました。
衣装もおそろいにしていざ本番!


ミニスカートにルーズソックス、頭には大きな花。。。
いい年をしてそんな衣装に着替えた自分たちの姿にハッと我にかえりました。
本番は見られているのが恥ずかしくなりみんな下を向きながら小さな踊りになってしまいました。 この余興ネタのURL

投稿者:ゆかやん
バナナ早食い

披露宴の入場の際、各テーブルの風船を割りながらまわりました。あらかじめ風船の中に色々な色の小さな風船が入っていて、お客様にひとつずつとってもらいました。そして色を指定してその方が各テーブルの代表としてバナナの早食いに挑戦。かなり盛り上がりました。もちろん勝ったテーブルの人にはバナナをプレゼント。 この余興ネタのURL

以前新婦の友人代表として同級生2人でスピーチすることになりました。

新婦も新郎もともに同級生でよく知っており、私はより新郎のことを、もう一人はより新婦のことを知っていました。
普通にスピーチをしても面白くないので、彼らの出会いから別れ、その後の再会、結婚までを漫才風に検証リポートすることにしました。

新郎の初々しさ、新婦のしたたかさを強調し、嫌味にならぬよう、(新郎新婦の家柄を考慮して)知性が出るようにがんばりました。

新郎新婦はけっこう喜んでくれて、親戚の方からは「けっこうな検証でした」とお声をかけてもらいました。

この余興ネタのURL

<<  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話