みなさんから寄せられた結婚式の余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  >>

友人に余興を頼んだところ、用意されたのは聞いていたのとは違うもので両親からのサプライズビデオレターでした。
両家の両親に事前に友人がコンタクトをとって作ってくれ、小さい頃の話やこれから二人で力を合わせて頑張ってね、などのコメントに私も新郎も号泣でした。 この余興ネタのURL

普段はおとなしいイメージを持たれがちな新郎なのですが、実は某アイドルグループの大ファンというお茶目な一面が!
新郎のそういう一面を見せた方が場が盛り上がるし、きっと参加者のみなさんにも印象の残る結婚式になると思いました。そこでわたし達は、新郎のすきなアイドルグループの歌とダンスを披露することに。わたし達の中のひとりが足をくじいてしまいもう踊れない・・・という演技を大袈裟にして笑いをとったあと、司会者の方に「この中で他に踊れる方はいらっしゃいませんか?」とアナウンスしていただきました。そこで、わたし達の中のひとりが「新郎が踊れたはず!」と新郎を連れて来て参加させました。
びっくり&恥ずかしがっていた新郎も、曲が始まるとわたし達と一緒に完璧ダンスを披露。みなさん大爆笑で、とても楽しい式となりましたし、新郎の緊張もほぐれたようです♪ この余興ネタのURL

投稿者:すくりゅーどろっぷ
酒好きによる酒好きのためのサプライズ!

私たち夫婦の結婚式の出席者はみんなお酒好き。余興で男性出席者のためにブロッコリープルズをする予定でしたが、急遽ブロッコリーを会場近くの酒蔵の日本酒に変更したら、ものすごく盛り上がりしました。ブーケトスより盛り上がってしまったので、花嫁の私としては複雑な気分でしたが・・・。ちなみに、両親への感謝のプレゼントは、主人と私それぞれの生まれ年に作られたワインにしました。出席者からは「お酒ばっかりだね〜」と笑われちゃったけど、楽しんでもらえたので良い思い出です。 この余興ネタのURL

投稿者:ぼんで
新郎新婦の会社

職場結婚の新郎新婦でした。
勤め先が、スパリゾートハワイアンズでしたので
同期男子で、フラガールになる羽目になりました。
会場が騒然としました。
この余興ネタのURL

投稿者:たきこ
本物はドーレだ?

披露宴でお色直しがありますよね、その時に友人男女ペアを2組か3組用意していただきます。新郎新婦を合わせて3組の場合は???でもいいですし、ABCでもいいですので1組ずつ番号をつけます。ゲストからは見えない様に、シルエットの後ろ側に並んで座ってもらいます。ゲストには各テーブルに用意されている自身の名前の書いた紙を、色つきの番号を貼ったグラスに入れてもらいます。(例:?青色グラス?赤色グラス?黄色グラス等、番号や色は自由に前もって用意しておいて)全員が各グラスに名札を入れれば、シルエットをオープンします。新郎新婦が何番なのか、新婦のドレスは何色なのか?当たったグラスの名札を読み上げて、新郎新婦が用意したちょっとしたプレゼントと記念撮影があるといったものです。ちなみに、進行は自由にしてもらったらいいと思います。例えばボイスチェンジャーを使って質問OKにしてみたり、カラーライトを当てて色を分からなくする分、顔以外を見せたりと方法はいくらでもありますから。これが以外と盛り上がるんですよ。 この余興ネタのURL

投稿者:もんすてら。
ゲームで楽しく☆みんなで

1つ目は、招待状の先着順に景品を用意。

受付から披露宴までの時間つぶしに
『新郎新婦の赤ちゃんquiz』
ダミーの赤ちゃん写真も用意して、10の赤ちゃん顔の中から
新郎と新婦を紙に記入して投票箱へ。

式の途中の生い立ちビデオで、出てくる赤ちゃんに歓声の声が聞こえて楽しかった。

以外に、親族も相手の赤ちゃん写真までは分からず、
全員が楽しめた。

ダミーになっていた出席者も、後々名前を公表され、うけていた。
この余興ネタのURL

AKBの会いたかったを新郎新婦に関するエピソードを含めた替え歌にして友人達と歌いました。振り付けも覚えて、歌詞をスクリーンに出してもらったので会場の皆さん皆も歌ってくれて、大いに盛り上がりました。替え歌なので、歌詞をきちんと全ての皆さんが読めるようにする事が大事です。そうすれば、きっと盛り上がります。

新婦のお父様が特にノリノリで歌ってくれたのがうれしかったです。 この余興ネタのURL

投稿者:tajao
ビデオ制作

全体は、
「遠くから披露宴会場を目指してマラソンしてくる+その動画中の格好で披露宴会場に到着〜」
っというよくある披露宴ビデオですが、我々はその途中にマラソンとは違う映像も差し込みました。

どんな映像を入れたのかというと、我々は全員中学校の同級生なので、地元の中学校の校庭に石灰の白いラインマーカーでとにかく大きく新郎新婦のへのメッセージを描いてそれを校舎屋上から撮影しよう、と思いつきました。

まず幹事が中学校へその旨を相談したところ、対応にあたった現在の教頭先生がたまたま幹事の小学校時代の恩師だったということもあり、校庭の使用を快諾してくれたのがラッキーでした。

日曜日の朝から、どピーカンの校庭で撮影は始まりました。
屋上からの撮影は難しく断念、撮影は体育倉庫の屋根の上からと決まりました。
大きなハートマークの中に新郎新婦の名前を書こうと決まり、早速下書きしそれを撮ってみますが、真上から撮れるわけではないので画がかなり横広がりに映ってしまい、これの修正に時間が係りました。
そうしている間にも仲間たちが一人、また一人と校庭に集まってきました。

描き始まってからも地面で描いているメンバーとカメラマンとの遣り取りが続きました。
「線をもっと太く!」「もっとエッジをはっきりさせて!」
もくもくと作業を続ける地表スタッフ、しかしカメラマンも炎天下の焼けたトタン屋根の上で頑張っています、お互い意見はしても喧嘩は無し!よい仲間で助かりました。

さて完成、結局10*15mくらいの絵になり、使用した石灰粉は30kgオーバー!
カメラマンが屋根から降りてくると、全員でカメラの小さなモニターを覗き込みます。
「こりゃ〜スゲー!」「新郎大泣き間違いなしだな、こりゃ!」

さて披露宴本番。
映像全体は8分にまとめました。100kmほど離れた有名な神社から家内安全のお札を持って会場まで走ってくるという内容で、その合間々々に中学校の映像を差し込みました。
そしてこの校庭の映像が流れたとき、会場からどよめきがおこりました(笑)
そのあとは新郎大泣きで話せず、それにつられて余興メンバーも撃沈、さらにそれにつられて会場の列席者らも肩を震わせてハンカチで目を押さえているのがほの暗い照明の中に見えます。

そのあとはもうグダグダ、会場全体が感動モードに入っちゃって、マイクを持ってコメントする人達が次々と涙、涙、涙…
ちょっと感動させすぎました(大笑)
この余興ネタのURL

<<  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話