選りすぐった結婚式のおすすめ余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >>

投稿者:もみじeh
新婦の取り扱い説明書☆

友人の結婚披露宴で見ました!!
『新婦の性格、長所・短所、くせ等などあげながら、その時々での場面でこのように対処し、扱ったら、今後の結婚生活がより上手くいく新婦の取り扱い説明書☆』をパワーポイントを使用しながら披露していました!!友達歴の長い友人でしか知らないこともあったのでとっても面白かったです♪ この余興ネタのURL

投稿者:himawari
新郎脳内メーカー

以前、友人の結婚式で余興を頼まれた際、
人前で何か披露する・・・という事がとても苦手だったため、
余興のビデオを作製しました。

前に流行った脳内メーカーをヒントに、新郎の
脳内メーカーを作りました。

新郎はちょっと・・・結構?ふくよかな方だったので、
「食」と新婦の名前の一文字をキーワードに作ったところ・・・

結構ウケました(笑)

定番の歌の披露なんかもいいですが、
こんな余興もありかなぁーと自画自賛でした♪ この余興ネタのURL

投稿者:ぴよ
新婦も参加のライブ!

新婦が趣味でサックスをしていたので、お友達と演奏してくれました!旦那さんもタンバリンを叩いて盛り上げてとても微笑ましかったです。
ゲストにもタンバリンやマラカスを渡してみんなで盛り上がることができました! この余興ネタのURL

★従妹の結婚式で
従妹の友人たちが女装をして歌って踊っていました!
友人や家族は大爆笑でしたが
子供たちはみんな号泣していました(笑)

★幼稚園の先生の結婚式で
忘れもしません。20年も前の話ですが
私の幼稚園の先生の結婚式に生徒全員でサプライズ参加しました。
先生はうれし泣きをしていて、私たちも嬉しかったです! この余興ネタのURL

投稿者:にゃんたけ
突然「乾杯の歌」!

同僚の結婚式にはるばる沖縄まで行きました。レストランウエディングで、招かれた客は好きなアロハシャツが選べるという、南国ならではの癒しムード満点の結婚式でした。招待された中で一番偉い人だけがスピーチを頼まれていたので、他のみんなは美味しい料理にワインを楽しんでいました。「せっかく結婚式に参列するために沖縄まで行ったんだから、観光もしようね。」なんてのんきにわいわいしていると、突然新郎から「声楽を習っている○○さんから歌のプレゼントをお願いします!」

えっ?聞いてないよ?どうする?ワインもしこたま飲んじゃったよ?

うろたえる私をよそにiPodでイタリア語の歌詞を探し出してくれたKちゃん。使えないiPodを持たされ、なんとか歌いきりましたが、忘れられない思い出です。 この余興ネタのURL

投稿者:じゅーちゃん
サプライズ!100人メッセージ

友人の結婚式にて。
余興の時間になりました。

突然、新郎から新婦へプレゼントがあるとのことでした!
すると、スクリーンが降り、
新婦の友人100人分の「祝福メッセージ」が流れました!

実は事前に新郎が新婦の友人と協力して、新婦の友人100人から祝福メッセージをビデオ撮影していました。
式の準備で忙しい中、100人からメッセージを集めるのは簡単なことではありません。
新婦に対する新郎の愛情を深く感じ、感動に包まれた結婚式でした! この余興ネタのURL

友人の結婚式で、友人の同僚さんたちが企画したサプライズVTRが流れました。
友人の仕事関係者の一人が、スケッチブックにメッセージを書き、カメラに見せ、それを右に差し出します。
シーンが切り替わり、別の仕事関係者が左からスケッチブックをもらう(ふりをする)と、ページをめくり、メッセージを書き、カメラに見せ、今度はスケッチブックを上へ投げます。
またシーンが変わり、別の仕事関係者が、上から落ちてきた(ように見せかけた)スケッチブックを受け取り、メッセージを書き…
…という形で、色々な人のメッセージが集まった後、そのスケッチブックが閉じられ、VTRは終了しますが、実際にスケッチブックが新婦の前に登場しました。
その友人は市役所で働いており、市長や副市長もVTRでメッセージを書いておりかなりびっくりしましたが、職場の人にここまでやってもらえるなんて幸せだなぁ、と、更にお祝いの気持ちが高まり、すごく感動しました。 この余興ネタのURL

投稿者:なたね
ひとりミュージカル

新郎新婦とは仲が良く、面白おかしく式を盛り上げようと考えました。
新郎新婦は当時、とつぜんミュージカルが起きる映画をみたようで、それにはまっていました。
唐突に起きるそれが面白かったようです。

なので、仲間たちと打ち合わせをし、とつぜんミュージカルを取り入れた祝福を考えネタを作りました。

そして結婚式当日、いよいよその時がやってきました。
第一声がわたしだったので、突然立ち上がりミュージカル風に祝福の言葉を贈りました。

そして次に、共通の友達であるAがたちあが・・らなかったのです。

まわりはくすくす笑っているので、はめられていることに気づきました。

しかたないので一人でミュージカルを始めると、そのめちゃくちゃっぷりに会場がもりあがってくれました。

はずかしさと、はめられたくやしさはありましたが、新郎新婦が喜んでくれたのでよかったです。

今でもその話題が上りたまに恥ずかしいです。 この余興ネタのURL

<<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話