選りすぐった結婚式のおすすめ余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  >>

投稿者:新島衛門
最近の流行にのって

親友の結婚式とのことで、なにか余興をしなきゃとテレビを見ていたら、「ビリーズブートキャンプ」をやってるではありませんか! これを見た瞬間、これにしよう、と思いDVDを買って練習しました。
 当日。自分の出番になった瞬間、服をがばっと脱いで上半身裸となり、ブートキャンプをやりました。その瞬間、会場が大爆笑。終わった後に、新郎新婦のとこへ行き、「赤ちゃん産んだら、太るらしいから」と言ってDVDを渡すと、笑いながらDVDを受け取ってくれました。
 式が終わった翌日、体重を量ってみると、なんと! 4キロ減ってました。 恐るべし ブートキャンプと思い、渡してしまったことを後悔しました。 でも、なんだかんだでウケて 体重も減ってなど いい1週間でした。 この余興ネタのURL

会場を飛行機に見立て、航空会社の制服っぽい服を着て、アナウンス口調で、新生活のアドバイスを面白おかしく、そしてちょっとエッチにアナウンスしました。
スピーチが続いてかなり中だるみだった会場の雰囲気が、きりっと締まり、また、大爆笑でした。

この余興ネタのURL

この前の結婚式がまつけんサンバでヅラをかぶって踊ったので
もっとかわいいものをやろうということになりました。
最初は神前の式で挨拶のみでという真面目な式の予定だったそうなのですが、新婦のお父様が余興を見たい!で「何をやってもいいよ」と了解をいただきました。
お互い子供もいるのでなかなか集まることができなかったので
各自キューティーマミーのDVDを借りて家でパラパラの練習→当日1時間前に集合→カラオケで挨拶&一発芸(皿回し)練習→本番
パラパラだけだと地味かと思って衣装はミニのチャイナドレスにしました♪
いざ!やってみると新婦のお父様は爆笑、ステージの前のおじいさんからは握手を求められて恥ずかしかったけどとっても楽しい余興になりました☆ チャイナドレスはインターネットで1000円でまとめ買いしたので元手も時間もかからずお勧めですよ(^^) この余興ネタのURL

投稿者:チエポン
人間習字

友人の結婚式で、新郎側の友人がやった余興ですが、
男性五人程と女性二人で、男性の一人は頭に墨汁がしみこむよう、いわゆる筆役になり、あとの男性でその筆役をかつぎ、壁に立てかけた一畳ほどの大きさのパネルに、「絆」の文字をデカデカと書き上げると言うものです。(この時は女性二人はパネルを支える役でした)
なんとゆう文字が書きあがるのか?というサプライズ要素と、味のある文字の仕上がりに新郎新婦も大喜び!
披露宴の最中には、その文字の前で記念撮影など、なかなかの人気でしたよ。この時は男女合わせて7,8人でしたけど人数の調整も融通がききそうですよね!! この余興ネタのURL

投稿者:ナナとネネ
新婦の取扱書をつくりました!

新婦をロボットにみたて、旦那様が無事ご購入と言う形で、「購入にあたっての取扱書」を作って、発表形式で行いました。ちょっと固いですが、滑りはしないです!
例えば、「家事をさせすぎると、ヒートしてしまうので、定期的に、外に出し、買い物をさせてください」や「寂しがり屋の商品なので、寂しい思いをさせないでください」など、旦那様へのお願いをまじえて作りました。最後に、まとめた取扱書を新郎に渡しました!くだけたことを交えてもいいかもしれないですね! この余興ネタのURL

 新婦との学生時代からの思い出を、パワーポイントを使い、おもしろ、おかしくプレゼンして、
 その次に「(はなはなの)あ〜よかったな」の一部を歌って、しっとりさせて、泣ける手紙と文章にあわせた、写真を映し出し、
 最後にサムシング・フォーにちなんで、
「something new」は新しい食器をプレゼント。
「something borrow」は既婚者の友だちから、レシピのプレゼント。「something blue」は手作りのブルーの造花で作った、卓上ブーケを プレゼント。
「something old」はパワーポイントで使用した写真と文章をそのまま 絵本にして、思い出の絵本としてプレゼントしました。
 絵本はインターネットから2000円程度でレイアウトから注文までできるサイトを利用しました。
 準備はいろいろと大変でしたが、友だちも喜んでくれ、最高のプレゼントになりました。 この余興ネタのURL

結婚式のなつかしの定番といえば、「てんとうむしのサンバ」。
仲良し5人組の中で、最初に結婚する人の余興は、これにしようと1・2年前から話をしてきました。そして、私の結婚が決まり、余興を頼む前からみんなは準備開始。
本格的にてんとうむしの羽(?)や頭につける飾り、お花の衣装などなどを用意。そして、振り付けもして、準備ばっちり。
当日は、職場の後輩も巻き込んで、明るく楽しくフルコーラス踊ってくれました。職業柄(保育士)、照れもしっかり隠しながらかわいく踊り、親戚のおじ様おば様からは、「とってもよかったよ!!」と大絶賛されました。
ちなみに、結婚4年目にもうすぐなりますが、未だに「あれはとてもよかったよ」と言われています。 この余興ネタのURL

投稿者:K
モノマネ

モノマネと言えば芸能人だとかが一番やりやすいところですが、結婚式の参加者全員にウケルというモノマネ、それは、新郎のモノマネ!結婚式の参加者が知ってる人だから誰にも賛同してもらい大爆笑を誘うことが出来ました☆ただ、本人は納得してない部分はありましたが、新婦が分かっているので間違いはなかったでしょう(笑) この余興ネタのURL

<<  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話