選りすぐった結婚式のおすすめ余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  >>

中トロ寿司をいくつか用意して、各テーブルから有志をつのり選んでもらう。
(実はこのうちのひとつにはものすごい量のわさびが仕込まれている。)

お寿司は好きかー!(いえー!)
中トロだぞー!(いえー!)
などと、ムダにテンションをあげると効果的。

いっせいに食べてもらって、当たった人には泣かせたおわびにとビール一年分の商品券をプレゼント!と封筒を下戸の子から渡す。(その子の一年分なのでビール券は1枚でもOK)
ゲーム終了時のコメントは「こういう、思ってもみない出来事があっても笑い話になるからね!」。 この余興ネタのURL

投稿者:モモ
処方箋形式で

新婦の症状別にお薬(対処法)を新郎に処方する形で友達4人で余興しました。
新婦のいいところがうまく紹介でき
とてもウケました!!

たとえば
お料理は和食が得意な新婦だったら
『お母さんのお料理もおいしかったけど、○○ちゃんのお料理の方が僕は好きだよ』と、たまに声をかけてください。とか

最後にエプロンを新郎に
もし喧嘩をしてしまったら、だまってこれを身に着けましょう!!
これで家事をお手伝いすると場も和み
夫婦円満になること間違いなしです!!
と、ピンクのエプロンをプレゼントしました(笑)


この余興ネタのURL

投稿者:美しい都の姫の父
弾き語り

今でこそ珍しくない、新郎から新婦への弾き語り。
私は両親へ1曲、妻へ1曲、ピアノ弾き語りをしました。

会場は老舗の料亭。
ここ数年誰も使っていないというピアノが1台あったので
司会者・スタッフにお願いして企画しました。
もちろん他の誰にも教えないサプライズ企画でした。

余興ではないかもしれませんが、私の中では一大余興。


メニューや席辞表など自作したので、なかなか練習する暇なし。
結局本格的に練習しだしたのは式当日1週間位前からでした。

バレないよう妻が寝た時間を見計らって電子ピアノで練習。
さすがに歌は歌えないので通勤中の車内で熱唱!!
誰かに指導を仰ぐこともできず、全て自己流でした。

式当日も新郎挨拶など、何のその。
弾き語りのことで頭イッパイで何をしゃべったか覚えていません。

そんな緊張の中ついに出番が。
以外にも声もでて、間違うことなく演奏できました。
私のサプライズに拍手の嵐でした。
妻はもちろん、スタッフも含め会場の皆が感動したと言ってくれました。
今でもその料亭では伝説として語り継がれているそうです。

自分がスターの"気分"になれた結婚式でした。


この余興ネタのURL

投稿者:新ねこ
目隠し(*^_^*)

大学を出て初めて入った会社の同期の結婚式です。
同期の中で姉さんキャラだった私は余興を任されました(*_*;

企画ものが苦手な私は知り合い、友達・・・とにかく相談しました。
準備もラクで盛り上がるのも・・・(*^_^*)やったー!見つかりまして、
無事に余興を終えられたので投稿させていただきます。


新婦と同期の女性数名をステージに並べます。
新郎に目隠しをします。
女性は指輪をそれぞれはずします。



目隠しした新郎は新婦と同期の女性の手を順番に触り
愛する奥様の手を当てる・・・そんな簡単なゲームです(*^_^*)


準備するものは目隠しの布1枚だけだったと思います。
反対のバージョンで、新婦が目隠しをして新郎の手を当てるのも
よし!です。
働いて忙しい人が集まって事前に練習、準備は大変です。
多少、司会者の進め方に盛り上がるかどうかがかかってきますが、
私の場合は一緒に司会をしてくれた同期の友達が話のうまい子で
助かりました。


簡単なゲームですが、酔っ払ったおじさんたちは喜んでくれましたよ!

この余興ネタのURL

投稿者:malibukomalibu
サーフィンウェディング

去年10月に念願のHAWAIIで挙式をあげてきました。
夫婦揃ってサーフィンをするので、日本から来てくれた友達も皆サーファー。
教会で無事挙式を終えた時、友達がボードを運んできてくれて、ウェディングドレスとタキシードを着たまま、タンデムサーフィンをすることが出来ました。
ボードを運んでくれて、水中カメラで写真を撮ってくれた友達に感謝です!
とても思い出に残る1日になりました。
この余興ネタのURL

投稿者:4214
「人類皆兄弟!」

新郎の親友たちが街に繰り出し、「FREE HUGS」と書かれたボードを手に見知らぬ人たちにハグをするというVTRを編集して作ってくれた。
そしてその上映が終ると、数人が同じ服装でボードを持って会場に登場。
まずは、常識的にはあり得ない、お偉い様方のお席へ・・・
高砂から見ている方はハラハラ。
しかし、皆笑顔でそれに応えてくれていて、それまで少し固い雰囲気の会場が和やかに、親密感のあるものとなった。
新郎側、新婦側の見知らぬ人たちも最後はその輪に加わっていた。
200人を越す人数だったのでこの発想は良かった。 この余興ネタのURL

通常はブーケは新婦が持って入場しますが、私はブーケ伝説にちなみ、新郎が持って入場し、正面で新婦と父が入場してくるのを待ち、新婦が正面にきたら、1回転して新婦にブーケを差し出し、新婦が受け取ったらブーケに潜ませておいたら、ブートニアを新婦の胸に挿し返す。といったことをしました。
ブーケ伝説によると、新郎が新婦の家に結婚の申込をしに道端の花をつんで花束をつくり、その花束を「僕と結婚してください」と差し出し、返事の代わりに花束の中から1輪を返すということと理解しております。
披露宴では、司会の人にセリフは言ってもらいました。 この余興ネタのURL

投稿者:ひぃこ
かわいくて感激!!

保育士の新婦の友人の余興で、卒園した新一年生の教え子たちが30人位集まって、新婦に内緒で登場。お遊戯会でやった思い出の歌とダンスを披露しました。初めは登場に嬉しビックリで感動し泣いてしまった新婦でしたが、新郎新婦揃って子供たちと一緒に踊り始め、会場がひとつになり手拍子と笑顔で溢れとても温かい気持ちになりました。最後に子供たちが一輪ずつメッセージとともに花を贈り、最後には花束になりました。先生に会えて嬉しくて泣いてしまった子供もいました。子供って本当にかわいいなーって思ったひとときです!!! この余興ネタのURL

<<  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話