選りすぐった結婚式のおすすめ余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  >>

「お色直しが終わったようなので新郎新婦の入場&キャンドルサービスです!」と司会者。そこに、大仏姿の新郎と舞台化粧を施したバニー新婦の登場。大仏はチャッカマン(点火器具)を手に意気揚々!… 実は、彼らは本物の新郎新婦ではなく、新郎の友人と新婦の妹に仮装してもらい、余興としてやってもらいました。実際に私の結婚式で行われた余興エピソードです。司会者が「あんたら会場間違ってまっせ、ここはあんたらの結婚式会場とちゃいますよ〜」と言い、2人はイナバウワーをして退場しました。(当時イナバウワーが流行っていましたので。)その後、お色直しを終えた本当の新郎新婦(私たち)が登場し、爆笑からしっとりモードに会場の雰囲気が変わり、大成功でした。 この余興ネタのURL

投稿者:きなこ
人間筆!!

以前勤めていた会社の結婚式でものすごい余興を見ました。

その名も「人間筆」。
余興をする人たちの中で一番背が低く、体重の軽い男性の髪の毛を筆に見立てて大きな紙に「壽」という字を書くというものです。

あまりのすさまじさに来ていた人たちは呆然としていました。
筆になった人は勿論髪も顔も墨まみれ…
筆になった方の奥様と友達なのですが、墨がシャツについて落ちない!!と激怒なさっていました。

「壽」と書いた紙は新郎新婦に贈呈されていましたが果たして保管してあるのやら…
体全体でお祝いを表現した余興でした。
この余興ネタのURL

投稿者:ゆうちゃんママ
タラバガニプレゼント

お2人にまつわるクイズを披露宴にご出席いただいたかたに、テーブル対抗で参加していただきます。事前にお二人に色々聞きます。初めてのキスの場所、得意料理など。三択にしてうけをねらいます。得意料理の場合、新婦が料理が苦手なら、レタスをちぎっただけのサラダなんていれてみます。だいたい時間の関係もあるでしょうが5問くらいだし、最後残ったテーブルの方全員にタラバガニセットをプレゼント!! タラバなんて高くて用意できないので実際はカニパン、カニ缶、カニをほじくりだすスプーンです。この中身がバレバレだとつまらないので、準備が大事。魚屋さんからハッポースチロールをもらい1セットずつカニの絵でくるみます。テーブル対抗なので、一番たくさん座ってる席に数を合わせて用意します。あと必要なのは三択なので札を用意します。前日までにプランナーさんに渡します。 私たちの結婚式でやりました!!かなりうけて大好評。プランナーさんに預ける時、生ものはダメですなんて言われるくらい手がこんでいました。応用で和牛セットなんていうのもいいかもしれないですね。お二人のことも分かるし、盛り上がりますよ。 この余興ネタのURL

投稿者:よっち
あいうえお作文

当日出席してもらった方々の中から、新郎新婦の名前にちなんで「あいうえお」作文を作ってもらう。。
たとえば、新郎たかし、新婦あやか、とすると「たかしあやか」で6人前に出てきてもらい、文がつながるように考えてもらう。
6人を誰にするかは、新郎新婦で考えたらよいが、当日までその6人には内緒にしておくと、なかなか楽しい文ができました この余興ネタのURL

投稿者:メロンパン
バブルサービス★

キャンドルサービスのかわりに、バブルサービスをしました。
LUSHの入浴剤で、お湯につけると泡が出るというものです。
さいごに花びらがでてきて、かわいいんですよ。
香りもいいです。 この余興ネタのURL

新郎新婦の出会いから結婚するまでの出来事(お笑いネタ満載で)をアニメにしてもらいました。
もちろん、吹き替えは自分たちで。
お色直しの最中に上映しました。
かなりウケたし、珍しかったらしく、のちのち「どこで作ったの?」と
聞かれました。 この余興ネタのURL

沖縄の結婚式場のCMソングを歌っていたので、あらゆる結婚式の場で余興として呼ばれる事が多く、たくさんの幸せを見てきました!
そのなかでも、私たちバンドの身内の結婚式の事。
七人の小人と白雪姫と言うミュージカル仕立てでサプライズで花嫁を舞台へ呼び寄せ強引に寝かせて、その後新郎に姫を助けてくださいとみんなでキスのコール!!
すごい照れてましたがきっといい思い出になったでしょうね(笑) この余興ネタのURL

投稿者:ちゅーりっぷ
歯磨き講習

新婦もわたしたち友人も歯科衛生士ということで、「夫婦愛を深めるための歯磨き講習」を披露しました。向かい合ってお互いの歯を磨く。テレビを見ながら隣に並んでお互いの歯をみがく。ひざまくらで歯を磨く。などいろいろなポーズで歯磨きをしていって、最後にはピカチューのぬいぐるみを子どもに例えて、3人で仲良く歯磨きするポーズまでしました。爆笑するようなタイプの余興ではないけれど、ほほえましい余興だったので、おじいちゃんやおばあちゃんも楽しんでくれていました。 この余興ネタのURL

<<  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話