選りすぐった結婚式のおすすめ余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  >>

投稿者:kekko
アメリカでは

余興ではないのですが、アメリカではだれかがグラスをスプーンやナイフでカンカンとたたくとみんながそれにならってカンカンたたき出します。で、それを沈めるのは新郎新婦だけ。彼らがキスをするととまります。
また最後に新婦がブーケを独身女性になげますが、新郎も新婦がつけているガーターベルトを独身男性に向かって投げます。 この余興ネタのURL

父が仲人をした結婚式で、ケーキ入刀の後ケーキを素手でつかみ取りして食べる、というようなことをしていました。
クリームのないタイプのケーキでしたがさすがに品が無いんじゃないのかとも思っていたのですが堅苦しい雰囲気が砕けてわりとよかったんじゃないのかと思いました。 この余興ネタのURL

投稿者:リカ
歯が・・・・・。

友人の結婚式でのことです。
とても感動の結婚式が進みみんなとても感動していました。結婚式も終わろうとしていて最後に新婦の祖母からのお祝いの言葉になりました。
80歳は超えている祖母でしたが口調はシッカリしていてみんなを引きつけていました。
そんなとき!!何かが。。。。落ちた。。。
話しが終わりお辞儀をした瞬間に落ちました。


カツラがヽ(;´Д`)ノ
80歳すぎのひとでもカツラ付けているのだとビックリ(;゜ロ゜)
後ろの方でクスクス(笑)声が聞こえたのもゆうまでもありません。

後から聞いた話しによると普段はカツラなど付けない祖母だけど孫の結婚式にはカッコイイ姿といって自分で購入し、始めてカツラ付けたそうです。
なんだかおもしろいけど感動の体験でした。 この余興ネタのURL

人間誰もが持っている「こんな一面あったんだ!?」的な話を、
勿論笑いが取れる感じで、友人数人と披露。

シアワセ一杯なはずの新郎・新婦を赤面させちゃいたい!
そんな気持ちを持ってネタを披露したい。 この余興ネタのURL

投稿者:不良猫
取扱説明書

新婦側の友人の余興で

友人→新郎へ
新婦の取扱説明を行い、その後「取扱説明書」と証した色紙などを二人にプレゼント
グループで余興する場合は段落ごとに分けて回し読みしてみるのもO.K
友達ならではのネタなんかも聞けるし、
歌を歌うより親族からのウケもよかったのでお勧めですw
この余興ネタのURL

投稿者:tamapiyo
プチミリオネア

みのもんたのミリオネア形式で新郎の初恋の相手は?新郎の初キスの場所は?新婦に対する初印象は?の質問に答えを4択で用意。新婦が答えるのですが、クイズが始まる前に全問正解の場合、旦那は一番苦手としている家事を結婚後担当すると約束。全問不正解の場合、新婦は旦那さんが理想としている女優(芸能人)に近づけるよう努力を一生怠りませんと約束をする。ライフラインでは新郎のお母様の携帯につながるように設定されていたり、新婦が間違った答えを選ぼうとすると司会者さんが「う〜ん、それはちょっとどうかなぁ?もう一度考え直したほうが良いんじゃないかなぁ?って思うけど独り言だから気にしないで」といったりで結局は新婦さんが全問正解するように仕向けられていて旦那さんが一番苦手な家事を担当しますと宣言させられるようになってるんですけど、かなり面白かったですよ。旦那さんのお母様もかなり面白そうな方でのりのりで質問に答えちゃったり、途中で口を挟んでみたり、格式ばった結婚式では向かないかもしれませんがアットホームな砕けた感じになってとってもとっても楽しめました。 この余興ネタのURL

大学時代の女友達5人で全身黒タイツを着て、頭には手作りのミッキー風の耳、おしりにはしっぽをつけ、体に電飾を巻きつけて、エレクトリカルパレードの音楽に合わせて登場!
踊りながら新郎新婦の元へ行き、ミッキー風の耳(カチューシャ)を新郎新婦につけてあげ、ぬいぐるみのプレゼントもしました。
そして、思い出話をし、また踊りながら退場。
暗い会場の中、電飾だけが光ってうっすら女の子たちが舞う・・・つもりだったのに・・・

実は失敗しました。
会場を真っ暗にしてもらい、自分たちがつけている電飾のみの光で顔も見えずにやる予定が・・・
よりによってキャンドルサービスの後だったため、会場の照明は消えていたのですが、テーブルすべてにキャンドルがキラキラと光り輝き、全身タイツの私たちを明るく映し出してくれていました・・・

すごく恥ずかしかったです。
こんな予定ではなかった・・・
でも喜んでくれたし、招待客のみなさんも「わかいいぞ」と言ってくれたのでよしとします。 この余興ネタのURL

投稿者:りんきち
愛情いっぱいの紙芝居

 幼馴染の結婚式に参列した時のこと、新婦が保育士さんになる学校に通っていたためか、新婦側の余興は2人の出会いから結婚にいたるまでのお話の紙芝居でした。
 
 紙芝居の1番の見せ場は『ちゃんとしたプロポーズはなかった』とぼやいていた新婦の為、最後にサプライズの新郎からのプロポーズ!!
 
 さすが将来保育士を目指す方たちなだけあって、かわいい絵とわかりやすい内容の、愛情いっぱいの紙芝居で見ていて暖かい気持ちになりました。 この余興ネタのURL

<<  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話