選りすぐった結婚式のおすすめ余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >>

投稿者:かっぺ
最期はみんなで大合奏!

ミュージシャンの新郎新婦。案内には是非楽器をお持ちください!の一言が。
披露宴の1番最初に楽譜を貰いました。
ゲストや新郎新婦が演奏し、最期はみんなで大合奏。楽器ができない人も歌ったり簡単なパーカッションや手拍子で参加してました。
みんなが一つになった瞬間ですね!
まるでコンサートに来てるみたいな2人らしい披露宴でした。
この余興ネタのURL

投稿者:三日月のしっぽ
入場は暴走

ガーデン人前式の入場は、夫が子豚さん2匹と入場、という計画。
なぜかその会場は無謀にもリハなし当日本番を迎え、新郎新婦の私たちもどうなるんだろうねーと期待半分不安半分。

子豚さんには風船がフワフワとつけられていて若干お洒落にしてあり、大好物だというパンを千切りながら夫が誘導しながら入場。待ち構えた参列者の大音量の拍手と喝采に大興奮の子豚さんは、夫の千切るパンにも見向きもせず、ガーデンを暴走。お洒落にしてあった風船は植え込みに引っかかり、パーンっと音を立てて割れ、会場には驚愕の悲鳴。プランナー方も大慌てで子豚さんを捕獲。真夏の青空の下に入場曲のレゲエと子豚さんの興奮したプギーっという鳴き声が忘れられない思い出になり、そんなハプニングも大うけで好評、今でも友達や親戚にあれは面白かったと言われてます。 この余興ネタのURL

投稿者:ミルフィーユ
感動!感謝!涙!

友人が AKB48の 心のプラカード という歌を踊り付きで歌ってくれました。すると、各テーブルから メッセージの書かれたプラカードが わたし達に向けられました。 内容は、様々で笑えるものから感動の言葉。絵が得意な弟からは似顔絵。
思わず涙がポロリ。そのとき、隣をふと見ると
新郎までプラカードにメッセージを書いて
私の方を見て歌っていました。
愛してるよ との言葉。
このサプライズを考えてくれた友人に 本当に感謝で 涙が止まりませんでした。
一生忘れられない余興です!
そのプラカードのメッセージは 今も大切に保管してあります。 この余興ネタのURL

こんばんは。北海道日本ハムファイターズファンの旦那さんと、読売巨人軍ジャイアンファンのお嫁さん。新郎新婦で、「野球」が大好きな、彼らはビールの売り子さんのコスプレをして、来場者の席を周り、一人一人にビールを振舞いました。非常に可愛らしいコスプレで爽やかな気分になれたのは、新郎新婦がプロ野球のユニホームを着るというコスプレをしながらビールを振る舞ったからです。やっぱ「野球」って爽やかイメージがあります。プロ野球の話になると、お互いに贔屓のチームが違うこの新郎新婦は、プロ野球をめぐり、割と本気で喧嘩してしまうそうです。喧嘩するほど仲が良い!実際にこんな新郎新婦を見る事が出来て、私は幸せでした! この余興ネタのURL

投稿者:ひまママ
アナ雪のパロディ

去年親友の結婚式で余興を頼まれました。
当時アナ雪ブームで、結婚式のテーマやカラーをアナ雪にすると聞いたので余興でもアナ雪を取り入れようということになりました。
まず、私と旦那がコスプレをして「とびら開けて」の音楽を流しながら口パクと踊り。
次に友人2人が「雪だるまつくろう」の替え歌。
(結婚式いこう〜)
最後のトリで、友人1人が「let it go」を全身アバターのコスプレをして(メイクも完璧)口パク
大爆笑でした? この余興ネタのURL

投稿者:ころころりん
紙芝居 〜出逢いから結婚まで〜

私は保育士をしていますが、同僚の結婚式では、その友達と旦那さんの出逢いから結婚までを知り尽くしているので、それを紙芝居風にしました。
みんな保育士なので紙芝居や小道具はあっとゆーまに出来上がりました。
普通と違うのは、そのら紙芝居の二人の顔部分を切り取り、2人の保育士がそこに顔を入れて、実際にセリフを言ったり、顔真似をしたりしました。
演技力もみんな自信があり、BGMはピアニカだったりととても盛り上がりました! この余興ネタのURL

投稿者:にゃんちゅう
新婦の手紙まさかの歌披露

ふつうは親に手紙が読むシーンがありますよね?
でも新婦の家ではカラオケが大好きでよくいきます。
そこで思い出の曲を歌詞を変えて、
歌いました。
両親だけでなく新郎新婦の参列者の方々みなさん号泣でした。
その内容が、歌の歌詞を変えただけでなく、
プロモーションビデオも新婦が作成していて、
それを見ながら歌を聴き、みなさん号泣だったのです。
とてもいい式だったねと褒めていただきました。 この余興ネタのURL

友人の半数が高校時代の演劇部という出席者でした。



来場すると、入口髑髏の置物(笑)
黒いテーブルクロスに、黒く汚れた赤いバラの装飾。


新郎は「魔王様」と呼ばれ、
『魔王と結婚式』と称して、会場はまるで洋館のような雰囲気でした。


来場者は、悪魔に取りつかれないように、
体に必ず赤い物をつけるように招待状であらかじめ指示を受けて、
来場しました。



新郎に戦いを挑む男が刀を持って登場し、
新郎=魔王に、戦いを挑みます。

「私に戦いを挑むとはよい度胸だ!!!」と笑う魔王(笑)

ウエディングドレスを来たお嫁さんを放置して、
魔王と男のやりとりが続きますが、

延々最後に無視されていた嫁が「いいかげんにしろー!」とキレて、
スターウォーズのビームサーベルを取り出し、
『ぶぉんぶぉん』という効果音の中、
乱入してきた男を、鮮やかに切り倒します。

魔王様との新しく築く家庭を、花嫁が力で守りましたとさ、

という寸劇がありました。(笑)


不吉なものと「切る」というNGワードにも臆さない
すばらしい披露宴の余興でした。(笑) この余興ネタのURL

<<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話