選りすぐった結婚式のおすすめ余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  >>

投稿者:ダフィ子
あなたにサラダ

新郎の見ていないところで、新婦と新婦友人(2〜3名)がそれぞれサラダを作り、新郎に愛する妻の味を当ててもらうというもの。ほかにカクテルなどでも代用可能。
新婦以外のサラダは絶対不味くなるように、カラシだったりわさびだったり異物を投入して作る。
新郎に目隠しをして、ひとりひとりあーんして食べさせる。
新婦だと思うサラダを提供した人を選んで目隠しをとる(絶対あたるけど、余興を見ている側にはどうしてあたったかわからないはず)

あたったら(必ずあたるが)他の友人たちがキスコールをはじめて、新郎新婦がキスをする

最後に、お祝いのコメントを述べて余興終了

という余興を見たことがあります。私はアルバイトという形で披露宴に参加していたのですが、会場全体が盛り上がっていてとても楽しそうに感じました。 この余興ネタのURL

投稿者:くまのこくまま
生演奏

自分の結婚式では、似顔絵をテーブル毎に一人一人に回して、誰々は目、誰々は鼻、、、と言った様に全員参加にして書いてもらいました。結構、似ている絵とかもあり面白かったです。
兄の結婚式では、新婦がピアノを弾いて新郎が歌を歌いました。
河口恭吾さんの「サクラ」と、ゆずの「栄光の架橋」でした。
凄く素敵でした^^。 この余興ネタのURL

投稿者:小林熊吾朗
アマチュアの手品師

嫁のアイディアで、
縁もゆかりもないアマチュアのマジシャンを、
知人に紹介して頂き、
式の途中にパフォーマンスしてもらいました。

老人ホームなども回られているボランティアの方らしく、
さすがにそれなりの腕を持っておられて、かなり楽しかったです。 この余興ネタのURL

結婚式場がライブ会場と化してしまいました。

新郎がどうしてもみんなの前でバンドを披露したいということで、3ヶ月前からスタジオ練習。練習というか、しばらくスタジオ入りに飢えていたメンバー達なのでセッションみたいなもの。

ちなみに新婦もギタリストだったけど、欠員のベースで参加。

結婚式(披露宴会場)に機材一式持ち込んで、その日だけは、いや、その日に限らず?リードギターの彼を最大限に全面に押し出して。好き勝手やらせてw

私が担当するドラムのレンタル代は結婚費用に入れてもらってました。 この余興ネタのURL

投稿者:アリン
新婦が

結婚式の余興・・・ではなく
新郎新婦の入場の時の話なのですが、
な・なんと!!!
新婦がウエディングドレスで大太鼓を叩いてカートに乗って来場者の真ん中をゆっくりと入場してきたのです。
もう、一同唖然、ドンドン、ドドーン!!!ですもん。
勿論、笑いもこらえましたが。
いま思うと面白かったし、誰の結婚式よりも印象深く心に残っているのであの新婦の作戦にまんまとかかってしまいました。

この余興ネタのURL

投稿者:かんちゃん
巌流島式結婚


岬にある集会所が式場でした。花嫁が和船に乗って海側から現れるという、佐々木小次郎と宮本武蔵決闘地にちなんで結婚式が組まれました。私どもの恩師(大学教授)がどうしても「船頭は俺にやらせろ任せろ」というので皆心配しました。今か今かと待ちわびるはるか海上に花嫁が立ち姿で静かに現れました、ほっかむりをした船頭が伝馬船をぎっちらぎっちら漕ぎながら。もう40年も前のことですが今でも印象に残っています。花婿を先頭に開場の一同が拍手喝采で浜辺に花嫁を迎え入れました。
この余興ネタのURL

投稿者:弁蛇眠
パフォーマンス書道

よく大きな筆で、床に敷いた大きな紙に、体全体を使って書く書道家の人がいますが。
それを真似ようとして、筆を探したところ、そんな大きな筆など見つからなくて。

仕方なくモップを買って、それを筆にして、やることにしました。

ところが、数日前になって、式場の係の人と打ち合わせをしたら。

「墨汁で床を汚すなんて、とんでもない」
と言われ。(ごもっとも)

これまた仕方なく、一番太い、極太のマジックペンを手に入れ。
モップの先に縛り付けて、代用にしました。

仕掛けが中途半端になってしまったので、
「これじゃあ、誰もウケてくれないだろう」
なんて、一人焦って。

ヤケクソで、思い切り気合を入れて演技をしたら。
思ったよりはウケてくれました。

文字は「寿」って書く振りをして「痔」って書きました。

今となっては良い思いでです。


この余興ネタのURL

投稿者:ゆずのキラ星
僕しか知らない漫談会

小学校から大学まで一緒だった親友の結婚式で、そいつのために僕は綾小路きみまろよろしく一人漫談会をしました。
親も知らない、ましてや新婦さんも知らないような話をふんだんに織り交ぜて話しました。
中学の時、テストではいつも学年でビリとビリから二番目を争っていたその親友と僕。今度こそはビリになりたくないと思った僕は、試験日の1週間前そいつの机にエロ本を入れてやりました。見事ぼくはビリから2番目になることができました。などなど。
ゆうまでもなく、後で友人にひどく怒られてしまいました この余興ネタのURL

<<  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話