みなさんから寄せられた結婚式の余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  233  234  235  236  237  238  239  240  241  242  >>

神社で挙式を挙げて、隣接の会場で披露宴をした時のこと。。。

七夕が近かった事もあり、会場に笹の葉を飾ってもらい、
新郎新婦へのメッセージを短冊に書いて飾ってもらいました。

式の後、回収した短冊を見ながら夫婦で感動したのを覚えています。

それと、披露宴中、各テーブルをまわる時に、おみくじを一人ずつ
引いてもらいました。
大吉の人には、新郎新婦からささやかなプレゼントをしました。
結構盛り上がりましたよ♪
この余興ネタのURL

投稿者:りょうたろう
松けんサンバ

一昨年の10月に、友達がお嫁に嫁ぐことになり、友達(女のみ)8人、みんな三十目前にして、黒の全身タイツ姿で、腰には銀色の腰みの?みたいなのを付け、手には本物が使用しているのとそっくりのバトンみたいのを作り、そしてなんと、結婚式場にお願いして、夜の会場が空いてい時に全体練習を2日間行いました。
ふりもDVDを見てまったく同じに踊りました。
そのかいあって、本番では大盛況!アンコールまで出るしまつ・・・。
そして、余興の最後、事前に新婦の家族から手紙をこっそり書いてもらい、それを全身タイツのまま読みました。こんな格好していてもやはり家族からの手紙は泣けるものですね。
笑いあり、涙ありの余興で楽しんでもらえましたよ。
さすがに三十目前で、全身タイツ着るなって勇気のいることでしたが、バカやれるのも今しかないと思いがんばってみました。
なんだか学園祭を思い出し、みんなでやり遂げたとゆう、達成感をあじわう事が出来ました。なにより準備している時が一番ワクワクして楽しかったです。
みなさんも全身タイツ、試してみてはいかがでしょうか? この余興ネタのURL

投稿者:4214
「人類皆兄弟!」

新郎の親友たちが街に繰り出し、「FREE HUGS」と書かれたボードを手に見知らぬ人たちにハグをするというVTRを編集して作ってくれた。
そしてその上映が終ると、数人が同じ服装でボードを持って会場に登場。
まずは、常識的にはあり得ない、お偉い様方のお席へ・・・
高砂から見ている方はハラハラ。
しかし、皆笑顔でそれに応えてくれていて、それまで少し固い雰囲気の会場が和やかに、親密感のあるものとなった。
新郎側、新婦側の見知らぬ人たちも最後はその輪に加わっていた。
200人を越す人数だったのでこの発想は良かった。 この余興ネタのURL

大学時代夫と友人と立ち上げたよさこいチームの面々と、よさこい仲間が、当時資金集めに作った踊りや、正調よさこい、よさこい祭りで踊った踊り、さらにモー娘。のLOVEマシーンにオリジナルの振りをつけて場を盛り上げてくれました。
よさこいをはじめて見る方もいたので、カメラを手にとても楽しそうに見てくれました。
新郎新婦も一緒に…といわれたのですが、さすがにドレスでは踊れないし、新郎の方も貸衣装なので汚すわけにはいかずお断りしました。
今思えば、踊っておいたらいい思い出になったかもしれないですね(笑) この余興ネタのURL

通常はブーケは新婦が持って入場しますが、私はブーケ伝説にちなみ、新郎が持って入場し、正面で新婦と父が入場してくるのを待ち、新婦が正面にきたら、1回転して新婦にブーケを差し出し、新婦が受け取ったらブーケに潜ませておいたら、ブートニアを新婦の胸に挿し返す。といったことをしました。
ブーケ伝説によると、新郎が新婦の家に結婚の申込をしに道端の花をつんで花束をつくり、その花束を「僕と結婚してください」と差し出し、返事の代わりに花束の中から1輪を返すということと理解しております。
披露宴では、司会の人にセリフは言ってもらいました。 この余興ネタのURL

投稿者:penta
切りえ

一人の人に切りえを創ってあげました この余興ネタのURL

投稿者:たっくん
ウルルン

新郎と新婦の出会いを、ウルルン滞在記風にホームビデオで映画を作った。
地元の公園をジャングル設定にして、友人達が裸に葉っぱで村人に。

ナレーションもウルルン風でばかばかしかったけど面白かったよ。 この余興ネタのURL

投稿者:あやぱん
BAND

大学時代に結成していたBANDのメンバーを招待して、ウェディングドレスを着たままベースを演奏しました。
ドラムのメンバーが来れなかったけど、なんとか一回の練習で最後まで演奏できてほっとしました。 この余興ネタのURL

<<  233  234  235  236  237  238  239  240  241  242  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話