選りすぐった結婚式のおすすめ余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  >>

投稿者:タヌキ
先生のニックネーム当て

新郎・新婦が同じ中学校・同じ高校などの場合に可能な余興ネタ。

 同じ学校卒の友人たちに、前に出てきてもらいます。
 新郎・新婦が、恩師の特徴を身振り手振りだけで表現します。その動きを見て、友人たちがニックネームで答えるというもの。
 正解が出た場合、新郎なり新婦なりが「体育の〇〇先生です。こういう理由で××というニックネームでした」と説明します。実際に、その先生を招待していたら、前に出てきていただき、コメントを頂戴します。
 ちなみに、私の中学校や高校のときの先生のニックネームとしましては「ジュニア」「酸素泥棒」「ガキさん」などがありました。 この余興ネタのURL

投稿者:県民です
披露宴で・・・・

私達は、披露宴でお色直しの空き時間を重点に考えました。
 そこで、ひとつは無難なドレス宛クイズをしましたが、普段の私からは想像することが出来ない様なカクテルドレスにしていたので、95人中、正解者は4名(うち、一人は母なんですけどね・・・)
 余りにも以外なドレスに、みなさんビックリしてくれていました。

それと、もう一つは主人の友達に私の好きなリラックマの着ぐるみを着て貰い、団欒している披露宴会場に乱入して貰って私の力作のウェディング新聞を撒いてもらいました。

私は笑顔の絶えない、それでいて私達を祝福しに来て下さった方々への感謝の気持ちを込め、楽しい結婚式にしたいと思っていたので帰り際に楽しかった・あっと言う間に終わっちゃったね。とお言葉を頂けたので嬉しかったです。 この余興ネタのURL

ブーケトスはあえてやらない。

花嫁が後ろ手にブーケを持ち、それを目指して独身女性参加者全員が

「だるまさんが転んだ」をやる。「鬼」の花嫁まで最初にたどり着いた

人がブーケゲット!! この余興ネタのURL

投稿者:Pan
新郎新婦クイズ

これは私hが結婚式の時に、親友がしてくれた余興です。
新郎・新婦別々に前もっていくつか質問をします。
例えば、「出会ったきっかけは?」「第一印象は」「初めての
デートは?」などなど・・
それを結婚式当日に、いくつか問題をピックアップして、
新郎新婦にこたえてもらう。
初めてのデートは、どこだったか、実はお互い別のデートを
想像していたり・・。 ここを直してほしい!というところが
わかったり。始めに答えを新郎・新婦からもらっているので、
「これは危険」という質問は前もって避けることができますよ。
(たぶんそんな問題はないと思いますが。)
重要なのは、式の前日あたりに、新郎・新婦にこの質問を
だすから、自分の答え忘れないでね。というところ。
私は、すっかり緊張で答えが飛んでしまい、別の答えを言ってしまった。
二人の出会いなど、おもしろおかしく、会場のみなさんに
伝えることができてよかったです。 この余興ネタのURL

投稿者:とも
独身卒業式

わたしの結婚式に、大学生のときからの友人がしてくれた余興です。
9人で余興をしてくれました。

「きりーつ!ただいまからともさんの独身卒業式を行います」
そして、「○○年○月卒業、○○さん」と、ひとりひとり、先に結婚した友達から、わたしとの思い出と、先輩からのアドバイスをいただきました。

「在校生から贈ることば」で、今度は独身の友達から。9人中独身が3人で、ここでちょっと笑いとって?お祝いの言葉をもらいました。

最後は、「卒業証書授与」
何も書かれていない、真っ白な卒業証書が新郎に渡されて、「何も書いてないけど、○○くんしか読めない卒業証書をともに読み上げて渡してあげてください」と。

突然友人からふられた主人でしたが、「いままでよくひとりで頑張りました。これからは、ひとりじゃありません。ふたりで幸せに暮らしていこう。卒業おめでとう!」と白い卒業証書を渡してくれました。

友達ひとりひとりみんなから言葉をもらって、最後に主人にも思いをもらって、ほんとうにあたたかな気持ちになり、ありがとうの気持ちでいっぱいの独身卒業式でした。 この余興ネタのURL

投稿者:みぴよん
意表をつくお色直し

先日行われたいとこの結婚式のお色直しでのこと。男の子っぽい彼女が、大学で所属していた柔道部の胴着で、彼が、バイクのつなぎでサングラス、そしてビールサーバーを背負ってと言ういでたち。曲がターミネーターでの入場。彼女が瓦せんべいを配り終わった後、真剣に
型を披露。その演出は、司会をした私しか知らず、皆引いてしまうかとちょっと心配でしたが、大うけで、しかも本人たちがのびのびしていて、その後のドレスとのギャップもあり、大成功でした! この余興ネタのURL

私はこの前友人の結婚式に参加しました。

新郎新婦は高校生の同級生で仲良くしていた同じグループだったみたいです。

私は専門学校で新婦と知りあったので、どんな高校生活を過ごしていたのかは分かりませんでした。

そのグループの余興は、何枚も何千枚も写真を撮って早まわしして言葉にしていくものでした。
作り方はよく分からないのですが、すごく手が込んでいました。

初めは数人から始まって、声をかけてどんどん人が増えていく作りあげるまでにドラマもビデオで流されました。

式のこれないお友達の参加していて
みんな社会人で時間もあまりないと思うのに何ヶ月もかかって作っていました。

私が今まで見てきた余興は、ほんの少し練習してとかとりあえず頼まれたからとか、そんなのしか見たことがなくて

その人たちの絆にきゅんとしました。

いい高校生活をおくっていたことは聞かなくても私に伝わってきました。

この余興ネタのURL

投稿者:元気塾長
ショートドラマ

思い出の門司港を、踊る大捜査線のBGMに合わせて全身黒タイツの友人2人で暴れ回る。

思い出の門司港駅や、恋の跳ね橋ブルーウィング門司などを経由し、小ネタをはさんで会場の笑いを誘いながら黒タイツの2人は披露宴会場であるホテルへ。


ホテル披露宴会場の扉にたどり着き、ドアを思い切りオープンしたところで映像は終わり、全身黒タイツの2人入場!!


会場内でもショートコントをやってウケを取って終了!
皆を楽しい気持ちにしてくれて、盛り上がる目の離せない余興でした。 この余興ネタのURL

<<  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話