選りすぐった結婚式のおすすめ余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >>

投稿者:tajao
ビデオ制作

全体は、
「遠くから披露宴会場を目指してマラソンしてくる+その動画中の格好で披露宴会場に到着〜」
っというよくある披露宴ビデオですが、我々はその途中にマラソンとは違う映像も差し込みました。

どんな映像を入れたのかというと、我々は全員中学校の同級生なので、地元の中学校の校庭に石灰の白いラインマーカーでとにかく大きく新郎新婦のへのメッセージを描いてそれを校舎屋上から撮影しよう、と思いつきました。

まず幹事が中学校へその旨を相談したところ、対応にあたった現在の教頭先生がたまたま幹事の小学校時代の恩師だったということもあり、校庭の使用を快諾してくれたのがラッキーでした。

日曜日の朝から、どピーカンの校庭で撮影は始まりました。
屋上からの撮影は難しく断念、撮影は体育倉庫の屋根の上からと決まりました。
大きなハートマークの中に新郎新婦の名前を書こうと決まり、早速下書きしそれを撮ってみますが、真上から撮れるわけではないので画がかなり横広がりに映ってしまい、これの修正に時間が係りました。
そうしている間にも仲間たちが一人、また一人と校庭に集まってきました。

描き始まってからも地面で描いているメンバーとカメラマンとの遣り取りが続きました。
「線をもっと太く!」「もっとエッジをはっきりさせて!」
もくもくと作業を続ける地表スタッフ、しかしカメラマンも炎天下の焼けたトタン屋根の上で頑張っています、お互い意見はしても喧嘩は無し!よい仲間で助かりました。

さて完成、結局10*15mくらいの絵になり、使用した石灰粉は30kgオーバー!
カメラマンが屋根から降りてくると、全員でカメラの小さなモニターを覗き込みます。
「こりゃ〜スゲー!」「新郎大泣き間違いなしだな、こりゃ!」

さて披露宴本番。
映像全体は8分にまとめました。100kmほど離れた有名な神社から家内安全のお札を持って会場まで走ってくるという内容で、その合間々々に中学校の映像を差し込みました。
そしてこの校庭の映像が流れたとき、会場からどよめきがおこりました(笑)
そのあとは新郎大泣きで話せず、それにつられて余興メンバーも撃沈、さらにそれにつられて会場の列席者らも肩を震わせてハンカチで目を押さえているのがほの暗い照明の中に見えます。

そのあとはもうグダグダ、会場全体が感動モードに入っちゃって、マイクを持ってコメントする人達が次々と涙、涙、涙…
ちょっと感動させすぎました(大笑)
この余興ネタのURL

投稿者:とっしー
恥ずかしのチアリーダー

友達の結婚式で友達みんなとチアリーダーの格好をして踊りました。
それまではみんなノリノリで休みの日にはみんな集まって何度も練習をして、完璧に踊れるようになっていました。
衣装もおそろいにしていざ本番!


ミニスカートにルーズソックス、頭には大きな花。。。
いい年をしてそんな衣装に着替えた自分たちの姿にハッと我にかえりました。
本番は見られているのが恥ずかしくなりみんな下を向きながら小さな踊りになってしまいました。 この余興ネタのURL

電飾を使ったエレクトリカルパレードです。
ウケるので何度もやっています(笑)

まずクリスマスツリーに使う電飾を沢山用意します。
電池式で長い電飾は無いので、豪華にするにはコード式をチョイスするしかありません。
友人知人に声を掛けてとにかく集めまくります、最低でも一人二本以上は纏わないと豪華さが演出出来ません。
最近の物は単純な点滅だけではなく、いくつかの発光パターンが選べるのでそれぞれの発光パターンになるべくバラエティーを持たせます。
それを頭から被れるような大きなカゴみたいなものに巻きつけ、カゴごと被り使用します。そのほうが大きく見えるし、当日の支度も素早くできます。
各演者間は延長コードで繋ぎますが、これが練り歩いている間に抜けてしまわないようにがっちりとテーピングが必要です。

当日までに披露宴会場に何度か足を運び、新郎新婦担当のプランナーさんと打合せます。
当日のテーブル配置 → 順路の決定、途中子供いる席があればオモチャなどを配る準備もするため
コンセントの位置 → 必要なコードリールの長さの決定、コードリールからコードを流す裏方の配置などのため
あとは曲のどのタイミングで入口を開けてもらうかなども打合せます。(必要なら音声さんとも打合せます)
もっとも難しいのは、どの程度披露宴会場の照明を落としてもらえるかの決定です、式場側は照明は落としたくない、でも照明を落とせば落とす程電飾が際立ちますから、お互い立場と意見はわかっていながらの交渉になります。

当日は、電飾を纏った演者の他に、会場コンセント部で元々の電源供給が外れないように守る係り、演者の後方について引きずって歩くコードの引っかかりなどを解消する係りなどの要員も必要です。

なるべく多くのテーブルを回り、途中に子供のいる席にはオモチャなどを配って歩きます。
最後は高砂横に用意されたマイクのところまで進み、そのあとは歌を歌ったりします。

準備に少々労力を要しますが、派手に演出出来るほど盛り上ります。この様に可愛い演出の後に真面目に感動系の歌を熱唱するのですが、そのギャップがさらに高感度を高めるようです。
我々は歌の練習も含め〜3か月くらい前から準備しています(笑) この余興ネタのURL

投稿者:おぴぴ
結婚式川柳

披露宴に出席頂いたゲストのテーブルを1チームとして、新郎新婦の未来についての「結婚式川柳」を作っていただき披露していただきました。
両家の親戚などお歳を召した方にも大変好評ではりきって作ってくださいました!100円ショップで川柳用の色紙とペンを用意し、各テーブルに配り、各チームの代表者が前に出てきて発表!新郎新婦が気に入った川柳を1つ選び、プチ賞品をチーム全員にプレゼントするという余興を行いました。
若い年齢層のゲストのみなさんも楽しんでくださり大変盛り上がりました☆ この余興ネタのURL

私がお色直しをしている間、だんなと司会者で進行してもらいゲームを楽しんでもらいました。
 各テーブルから代表を1名出してもらい、トーナメント形式で「たたいてかぶってじゃんけんポン」をしました!
あの、たたいたら「ピコッ!」と音が鳴るハンマーや桶なんかを用意して…。 商品は、結婚式が年末だったので「年末ジャンボ宝くじ」10枚としましたよ。

来場されたお客さまは、新郎新婦の知り合いではあるものの、お客さま同士は初対面で知らない人同士が座っていることも多く、和んでほしいなぁと思い、企画しました。 
白熱してくると、頭を隠すはずの「おたま」で相手をたたこうとする女の子がいたり、新世紀通しだと容赦なく本気でやったりしていておもしろかったです。

この余興ネタのURL

投稿者:MKK
二人鶴折

友人の結婚式に出席した際に見たものですが。。。
新郎新婦が並んで、それぞれの方手をひもで結び、2人のもう片方の手を使って制限時間内(カラオケで歌を歌っている間)に鶴を折ります。
そして時間内に折れなければ質問に答えてもらうというものでした。
2人でいろいろ言い合いながらも協力して頑張ってといて、本人たちもとても楽しそうでしたし、見ている私たちもとってもほほえましかったです。
結局鶴はぎりぎりのところで折れませんでしたが、素敵なアイデアだなぁと思いました☆ この余興ネタのURL

投稿者:匿名希望
男3人でパフューム!

最近増えてきてるかも知れませんが、男3人でパフュームの「ポリリズム」を踊りました。
パフュームの3人を意識して完全女装。もちろんダンスは完コピで!会場の音響・照明もとても迫力があって、パフュームになりきった気持ちでしたw

歓声と悲鳴と爆笑に包まれ、大成功でした!
新郎からぶち壊すくらい盛り上げて!というリクエストをされたので、思いっきりやらせていただきました。新婦も泣いて喜んでくれましたよ。 この余興ネタのURL

友人とは韓国旅行の思い出があったため、結婚式披露宴でKARAの余興をすることになりました。
イベント好きの友人なので、ただ踊るだけだと物足りないと思われそうなので、KARAに出演依頼をする、というシナリオを作って、実際にソウルへ行きロケをしました。
そのロケのビデオのあと、実際に会場で踊ったわけですが、爆笑、大盛り上がりで、友人もすごく喜んでくれました。
ロケのために一泊二日の韓国旅行は確かにお金もかかりましたが、友人はもちろん、会場のみなさん、なによりも自分たちにとっても本当に良い思い出になったので、マジでその想いPricelessでした。
当日のビデオをYoutubeにUpしたので、参考までに。
http://p.tl/R9Sm
この余興ネタのURL

<<  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話