みなさんから寄せられた結婚式の余興ネタを、新着順に表示しています。

<<  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  >>

投稿者:こまるちゃん
振り付けありで歌いました

天使にラブソングの格好をしてみんなの前で歌って踊りました。 この余興ネタのURL

投稿者:ちびっこ
夫婦全員ケーキ入刀♪

結婚式でのメイン、ケーキ入刀をみんなで楽しもうと、各卓にミニケーキを人数の半分用意。

2人1組になり、チョコレートや、フルーツも飾り付けてもらい「ケーキ入刀です」の合図で全員でケーキカット♪

ファーストバイトももちろん、ペアで♪「いやだー」「はずかしいぃ」といいながらみんなとても楽しいそうでした(笑)

親族の方や会社の方、男同士ペアの方も大いに盛り上がってくれて、「素敵な思い出になった」と喜んでもらえました。

この余興ネタのURL

投稿者:yamaチャン
判決

 新郎(新婦)の過去の失敗談を裁判にかける。
 法曹関係者の結婚式に参列したとき、新婦側が新婦を被告人、新郎を弁護人に見立て、新婦が過去職場のBQ会の幹事をした際、30人が参加したのに10人分の食材しか準備しなかったことを裁判に掛け、判決はもちろん有罪となり、刑は保護観察付き終身刑。新郎の住居で保護観察を受けるという言い渡しとなった。 この余興ネタのURL

投稿者:あき
バット折り☆

できる人が限られるかと思いますが、
キックでバットを折ったり、
板をパンチで折ったりした余興が、
ハラハラしてとっても面白かったです。

1度だけ失敗しましたが、
それが余計に盛り上がりました☆

余興をした人が、
「自分は折れない意思を持って、バットを折りました。
●●さんたち(新郎新婦)も、どんな障害にあっても折れない夫婦になってください」
と言っていたのが印象に残っています。
この余興ネタのURL

投稿者:まdまd
スペインでは

スペインでは披露宴の終わりに新郎のネクタイを新郎の男友人が、新婦のガーターベルト(そのために身につけています)を新婦の女友人が切るという習慣があったと思います。
この余興ネタのURL

投稿者:あいちっち25
両親への手紙を自分の声でなく…

両親への手紙を読み上げることはしませんでした。
きっと泣いて読めなくなってしまうから。
だけど伝えたい…

映像をつくりました。
両親だけでなく姉にも伝えたかったので、姉へ、から始まり父、母。
小さいころの写真と一緒に手紙の文章をそえました。姉へのときは、姉と写っている写真。父のときは父と。という形式しました。
ただ映像を流すだけだは、おいたちビデオと同じになってしまうし、声の変わりに、ということでピアノを弾きました。
一番最初のピアノの発表会で演奏した曲「オーラリー」を少しアレンジを加えて弾きました。

弾いていると、友達や色々な人が涙し、それにつられて結局私も泣いてしまいました。普段全然泣かない姉も泣いていました。
でも、泣きながらでも弾ききることができました。

自分の思いを伝えることができたし、みんなとても感動してくれて、とてもよい披露宴でした。
自分らしい伝え方ができて、よかったと思います。
この余興ネタのURL

投稿者:miママ
父の日

結婚式が『父の日』に近く
それにちなんで
私、主人でそれぞれの顔アップの写真入りプリントTシャツを作り
自分の父にプレゼント。
そして着てもらうという余興をしました この余興ネタのURL

投稿者:のっこ
自慢の特技

私と主人は共に音大出身なので、友だちの結婚式ではいつも生演奏を頼まれます。前もって希望の曲や、好きな曲、思い出の曲等を聞いておいて主人が、そのつど編成に合わせてアレンジします。少しぐらいミスしてもご愛嬌です。必ず喜んで貰えます。 この余興ネタのURL

<<  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  >>

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話