結婚レシピ > 結婚式の余興ネタ集 > 新郎がひとりでゴンドラから降りてくるので…(笑)

結婚式の余興ネタ集

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

 

友人の半数が高校時代の演劇部という出席者でした。



来場すると、入口髑髏の置物(笑)
黒いテーブルクロスに、黒く汚れた赤いバラの装飾。


新郎は「魔王様」と呼ばれ、
『魔王と結婚式』と称して、会場はまるで洋館のような雰囲気でした。


来場者は、悪魔に取りつかれないように、
体に必ず赤い物をつけるように招待状であらかじめ指示を受けて、
来場しました。



新郎に戦いを挑む男が刀を持って登場し、
新郎=魔王に、戦いを挑みます。

「私に戦いを挑むとはよい度胸だ!!!」と笑う魔王(笑)

ウエディングドレスを来たお嫁さんを放置して、
魔王と男のやりとりが続きますが、

延々最後に無視されていた嫁が「いいかげんにしろー!」とキレて、
スターウォーズのビームサーベルを取り出し、
『ぶぉんぶぉん』という効果音の中、
乱入してきた男を、鮮やかに切り倒します。

魔王様との新しく築く家庭を、花嫁が力で守りましたとさ、

という寸劇がありました。(笑)


不吉なものと「切る」というNGワードにも臆さない
すばらしい披露宴の余興でした。(笑)

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話