新郎の友人として招待された結婚式で
余興を頼まれた友人が企画したものです。

どうしても準備に時間を回せなくて
歌になっちゃうことが多い余興ですが
友人は「主役は新郎新婦だ!」っていう考えから
新郎にスケッチブックを持たせて
2人のなれ初めやプロポーズの場所などを
新郎にかかせ、正解を新婦がいうっていうスタイルで
会場を沸かせてました!

もちろん、プロポーズの再現などもうまく
取り込んで中だるみがちな余興の時間も
みんなが新郎新婦に視線を向けていて
ずっと2人が主役でした!

どんな余興でもうれしいけど、
これは友人の心遣いが伝わって暖かかったなあって
記憶に残っています。

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話