投稿者:mukaya
新郎のせり

今までに出た結婚式で、一番びっくりした余興です。新郎が牛の種付け士の方だったので、新郎のせりがありました。牛のせりをまねて、せりの司会者に連れられた新郎が首に縄をつけて登場。新婦と新郎新婦の友人たちが新郎を競り落とすというものでした。新郎新婦の友人たちが、それぞれに仮装して首に札(競り落とす方がつけている鑑札札を真似たようなもの)をつけていました。新婦が競り落として落ちがつくのですが、分かる人しか分からないねたです。新郎も新婦も牛関係の仕事をしていたので、こういう余興が出たのでしょうね。私も、こういう変わった余興を見たのはは、これ一回でした。結婚式に招かれた方も、やはり牛関係の仕事の方が多かったので、かなりうけていました。最後に、種付け許可書が発行されて、終わりました。牛の場合、種付けをする方には許可書(免許みたいなものでしょうか)が必要だそうです。そのパロデイでしょうが、人に聞くまでは分かりませんでした。余興自体はかなり面白かったですよ。

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話