社内同期同士の結婚式で披露しました。
数人披露宴で何かやってほしいと頼まれ、みんなで考えた余興です。
新郎新婦の顔写真をどアップで用意(できればおでこを出してもらう)
大きさをそろえて紙へ印刷(今はスキャナーとか家庭でもいいものがそろうので楽ですが、当時はそんな機器がなかったので専門店に出しました。)
厚紙に貼ってそれぞれのパーツ(目、鼻、口、眉)を形どおりに切って両面テープを張っておく1方の台紙ははがさない(顔写真を切るのはいい気はしないですが・・・)
それぞれのパーツは目、眉は1人分をセットで、ほかは1つずつを封筒に入れ、封筒にどのパーツかを書いておく。
そのパーツにあわせた大きさで赤ちゃんの顔のアップの写真を2枚用意(我が子の生後半年の写真を使いました)。
司会進行の担当者が出席者からランダムに選んでそれぞれパーツを目をつぶって引いてもらう(パーツがダブらないように目、口、鼻と順番に)
そして選んでもらったパーツを赤ちゃんの顔に張り付けて完成したものを披露!!!「これが新郎新婦の赤ちゃんです!!!」と皆さんに見せて回ります。
あまったパーツはもったいないので、もう1枚用意しておいた赤ちゃんの顔に貼り付け、リボンをつけて「女の子バージョン!!!」と皆さんに披露しました。その後、新郎新婦にプレゼント。
かなり皆さんウケてくれて、こちらも「よしっっ」っていう手ごたえがありましたよ。
でも、その後の結婚式では写真を撮る時点でネタバレなんで、できませんでしたけどね。
ほんわかした良いお式でした。

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話