投稿者:冬
TO BE WITH YOU

高校時代、音楽系の部活に所属しており、その仲間が結婚した時。
旦那様の地元である大阪での挙式の為、関東出身の友人(新婦)側の主席者は部活の仲間4人を含めてわずか7人。
私達は2人ずつにわかれ、片方はスピーチ、片方は歌を、とお願いされました。
全部で100人近い出席者の中で友人側の出席者が一桁。
私ともう一人の出席者が「歌」の担当になり、余興のトリでした。
ただのカラオケではつまらない。
大勢の友人を招待出来なかった、新婦に1つでも誇って欲しいと思いました。
フォークギターを郵送で送り、本人にはカラオケで曲は内緒、と伝えました。
披露宴の担当者に直々に連絡し事情を話し、全て内緒にしておいてもらいました。

当日、裏からギターを持ってきてもらい、MR.BIGという洋楽の「TO BE WITH YOU」を、片割れが演奏し、私が歌いました。
この曲は、高校時代、文化祭で演奏し、最も褒めてもらった曲でした。

私達友人のエゴでもあるかもしれませんが、最後に花をもたせてあげられたかな、と思います。

余興ネタ一覧おすすめ余興ネタ余興ネタ投稿

本当にあった結婚式の話