結婚レシピ > 結婚式当日の流れ > 結婚式直前

結婚式当日の流れ

結婚式直前

家を出る前に

結婚レシピ

結婚式当日は早めに起きて、朝食をとりましょう。新郎新婦は披露宴の食事をあまり食べられないので、朝食をしっかりとります。ただし和装の場合は、帯の締め付けで気持ちが悪くなってしまうこともあるので、適度な量にしておきましょう。水分はトイレが近くなってしまうので控えめにします。

荷物をチェックして、準備が整ったら、両親や家族に挨拶をします。恥ずかしいかもしれませんが、きちんとお礼を言うチャンスはここしかありません。前日の夜に挨拶しておくのもいいでしょう。

式場でメイクしやすいように、メイクはほとんどしないで、化粧水や美容液をつける程度にしておき、髪にも何もつけないようにしましょう。

車の場合、渋滞の恐れがあるので、早めに家を出ます。タクシーを手配するのであれば、前日までに予約しておきましょう。

式場に入ったら

式場

新婦
結婚式の2時間半〜3時間前に入ります。着付けに取り掛かる前に必ずトイレにいっておきましょう。ヘアメイクや着付けの人に心づけを用意している場合は、ここで渡してもいいでしょう。

着付けの途中、締め付けがきつかったり、かつらが合わなかったりしたら、遠慮なくここで言っておきましょう。長時間その格好でいるわけですから、あとで貧血や頭痛になってしまうこともあります。

新郎
結婚式の1時間前に入ります。会場の担当者に挨拶をして、心づけがある場合はここで渡してもいいでしょう。その後、新郎も自分の準備にとりかかります。

仲人に挨拶

仲人が到着したら、控え室までふたりで「本日はよろしくお願いします」と挨拶します。新婦が準備などで動けない場合は、新郎だけで挨拶にいってもいいでしょう。仲人が控え室に来てくれた場合はそこで挨拶しましょう。新婦は「座ったままで失礼します」と断っておけば座ったままでもかまいません。

直前打ち合わせ

司会者、仲人、担当スタッフと控え室で最終的な段取りの確認をします。また当日届いた祝電に目を通して、どれを司会者に紹介してもらうかを決めます。名前の読み方も伝えておきましょう。もし時間が無いようであれば、両親にお願いしてもいいでしょう。

各控え室に挨拶

新郎新婦は準備ができたら、親族控え室に行き、親族に挨拶をします。新郎は新婦側の控え室にも行き、自己紹介を含めて挨拶します。新婦はあまり移動せずに椅子に座ったまま挨拶しましょう。

親族紹介

結婚式の前に控え室などで親族紹介をする場合があります。両家それぞれ向き合うような形で、父親、母親、兄弟姉妹、親族の順に並んで座ります。親族紹介は両家の父親がするのが一般的ですが、父親がいない場合は親族でもかまいません。

挨拶
仲人がいる場合は仲人が、いない場合は新郎の父親が、最初の挨拶をします。
「本日は誠におめでとうございます。これよりご両家の方々をご紹介させていただきます。」

新郎側の紹介
新郎側の父親が、まず自分を紹介して、その後親族を紹介していきます。目上の人でも、親族を紹介する時は敬称はつけません。紹介された人は立って頭を下げるか、「○○○○です」と名乗っておじぎをしましょう。
「新郎父の○○○○でございます。隣におりますのが妻の○○でございます。どうぞよろしくお願いいたします。続いて、新郎の祖母にあたります○○○○でございます。…」

新婦側の紹介
新郎側の紹介が終わったら、次は新婦側の親族紹介です。同じような手順で紹介していきます。
「では私どもの親族を紹介させていただきます。」

結びの挨拶
仲人がいる場合は仲人が、いない場合は新郎の父親が、結びの挨拶をします。
「皆様、今後との末永くよろしくお願いいたします。」

こんなとき、どうする?
渋滞などで到着が遅れそうなときはどうしたらいいですか?

遅刻しそうだと思ったら、なるべく早めに担当スタッフに連絡を入れ、仲人や司会者にも連絡を入れます。場合によっては司会者からゲストに向けて簡単に説明をしてもらいます。

本当にあった結婚式の話