結婚レシピ > 結婚式当日の流れ > 結婚式の流れ

結婚式当日の流れ

結婚式の流れ

キリスト教式結婚式

結婚レシピ

参列者着席

参列者が会場スタッフの誘導で席についたら、司祭が結婚式の開始を宣言します。

新郎入場

新郎が介添人といっしょに入場して、祭壇前の右側に立ちます。

新婦入場

新婦が父親と腕を組んで入場します。バージンロードを歩いて新郎の左側に行きます。父親がいない場合は、親族の方でもかまいません。

新婦の引渡し

挙式

父親と新郎がお辞儀をして、父親は新婦を新郎へ引き渡します。

聖歌(賛美歌)斉唱

全員起立して、聖歌を歌います。参列者には歌詞が配られていますが、わからなければ聞いているだけで大丈夫です。

聖書朗読、祈祷

司祭が聖書を朗読して、お祈りします。新郎新婦と参列者は目を閉じて静かに聞きます。

結婚の誓い

司祭が新郎新婦にそれぞれ永遠に愛し続けるかを尋ねます。「誓いますか?」と聞かれるので「誓います」と答えます。

結婚指輪交換

指輪の交換

新婦はブーケや手袋を介添人に預けます。まず新郎が司祭から指輪を受け取って、新婦の左手薬指にはめます。続いて新婦も同様に新郎に指輪をはめます。

誓いのキス

新郎は新婦のベールをあげて、キスをします。省略したり、おでこにキスをすることもあるので、事前に打ち合わせしておきましょう。

結婚の宣言

司祭が新郎新婦の手の上に手を重ねてお祈りし、ふたりの結婚が成立したことを宣言します。

結婚証明書に署名

新郎新婦が結婚証明書にサインします。婚姻届に記入する場合もあります。

聖歌(賛美歌)斉唱

全員起立して、聖歌を歌います。

新郎新婦退場

新郎新婦は腕を組み、バージンロードをゆっくり歩いて退場します。介添人があとに続いて退場し、最後に参列者が退場します。

神前結婚式

参列者着席

新郎新婦と関係の深い順に奥から着席します。

新郎新婦入場

巫女の誘導で新郎新婦が入場します。

修ばつの儀(しゅばつのぎ)

斎主が入場し、進行係(典儀)が式の始まりを宣言します。全員起立して頭を下げ、斎主によるお清めのおはらいを受けます。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

斎主が結婚を神に報告して、新郎新婦に祝詞を読み上げます。

三献の儀(さんこんのぎ、三三九度の杯)

新郎新婦が起立して、巫女が注いだお神酒を交互に飲みます。お神酒は三回に分けて注がれます。杯は三種類、上から小中大の順で重なっていて、ひとつの杯につき三口で飲み干します。一口目と二口目は口をつけるだけで、三口目で飲み干しますが、お酒が飲めない人は口をつけるだけでかまいません。

また小中大の杯はそれぞれ、
第一献(小)新郎→新婦→新郎
第二献(中)新婦→新郎→新婦
第三献(大)新郎→新婦→新郎

の順で交互に飲みます。

最近では略式として、
第一献(小)新郎→新婦
第二献(中)新婦→新郎
第三献(大)新郎→新婦

の順で飲むケースが多いようです。

指輪の交換

新郎が、巫女が運んできた指輪を新婦の左手薬指にはめます。続いて新婦も同様に新郎に指輪をはめます。正式な神前式ではない儀式ですが、最近は行うのが一般的になっています。

誓詞奏上(せいしそうじょう)

新郎新婦がご神前に進み、新郎が結婚を誓う誓詞を読み、挙式の年月日と名前を名乗ります。読み終わったら誓詞をたたんで、玉串案に備えます。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

新郎新婦がご神前に進み、玉串を捧げ、二礼二拍手一礼をします。二回お辞儀をして、二回手をたたいて、最後にもう一度お辞儀をします。席に戻る際は、お互いが顔を合わせるように内回りで振り返って戻ります。また、参列者も起立して、いっしょに拝礼します。

親族固めの杯

参列者が全員起立し、巫女が注いだお神酒を、いっしょに三口に分けて飲み干します。お酒が飲めない人は口をつけるだけでかまいません。

拝礼

ご神前の供物が下げられ、新郎新婦と参列者は起立して、斎主の拝礼に合わせて頭をさげます。斎主が祝詞をあげたら、もう一度全員で拝礼します。

新郎新婦退場

新郎新婦が巫女の誘導で退場します。続いて親族も退場します。

本当にあった結婚式の話