結婚レシピ > 結婚式当日の流れ > 結婚披露宴直前

結婚式当日の流れ

結婚披露宴直前

親族紹介

結婚レシピ

結婚式前に親族紹介をする場合もありますが、結婚式と披露宴の間に控え室などで行う場合もあります。両家それぞれ向き合うような形で、父親、母親、兄弟姉妹、親族の順に並んで座ります。親族紹介は両家の父親がするのが一般的ですが、父親がいない場合は親族でもかまいません。

挨拶

仲人がいる場合は仲人が、いない場合は新郎の父親が、最初の挨拶をします。
「本日は誠におめでとうございます。これよりご両家の方々をご紹介させていただきます。」

新郎側の紹介

新郎側の父親が、まず自分を紹介して、その後親族を紹介していきます。目上の人でも、親族を紹介する時は敬称はつけません。紹介された人は立って頭を下げるか、「○○○○です」と名乗っておじぎをしましょう。
「新郎父の○○○○でございます。隣におりますのが妻の○○でございます。どうぞよろしくお願いいたします。続いて、新郎の祖母にあたります○○○○でございます。…」

新婦側の紹介

新郎側の紹介が終わったら、次は新婦側の親族紹介です。同じような手順で紹介していきます。
「では私どもの親族を紹介させていただきます。」

結びの挨拶

仲人がいる場合は仲人が、いない場合は新郎の父親が、結びの挨拶をします。
「皆様、今後との末永くよろしくお願いいたします。」

記念撮影

披露宴の前に記念撮影をします。最近では別の日に記念撮影をするカップルも多いようです。撮影は新郎新婦と親族で撮るもの、新郎新婦だけで撮るものなどのパターンがあります。位置やポーズはカメラマンの指示に従いましょう。

両親は控え室で挨拶まわり

記念撮影が終わる頃には、ゲストが続々と集まり始めます。新郎新婦はメイクをしなおしたり、司会者や担当スタッフと最終打ち合わせをしたりと忙しいので、かわりに両親がゲストの控え室に行き、ゲストに挨拶をしてまわります。

出席していただいたお礼をいうとともに、スピーチや余興をお願いする人には改めて「よろしくお願いします」と伝えてもいいでしょう。

会場入口でお出迎え

結婚披露宴の開始時間が近くなったら、新郎新婦と両家の両親、仲人夫妻が入口付近に並んで立ち、ゲストを出迎えます。あまり特定の人と長話をせずに、ひとりひとりに軽く会釈をして挨拶をします。

本当にあった結婚式の話