結婚レシピ > 結婚式当日の流れ > 結婚披露宴の流れ

結婚式当日の流れ

結婚披露宴の流れ

結婚レシピ

結婚披露宴には決まった形はありません。特に最近は自分たちらしい演出を大事にするカップルも多く、様々な披露宴があります。ここでは一般的な結婚披露宴の流れの一例を紹介します。

ゲスト入場

ゲストが控え室から披露宴会場に向かいます。会場入口で新郎新婦、両家の両親、仲人夫妻が出迎えます。

新郎新婦入場

ゲストが着席し、両親が着席したあと、司会者の言葉でBGMとともに、新郎新婦が入場します。仲人がいる場合は仲人が、いない場合は介添スタッフが先導します。

開宴の辞

新郎新婦が着席したら、司会者が結婚披露宴の開始を宣言し、ゲストへのお礼と簡単な自己紹介をします。

花

仲人あいさつ、新郎新婦紹介

仲人がいる場合、仲人が結婚式が無事終了した報告をし、新郎新婦を紹介します。仲人がいない場合は司会者が代行します。この時新郎新婦は起立します。また新郎自身がウェルカムスピーチをする場合もあります。

主賓の祝辞

新郎側の主賓、新婦側の主賓の順でスピーチします。それぞれ複数いる場合は交互に行います。この時、新郎新婦は起立し、「どうぞおかけください」と言われたら座るようにしましょう。

乾杯

来賓の代表が一言挨拶をしてから乾杯の発声をします。新郎新婦、ゲストは起立して乾杯します。

ケーキ入刀

ケーキカット用のナイフを新婦が両手で握り、新郎が右手を添えて、いっしょに入刀します。ゲストたちが写真を撮りに来るので、ゆっくりと入刀するようにしましょう。

歓談

ゲストは食事をしながら、談笑します。

お色直し退場

まず新婦が退場します。仲人がいる場合は仲人夫人、いない場合は介添スタッフが先導します。時間をおいてから新郎が同じように退場します。新郎新婦が中座している間も歓談となりますが、司会者が祝電を読んだりします。

お色直し入場、キャンドルサービス

お色直しをした新郎新婦が再入場します。各テーブルをまわり、挨拶をしながらキャンドルサービスをします。最近ではキャンドルのかわりにお菓子を配ってまわったり、写真をとりながらまわったりと、いろいろなパターンがあります。

スピーチ

職場の先輩、同僚、友人のスピーチを新郎側、新婦側交互に行います。新郎新婦は起立する必要はありませんが、顔をしっかりと向け、最初と最後に軽く頭を下げましょう。

余興

スピーチと同じように、新郎側、新婦側交互に行います。新郎新婦は起立する必要はありません。

新婦から両親へ手紙

新婦から両親に宛てた手紙を読みます。両親は下座に並んで立ち、それを聞きます。新郎新婦は起立し、新郎がマイクを持って新婦に向けます。

花束贈呈

新郎新婦は両親が並んでいる下座まで進み、新郎から新婦の両親へ、新婦から新郎の両親へ花束を贈ります。最近は花束のかわりに、メモリアル体重テディベアなどの記念品を渡すカップルも多いです。

両家代表の挨拶

結婚披露宴を主催した両家を代表して新郎の父親がお礼と謝辞を述べます。最近は新郎自身が挨拶をしたり、新郎新婦で挨拶をするケースも多いようです。

閉宴の辞

司会者が結婚披露宴のお開きを告げます。

新郎新婦、両親退場

新郎新婦と両家の両親、仲人夫妻が退場します。その後、ゲストが退場しますが、お出迎えの時と同じように、新郎新婦、両親、仲人夫妻は並んで、お見送りします。この時、ひとりひとりと挨拶して、引菓子などのプチギフトを渡してもいいでしょう。新郎がカゴを持ち、新婦の手から渡しましょう。

こんなとき、どうする?
衣装を食事やお酒で汚してしまったら、どうすればいいですか?

そばにいる介添スタッフに相談して、指示に従いましょう。会場の介添スタッフはそういったアクシデントにも迅速に対応してくれます。

披露宴中、気分が悪くなったら、どうすればいいですか?

我慢して倒れてしまうといけないので、早めに介添スタッフか仲人夫人、新郎に伝えましょう。ドレスや着物がきついということであれば、その場で直せることもあります。必要であればタイミングをみはからって、介添スタッフが中座させてくれます。

トイレに行きたくなったら、どうすればいいですか?

我慢して倒れてしまうといけないので、早めに介添スタッフか仲人夫人、新郎に伝えましょう。ドレスや着物がきついということであれば、その場で直せることもあります。必要であればタイミングをみはからって、介添スタッフが中座させてくれます。

新郎新婦は料理を食べられないんですか?

新郎新婦は料理を食べてはいけないというわけではありません。ただ、食べる余裕がないというのは事実です。たとえばゲストのスピーチや友人の余興の最中に、料理を食べるというわけにもいかず、お色直しで席を外したり、また歓談中は写真撮影などに追われ、ゆっくり食べる時間はほとんどありません。

しかし、せっかくなんだからおいしい料理を食べたいものです。新郎新婦用の料理は、はじめから切り分けておいてもらうなどして、少しでも食べられるように工夫をしておいてもらいましょう。また何も食べないと気分が悪くなってしまうこともあるので、控え室でサンドイッチなどの軽食をとっておくのもいいでしょう。

できちゃった婚なのですが、気分が悪くなったら、どうすればいいですか?

新婦と赤ちゃんのことを最優先に考えて、ホテルであれば客室など休めるスペースを事前に確保しておいて、気分が悪くなったら我慢せずに介添スタッフや新郎に伝えましょう。いざという時のために病院の電話番号をメモして、介添スタッフに渡しておくといいでしょう。

本当にあった結婚式の話