みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  94  95  96  97  98  99  100  101  102  103  >>

投稿者:らら美
嬉しいサインでも・・・

結婚式も指輪もなしの結婚。。

自分たちの思い出のためと写真だけはと思いいろいろな所に資料請求。
「ここがいいかな?」「あそこもいいよね。」
といろいろ思いをはせていたのですが・・・

突然の体調不良。。
もしや・・・と思っていると
妊娠発覚!!

つわりでまともに洋服も着れず食事も無理。。

そろそろ写真館を決めようかという矢先のできごと。

確かに欲しいとは思っていたけれど、これじゃあ写真はあきらめなきゃということでつわりの落ち着いてきた今も撮りに行けず。。

嬉しいけれど…ちょっと残念。。

出産後再チャレンジかな? この体験談のURL

投稿者:サロン
カラオケ大会!?

もともと友達や親戚の出し物がカラオケやギターでの弾き語りなど歌のプレゼントが多かったのですが、なんでもスピーチをお願いしていた両家の親族までも酔った勢いかスピーチを止めてカラオケに切り替えたらしいです。

最後は新郎までもが会社の同僚達とカラオケで大盛り上がり。同僚や上司の方が踊りだす始末(笑)

私はお色直しで退席していた時間が長いので分からなかったのですが、あとで友達にカラオケ大会みたいだったよと言われてしまいました(笑) この体験談のURL

投稿者:ししこ
本当に好きでないと

ど田舎に転勤させられ、文化の違いに翻弄され、毎日の食に困った私、そんな私にけなげに食事を毎日届けてくれる彼女がいた(現地調達)。まるでアラスカに墜落した遭難者のような気持ちで、半年後流れのままゴールイン。でも、そんな私には忘れられない別の彼女がいた(その当時行方知れず)。数年後、その行方知れずだった彼女の所在がひょんな事で分かり、激しい後悔を覚えた。心ここにあらずの毎日が10年も続いた。そして、都会に転勤。やはりというか、かみさんとは別れた。大手を振って長年思い続けた彼女に連絡を取った。残念ながら彼女は私の離婚の1ヶ月前に結婚していた。私は内心ショックだったが、彼女に幸せになってくれと言うことが出来た。本当に好きな相手が幸せになるなら、相手が誰であろうとかまうことはない。でも、好きでもない相手との結婚は正直言って心がすさむ原因にしかならない。人生の汚点である。 この体験談のURL

投稿者:emi
結婚式当日に大喧嘩

結婚式までの準備までも何度も大喧嘩を繰り返してきました。
でも、会社の人や友人にも案内状を送ってしまったし、後には引けない状況でした。結婚式当日も、些細なことから、結婚式場に向かっている車の中で大喧嘩・・
お互い口も聞かないまま、式場に着き、お互い目を合わさないまま新婦の私は支度部屋に入ることに。
支度も終わりチャペルに行き、父親と入場するまで私は嫌で嫌で仕方なかったけど、もう突っ走るしかないとバージンロードを歩いたのです。披露宴では、友人や職場の仲間の盛り上がりに心が穏やかになりましたが、終わってからも2次会にいく車の中でも口論に。
結局新婚旅行でも口論になり、楽しくない旅行になってしまいました。
喧嘩が絶えず、結婚生活は2年半で終止符を迎えたのです。
私の貯金使って式を挙げたのに、無駄になってしまったと後悔しましが、可愛い子ども2人が財産になりました。 この体験談のURL

投稿者:きょうちゃん
お化粧

 結婚式当日、基礎化粧だけして会場入りしたのですが、お化粧をしてくれようとしないので、「お化粧はしてきていないんですけど・・・」と言って、してもらった。が、普段と同じような、ナチュラルメイクで、つけまつげとか、マスカラとかして欲しかったのに、してもらえなかった。 この体験談のURL

投稿者:かっぱうめ
ホテルの予約

結婚式に招待する遠方の方のためにホテルを予約。予約はばっちり。自分は招待客へもしっかり連絡し、妻へも連絡しとけよと言ったが、忘れやすい妻は連絡を忘れてしまいました。
そんなこんなで結婚式は無事終了。翌日、精算の際、ホテルの方に妻の友人がネットで予約を入れていた事が判明。ホテルのご好意でそちらはキャンセルして貰い、こちらの予約した部屋に泊まって貰っていました。そそっかしい妻は急いで友人に詫びの電話をかけていました。 この体験談のURL

投稿者:まーちゃん
新婚旅行は計画的に

行き先とホテルだけを予約して現地入り。
私も旦那も本なんか読んで現地情報を勉強するタイプでもなく、
結局5日滞在しましたが、食べ歩き&買い物だけで旅行は終わって
しまいました。
せっかくなら思い出に残るようなイベントを1つ前もって計画した方がいいかもしれません・・・ この体験談のURL

 主人の実家に伺ったときに、造花が飾られているのを褒めたんです。それほど気に入ったわけではなく、何かしら話をしなければ、という感じで話題にしたんです。親戚の方が趣味で作って贈ってくださったということでした。
 後日、主人の家に呼ばれて行ってみると、大きな包みにリボンがかかっていました。開けてみると、造花のブーケでした。
 親戚の方がわざわざ、結婚式用に造ってくださったとか。
 持たないわけにいかず、式で使いましたが、もっと趣味のよい生花のブーケがよかったのに、という本音は言えずじまいです。プリザーブドフラワーにして額に入れ、新居に飾っている友達がいて、同じようにしたいと考えていたのに。
 親族に勝手なことをされないように、式にまつわることは相談して決めるように、彼に釘を刺しておくべきでした。 この体験談のURL

<<  94  95  96  97  98  99  100  101  102  103  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話