みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  >>

投稿者:にゃんこ
フェイクケーキ

披露宴で、ケーキカットする際に本物のケーキか、フェイクケーキか選べました。
予算をなるべく抑えておきたかったので、安く上がるフェイクケーキを選びましたが、実際、式になってみたらケーキカットはあるけどファーストバイトはなし、という少し物足りない結果に。
それだけはちょっと後悔しています。
本物のケーキにすればよかった。 この体験談のURL

投稿者:ノリタマ
頭がでかくてハットが...

48歳でやっと結婚しました。妻は14歳年下です。私の衣装選びの際、年齢とともに頭髪が後退し無残な状況になってきているのを再確認しました。若い妻とのバランスを取るために、結婚式ではハットをかぶることにしました。でも衣装選びに集中してしまい、ハットの試着はせずじまい。結婚式前にで始めてかぶりました。なっなんとお気に入りのハットが小さい頭にチョンマゲのようにちょこっと乗っかってる感じ。これはやばいと大きなサイズのものはないかとスタッフの方も大わらわ。でも結局サイズがなく伸びやすいハットを選び、むりやり伸ばしてかぶりました。ほんと恥ずかしかったです。 この体験談のURL

投稿者:aco
この子誰?

披露宴が始まりゲストの席を回っていたら、子供のゲストは1人のはずが知らない子供が2人・・・
席も料理もあるはずがなく頭が真っ白になりました。
新郎の両親が呼んだ親族夫婦の子供と後で知りました。
渡された名簿に子供は書いてなかったのに!!
ひきつりながら写真を撮った最中に主人が「この子達誰だろ・・・」と言ったのが忘れられません。
こっちが知るわけない!!
この体験談のURL

投稿者:ミニー
あなたが主役です(笑)

私の失敗談ではないのですが…

姉の結婚式で旦那様が失敗…というか
おもしろい発言をして笑がおきました。


司会「それでは新郎の挨拶です。●●さんお願いします」

新郎「え〜、只今紹介に与りました。●●です。」

会場「・・・」

そして会場内は笑のうず(笑)
本人は緊張で必死だったので
自分が何を口走ったのかわかっていなく
更に笑がおきました。

今では素敵な思い出になっています(*^-^*)

結婚式では
失敗も素敵な思い出になるものです♪ この体験談のURL

投稿者:ぽぽ
飛行機の失敗

結婚式は初めての海外のグアムでしました。
飛行機に乗るのも初めてで、
椅子のグレードなんて全然しらず、
親戚の人たちを全員エコノミーでとりました。

挙式などはすべて順調に終わり帰国。

そのあと親戚から飛行機がつらかったということを聞きました。。。

せっかくのいい式だったのに、エコノミーのせいで思い出が台無し。

これがハワイとかオーストラリアの長時間だったらと思うとぞっとします。

この体験談のURL

投稿者:マカロン
盛り上がりすぎです〜

ウエディングプランナーの経験を生かして、
こだわってつくりあげた結婚式!
プロフィール紹介は「母からの手紙で!!」と決めていて。
母に私の生まれたときから今までのことを手紙に書いてもらいました。

プロフィール紹介は披露宴の乾杯のあとにもってきていました。
乾杯!!となった瞬間もう盛り上がるのが大好きなゲストのみんなワイワイお話が始まり、大盛り上がり。
母の手紙を読む司会者さんの声など聞こえやしない!!
こんな一気に盛り上がるの見たこと無い!!想定外!!
感動の場面がーーーーー(T○T)
乾杯前にすりゃよかったーーーーー(T○T)


私を担当してくれたプランナーの友達も
「非常に楽しい方達が多くて…乾杯と同時に盛り上がってたね」
と苦笑い。

花嫁から両親への手紙の時も涙で詰まる私にオジサマ達から
「よし!がんばれ!!」の声援(笑)

でもまぁみなさん「たのしかったー!たのしかったー!」
って言ってお開きとなりましたので、
よかったかな…★
この体験談のURL

投稿者:ひまわり
お金は怖い

結婚することが決まり結婚式費用を貯めていたものの、やっぱり全額は払うことができずに、親に出してもらうことになりました。
その費用を旦那の親と私の親と、どうやって金額を割り振るかをかなりもめました。「ウェディングドレス代が高いのだから、私の親が多く払うべきだ!」とか。。。どんなシチュエーションでも、お金の話になるとナーバスになりますね。 この体験談のURL

投稿者:ゆっこっこ
気遣い忘れ・・・

結婚式までの準備はなんの問題もなくできましたが、当日になってふと気付きました。

主人の母の席(七年前に他界)を用意していませんでした;;

結婚式前にになって義妹が主人へ「お母さんの写真持ってない?」と確認があり、「ない」と返事はしていたそうです。
その後義父が持っていた写真を持ってきていたようで、テーブルを回る際テーブルにちんまりと写真(生)が一枚ひっそりとおかれているのを見て「ああ、ちゃんと席とついたての付いた額を用意すればよかった・・・・」と後悔しました。

私たちが出会ったときはすでに他界していたのですが、死ぬまで主人のことを案じていたという話も聞いていただけに悔やまれます。

他にも予算がなかったので親族だけの挙式と披露宴にして二次会は設定しませんでした。(叔父達もそれなりの年齢だったし)

ところが終わって何年もしてから母から実は従兄弟達が主人からは主人の親戚が二次会したがっていたと聞かされ、「あ〜〜やっときゃよかった〜」とこれまた後悔・・・。

一発勝負ですから、なかなかうまいこといかないもんですね〜・・・トホホ この体験談のURL

<<  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話