選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  >>

投稿者:お金は大事だよ!!
旦那の母親に振り回され計画が二転三転

他県同士の結婚で多少の意見の相違は覚悟してはいました。
近所の人を招待するのが常識と言い張る姑に
計画中だった出席者全員参加の大きな教会での挙式、その後カジュアルなレストランでの披露宴は長時間で負担になると反対され
それなら友達も呼ばず、親戚だけで海外挙式という案を進めたら
その後近所の人だけを招待してきちっとした披露宴をしろと言われ、
泣く泣く一般的な結婚式場での結婚式に落ち着きました。
近所の人たちは夫婦で5000円の祝儀、しかも夫婦それぞれに引き出物と大赤字の結婚式になりました。
結婚式のスタイル、料理や引き出物、送迎にまで口を出した姑からは1円の援助さえありませんでした。
10数年たった今でも夫婦げんかするたびついつい口から出てしまいます。
やっぱり主役である花嫁さんが納得のいく結婚式をすることがその後の結婚生活の円満にもつながるのでは・・・。 この体験談のURL

投稿者:まりこ
共働きの家事分担

お互い忙しい仕事をしているので、一緒に暮らした方がすれ違ってでも会えるということで結婚を決めました。一緒に生活してみて大問題だったのは彼がずっと実家暮らしで家事を一切したことがなかったこと!!2人とも早朝出勤なのに朝ごはんが出てくるのを座って待っているし、先に帰っていてもご飯の準備は全くしてくれないし…私が仕事で彼は休日なのに昼まで寝てて起きたらゴルフに行ってしまいヘトヘトで帰ってきたら家はグチャグチャでゴルフ帰りの彼はお風呂を要求するし…
2人で協力していく上でのルールをあらかじめ決めておいて、そのために実家で修行してきてもらえばよかった…
相手の独身生活の過ごし方によって結婚生活は大きく変わりそうです。いまは一つずつ彼に家事を教えているので自分でした方が早いけれど将来のために頑張っています。 この体験談のURL

投稿者:サニーガール
当日までの秘密にする予定がアダに

私が式を挙げた式場は、提携店で衣装を借りることになっていて、それは自分で好きな時に好きなように見学予約をして、好きに選んで下さい、ということでした。
ドレスをご両親と選ぶ花嫁さんは多いと思いますが、私の場合は彼と選びました。母と私は趣味がかなり違うので、一緒に選びに行っても私の着たいドレスと、母が私には着て欲しいドレスが真逆なのは分かり切っていたので。その旨を特に話すわけでもなく、ひっそりと衣装選びに出かけていました。勿論、彼のご両親とも一緒に行ったことはありませんでした。決まったら双方にお披露目、という形を取りたかったのです。
が、しかし、彼は自分の両親に私が試着した全てのドレスを写真です見せていました。それはそれで構わなかったのですが、ある日、何も知らない彼のお母さまが私の母に「あのドレス可愛かったね。ピンクの!紫のも素敵だった」と言ってしまい、何も知らなかったうちの母が「あっちの親は見てるのに私は何も聞いてすらない!!」と大激怒。
引出物や招待するゲスト等、相談したいことは沢山あったのにしばらく口を利いて貰えず、また、彼のご両親との仲もぎくしゃくしたらどうしよう…と焦りました。
結局何事もなく収まりましたが、今になって思うのは、一生に一度のことですし例え趣味は違えど一緒に衣装選びに行けばよかったなぁと後悔するばかりです。 この体験談のURL

投稿者:jimmy_page
すれ違い生活で

結婚願望が強く、23歳で結婚しすぐに子供が生まれました。
まだ若く給与が安く、子供が生まれたので頑張って残業や休日出勤で
(忙しい時期だったので)稼ぎました。が、通勤およそ片道1時間平均。(深夜帰宅だと更に+α)残業+休日出勤(徹夜も)で1か月
残業100時間以上の時も。(平均80時間)たまの休みぐらいしか
妻と子供の時間がなく、すれ違いで気持ち的にも危ない状態でした。
口げんかが増えてきました。最初のこどもということもあり、妻も
育児ノイローゼ状態だったと思います。

その後、残業を意識して減らしていき、育児も協力するようにして
関係が改善できましたが、あの時はやばかったとおもいます。

好きになった人ですが、やはり元は赤の他人ですから、共有する時間は
大切にしないといけないと思います。お金がなくても車がなくても
よく子供をベビーカーの乗せ、いろいろな所に出かけるようにしました。いまではいい思い出でです。 この体験談のURL

投稿者:テルニータ
過酷な新婚旅行

旦那は北欧出身の外国人で3年前に結婚。お金がかかるので結婚式はせず新婚旅行だけに。旅行先はインド。旦那は汚い国(インドゴメン)は初めてだけどいい思い出になるだろうと、私がよくばって過密な旅程をくんだのが仇になり。。現地は真夏で40℃以上、心配していた旦那はお腹もこわさず、暑さにも耐え忍んでたけど当の私はお腹を下し、熱が出てもうろうとしながら2週間インドを歩き回り。。人生で一番過酷な旅に。旅の終盤、私の頬はこけ真っ黒に日焼けした現地人さながらな姿に愕然。。まあ、強烈な思い出にはなったけど、フランスあたりにしときゃーよかったぜ。。。 この体験談のURL

投稿者:ゆっこっこ
一生に一度なのに。。。

結婚式から披露宴まで私の(新婦の)父がデジタルビデオカメラで撮影するとのことで、ホテルの写真やさんには頼みませんでした。
ちょっと心配でしたが、任せておけ!!といわれ、安心していました。

緊張の面持ちで新婦入場、父は入場のときは一緒だったので兄に頼んでいるかと思っていたので、そのまま入場、、、

ベールをかぶっていてよく見えませんでしたが、兄の姿を見つけました。ほっとしたのも束の間。ボーっと親戚と見ている兄を発見。そのあと父が席に戻ったのでここから撮ってくれるんだーと思いきや、全くカメラもビデオカメラも見当たらず。。。。

披露宴は撮ってくれるだろうと一抹の不安がありましたがあれだけ豪語していたので大丈夫と思っていたら、、、

とほほ。
写真が10枚程度のみ。しかもアングルも悪く結局記録なし。

一生に一回の結婚式、披露宴なのにしょうがないので
友人たちが撮ってくれた写真を頂きました。

こんなんだったら10万くらいだからケチらないで頼めばよかったと本当に後悔しています。 この体験談のURL

投稿者:ジャイコ
神前式でカツラが・・・

私は神前式をしたのですが、事前にカツラのサイズ合わせがあり、衣装屋さんに行きました。
ですが、その日は神社で使われているとかで、私のジャストサイズのカツラがありませんでした。美容の人はプロなので、「大体わかるから大丈夫」と言っていたので安心していたのですが・・・。

当日になり、カツラを載せたところ、若干カツラが大きいのです。大丈夫かな?と思いつつ式は進みました。
初めに神主さんと大きく一礼をするところで、心配が的中しなんとカツラがスコン!と抜けてしまったのです!
といっても綿帽子をかぶっているので飛んではいきませんでしたが・・・。

白無垢が重たくて手もあげられず、カツラのズレが直せないので首を揺すったりモゾモゾしていました。
それに気づいた神主さんが笑いをこらえて祝詞をあげる声にビブラートがかかっているし、肩は震えているし・・・。
見かねた母が飛んできて直してくれましたが、親戚一同からもクスクス笑いが・・・。

とにかく恥ずかしくて死にたくなるような式でした。
みなさん、カツラ合わせは確実にしたほうがいいですよ。とアドバイスしておきます・・・。 この体験談のURL

投稿者:さくら
男は真面目が一番!

年頃で、沢山お見合いの話がきた中で、5人にしぼってお見合いをしました。(42年前の話)5人ともまあまあの人で親とも相談して決めようと思っていました。でも其の中の1人がプッシュプッシュと強烈アタックで迫ってきて、良い事ばかり言ってすっかり舞い上がってしまった私。もちろん恋愛経験無しの処女。親の反対も耳に入らず結婚へとつき進んでしまいました。それでハッピーならめでたしめでたしなのですが、二つの顔を持つとんでもない男でした。昼はまじめなサラリーマン。夜はギャンブルに狂う男。帰りの遅いのを残業だと言うのですっかり信じていたバカな私。発覚したのは、借金でクビが回らなくなってから。其のときは子供が幼かったので我慢して、借金を返したが、身軽になったらまた始まり退職金まで借金のかたにとられてしまった。やっと目が覚めた私。熟年離婚しました。酒、女、ギャンブルは死なないとやめられないガンのようなもの。30年の結婚生活はむなしい物でした。私の青春を返してと言いたいです。今は娘と二人で平和な生活ですが、世の女性に言いたい!男は真面目が一番だとね。 この体験談のURL

<<  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話