みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  >>

結婚を機に、3年勤めた職場を退職しました。

引っ越し先から、通勤時間が1時間以上かかるし、

他の職場でもやっていけると思って辞めたのですが・・・。

今は辞めなきゃよかったなと思っています。

やはり3年やってきたキャリアもあったし、

職場の皆とも仲良しだったし、仕事もそれなりに楽しかった。

当たり前ですが、新しい職場では、前の職場のように

自分の思うようには動けずストレス。


いきなり辞めるのではなく、パートに切り替えてもらうとか、

段階を踏めばよかったと後悔しています。

この体験談のURL

投稿者:好麺達
親の計算

結婚式場のホテルを何件も下見、やっと気に行ったところを
予約した。その直後、母親から「去年姉さんが結婚式したところ
で決めたから」と一方的。大ゲンカして結局希望のホテルに
したが、あとで連続結婚式割引の話をきいて、費用の一部を負担してもらう親に悪いことしたなあ、と後悔。 この体験談のURL

肩紐が無い型のドレスで何度もあげてもらわないと、ずってきそうな感じだった。挙式前に2階も別室であげなおした。しかし、バージンロードを歩き、色々作業してなんだかんだ動いていると、退室のときにはもうドレスがずり落ち、ドレスの裾を踏んでしまいそうに歩いていた。それを祖母が見かねて直してくれようと・・・・。しかし椅子にはさくがあったので、祖母はそれに気がつかず、ひっかかり転倒。一人ではおきあがれず、みんなにかかえられた。挙式の最中に惨事だった。祖母は大丈夫でしたが驚きました。 この体験談のURL

投稿者:taitai
そこは守ってほしい!!

私の両親は本当に手先が器用!
母にはブーケをつくってもらい、父には石鹸を削ってウェルカムボードを頼みました。
母はすぐ作ってくれたのですが、父はやる気だけで全く進まず…。
でも結婚式だし間に合うだろうと思っていたのですが結局1年たった今もできません。笑
当日はたまたま引き出物のパン屋の店長さんが趣味で似顔絵を描いているそうなのでそれでなんとかでしたが、できないならできないと言ってほしかったです。 この体験談のURL

投稿者:雷親父
結婚式は夢のまた・・夢

自分は結婚を決意し相手にプロポーズ!!しかし・・・相手は結婚式をあげたいといいます。
自分は実家で母と二人ぐらし父は早くに他界しており母も病気で家にずっといる状態で自分も介護のために仕事にいけず収入もすくないのです。そこで結婚式なんってまさかこの状況をしってる彼女がいうなってって思いました。
しかたなく知り合い同士だけあつめてやろうかと話にはなったんですが相手方の両親がなっとくいかずお金はだすから娘の式だけはあげたいと。。
自分はそこまで結婚式ってこだわりはなかったのですが女性のほうはやっぱり夢なんでしょうね・・・・。
結局、自分はその意見に納得いかず彼女とも生活観の違いの差に別れました
なので自分に結婚式とは!夢のまた夢>< この体験談のURL

投稿者:めると
父が新郎?

結婚式の直前に、新郎側と新婦側の親戚の顔合わせがありました。
ふすまを隔てた、別々の2間の和室に集まる双方の親戚。
このふすまを開けたら、親戚になる方々が大勢いる…。

緊張する両親を尻目に、新郎の衣装に身を包んで緊張する自分がいました。

司会の方が登場されて、いよいよご対面です。
さっとふすまが開き、総勢40名近くの親戚方が集まっていました。

父も混乱したのでしょう。司会の方から、「では新郎側のお父様からご紹介をお願いします」と言われて出た言葉が…

「え〜、初めまして。このたび式を挙げます新郎の○○です」

きょとんとした向こうの親戚と、苦笑のこちらの親戚。
せきを切ったように、双方が爆笑に渦に巻き込まれました。

おかげで対面式も結婚式も、楽しく過ごせました。父さん、ありがとう。(^-^) この体験談のURL

投稿者:よっしー
新婦父が花嫁??

式の直前に簡単なリハーサルがあったんですが、
私の父は緊張もあってまったく頭に入らなかったようです。

入場シーン。

新郎の手前で止まる。

新婦父が新郎に手を差し出す。

???
新婦を手をとって新郎に差し出すはずだったんですが、
手を出すという言葉しか頭に残ってなかったようなんです。

びっくりした私は思わず自分から父の手の上に手を
乗せて新郎の手の上まで誘導しました。

貸し出しのマニュアルビデオ借りておけばよかったと
後悔です。



この体験談のURL

投稿者:ゆうえり
家族への手紙であれれれれ

結婚式の一番の見せ場、家族への手紙を読むシーンでの出来事でした。前日に夜なべをして書いた手紙は、便箋4枚の大作に。
1枚目の父へ、2枚目の弟へのメッセージを読み終わり、
3枚目でけんかばかりしていた母へのメッセージに入りました。
喧嘩したエピソードを語ったあと、いざ母への感謝の気持ちを涙ながらに述べ、4枚目をめくると・・・。
なぜか、読んだことがあるフレーズに。
4枚目をとばして、1枚目の冒頭に戻ってしまったのでした。
「あ、間違えました」
私の言葉に涙していた会場は笑いにつつまれ、書くときはぼろぼろ泣いた4枚目、私自身も母親も涙は乾ききって、恥ずかしさの中で最後まで読みあげました。

式場の人に「手袋はずしときますか?」と聞かれたとき、素直に外せばよかったです・・・。 この体験談のURL

<<  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話