選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  >>

投稿者:ジャムこっぺぱん
余興の内容

余興を新郎の友人に余興を頼みました。私、新婦側は結構かたく、下ネタは引いてしまうタイプ。でもその方は「スライドを使って、演出するから」と言ってくれていたので、安心していました。しかし、クイズ形式で下ネタばかり・・・やはり新婦側席はドン引きでした。友人なんだから「下ネタNG]とはっきり言っておけばよかったと後悔しました。 この体験談のURL

結婚式最後には、お嫁さんが両親に感謝の手紙で、感動的に盛り上がるもの・・・主人がどうしても 私の前に感謝の言葉を言いたい、とのこと。当日主人は、たくさんのお祝いのお酒で、ほぼ泥酔状態。用意していた内容が 見事に白紙に。しかも泣き上戸ときたものだ。恐ろしく長い意味不明のスピーチが続き、場内半ば しらけモード・・・。私の手紙も しらけムードに・・・。私だけにしておけばよかった。と今でも後悔しています。 この体験談のURL

体重ベアーって、巣立っていく子どもが生まれたときはこんな重さだったんだな〜〜って実感して、感動っていう商品ですよね?

私達も、これに感動して体重ベアーにしたんですが、
後々両家の母から、ダメだしが。。。

重くて持っているのが大変だった・・・とか、花束のほうがよかったとか・・・_| ̄|○”

両家ともお花が好きな母だったので、もっと下調べをして母の嗜好も考慮すればよかったと後悔しました。 この体験談のURL

投稿者:りりママ
ニアミス

私は誕生日の前日に結婚式をして、次の日その足で入籍しにいこうと決めていました。もう結婚式の日は決まっていて、あとは式場だけなので、式場をさがし始めていたころ、私の結婚しようとしていた日に、先に親戚の結婚式が予約済だと聞きました。年に一回しかない私の誕生日の前の日にしょうと決めていたのに‥。結婚をあと1年我慢することもできず、結局違う日にあげました。ところが‥私の結婚式の日は一日中大雨。せっかくのハウスウエディング。ガーデンにも出れず、すごくもったいない結婚式でした。ちなみに本来しようと思っていた日は、日は大安、天気は晴天。何もかもが後悔でした。 この体験談のURL

今日は待ちに待った結婚式!!さぁドレスを着て晴れ舞台へ!!でも一つ心配なことが・・・私は小さい頃から花粉症で、ずっとくしゃみ・鼻水に悩まされてきました。結婚式を挙げた季節は春・・・なんとなくいやな予感がしていました。
誓いのキスまでの長いこと・・・私はこの幸せをかみ締める時間にくしゃみのことばかり考えていました。そしてついに誓いのキスのとき。恐れていた事態が!!「へ、へ、へっくしゅん!!」旦那の顔に私のつばと鼻水が・・・。あたりは一瞬静かになり、ひそかに笑う声も耳に届き・・・すっごく恥ずかしかったです! この体験談のURL

投稿者:エジコ
パンフの印刷時間が・・・

DTP関係の仕事をしていた私は、二人のプロフィールや食事のメニューなど、自分でパンフレットを作りました。
ギリギリまでパソコンで作っていて、印刷を結婚式の5日前くらいからはじめたのですが、意外と時間がかかって焦りました。
計6ページ位のパンフで、表紙は全面カラーにしたのですが、全面カラーだと1毎印刷するのに10分位かかってしまい、急きょカラーからワンポイントのイラストに替えて、夜中の2時、3時までかかり、結婚式前日に結婚式場に提出にいくギリギリまで作るはめに。。

一度試しにプリントしてみて、プリントする時間も把握しておけばこんなことにはならなかったのになぁ・・・と少し後悔。

でも、パンフも好評だったので、作ってよかったなぁ★ この体験談のURL

投稿者:miyacco
「写真係を頼まれて…」

4月末に挙げた4歳下の妹の結婚式での話。
前日に「お姉ちゃん、いっぱい写真撮ってね!」と言われたので
、もちろんだよ!」と返事したのはいいのですが…
何と妹たちは式の費用を節約するために、プロの写真屋さんに頼んでいなかったのです。
当日になってそれを知った私は、デジカメのメモリー残量を気にしつつ披露宴の間中会場内を走り回って最後にはヘトヘト。
勿論、久々に会った親戚とゆっくり話す時間も全くなく…。
地元で一番料理が美味しいと評判の式場で、とても楽しみにしていたのに最初の一品しか食べられなかったのが心残りですが、妹夫婦が喜んでくれたのでよかったかな?
それでも、事前に知っていれば私の自腹を切ってでもプロに頼みたかった。。
「一番のメインのホタテ(私の大好物)が凄く美味しかった」と聞くたびに、ちょっぴり悔しい気持ちです。
この体験談のURL

投稿者:のりたけ
衣装選びで問題勃発!!

女の子のあこがれのドレス・・・。
私はフツーよりもぽっちゃりさんなせいか、フツーサイズはちょっと厳しく結婚となってもこれといってテンションがあがりませんでした。
しかし、何件か式場を見に行き、ある式場で偶然衣装の展示会があり、一目ぼれし式場の人に「同じもので11号ってあるんですか?」と尋ねたたところ、「お客様らなら9号でいけますよ!」だなんて言われ「イヤ!絶対無理なので11号がないと・・・。」って言い切ったら「ご用意できますから安心してください」と言われ、式場の雰囲気も良く、スタッフの対応も良かったので契約を交わし、半年前になると衣装合わせがあり、母と一緒にどんなんがいいのかルンルンでお出かけしました。そこで一目ぼれした衣装を着させてもらおうと頼んだところ「あちらの衣装は9号しかありません」と言われ愕然としていた私に「一度着てみては?」と言われ、ダメもとで袖を通すことにしました。
スタッフが「あれっ?えっ?」っと言い私の背中でチャックが止まりまっていて、「いいですよ、もう脱ぎますよ」と言った私に彼女は追い討ちをかけるように「フツーサイズなので大丈夫ですよ」私はフツーでないといってるのにと心でそう泣きながら「もう着替えます」一着しか着ていなかったけれど帰りたくて・・・。
「デザイン衣装でなくても、カタログ衣装なら大きいサイズをご用意していますから・・・」はっきり言わないとわからなそうなスタッフに「私はこの衣装が着たかったんです。はじめからできないならそう言って欲しかったです。展示会のときにご用意できると言ったスタッフが見えないのでまたにします。今日のところは帰ります」と言うと困った様に「イヤ、色々と着てみて考えてください」と訴える彼女の言葉も嫌味にすら聞こえてきて「今日はそんな気分にならなくなったので帰らせてください」と泣き崩れ「着替えるので一人にしてください」と言いしばらく泣いていました。その後母になだめられたけれど、決める気分でもなく、結婚式すらしたくなくなっていたのでその日は帰りました。
その後担当のスタッフから電話が入り、なんだかんだ言いつつ予算はかかったけれど11号を作ってもらい、家族や彼にもサポートしてもらったおかげか結婚式を無事行えました。
一生に一度の純白ドレスくらいは衣装に身体をあわせるのではなく快く気に入ったものを身にまといたいと思ったら、無理に式場にあるものを選ぶのではなく、衣装屋やオーダーって手もあったし、視野が狭かったな〜って今では思います。結構、夢膨らみすぎてたのかも…(^^; この体験談のURL

<<  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話