選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  >>

投稿者:☆ちえ☆
思い出のビデオ・・・

結婚式と披露宴はプロにビデオを撮ってもらって
思い出に残そう!って旦那さんに言ったら
「式だけ撮ってもらって、披露宴はお姉さんに撮って
 もらえばいいじゃん・・・」
って言われて泣く泣く、プロを諦めて姉にビデオ撮影を
お願いしました・・・・

新婚旅行から帰って来て、楽しみにビデオを見たら、
録画ボタンのタイミングを間違えたらしく、
映ってるのは床ばっかり・・・・・
結局残しておきたかったビデオは全く駄目でした;。;

高いお金がかかっても、プロにお願いするべきでしたo(><)o この体験談のURL

投稿者:にゃんすけ29号
新人プランナー注意報

新人さんとはいえ、れっきとしたプランナーに全信頼を置いて任せていた私たち。
初めての結婚式で何が何やら分からない私達に、「何がしたいですか?」と聞いたままニコニコ黙るプランナー。
「司会者なんていらないですよ!ご友人で充分!」と言っていたのに、当日一度も顔を出さなかったプランナー。
本番を知らないのに、大丈夫ってどうして言えたのでしょう。。
結局司会者さんが一番活躍してくれました。
一番ひどかったのは、頼んでいたのにカメラマンがいなかったこと。
一生に一度のお式なのに、本当にがっかりでした。

プロの意見も必要な時もあるけれど、一番大切なのは自分たちのインスピレーション!
もっともっと積極的にプランニングすべきだったなぁと悔やんでも悔やみ切れません……。 この体験談のURL

オーストラリアであこがれの海外挙式をしました。
現地では真夏の2月。気温36度。
屋外で綺麗な景色をバックでの撮影に大満足!
・・・だったのですが、出来上がった写真をみてがっくり。
暑さのため、2人とも顔がてっかてか。化粧もくずれてみられたものではありませんでした。 
カメラマンやメイクさんはすべて現地の方だったので、
日本人のようにまめにお化粧直しをしたり、こまかいケアはしてくれませんでした。 撮影のシチュエーションは完璧だったのに・・・
海外挙式を成功させるには、細かい所まで自分でチェックが肝心です。 この体験談のURL

投稿者:ゆゆ
指輪

永すぎる春でモタモタしていたはずが、ふとしたキッカケで急遽入籍。
式の日時は決まっていなかったが、いつ必要になるかもわからないと丸井で指輪を慌てて購入。一ヵ月後楽しみに待っていた指輪が出来上がったと言うことで取りに行き持って帰ってきて主人にみせたところ、なんと指輪の裏に入れた入籍記念日の西暦が間違っていた・・・。2007.05.05が2005.05.05に・・・。
修正するには指輪を削って入れなおすとのこと。プラチナが削られるのも結婚が間違ったと言われたような気分になったので、新しく作り直してもらうことに。
今思えば挙式の日取りが決まるまでゆっくりお店も検討して購入したほうが良かったかも。 この体験談のURL

投稿者:ぷぅ
ヘアスタイルが・・・

結婚式のヘア&メイク相談の日。
挙式時は前髪を編みこみヘアにしてまとめ、
披露宴は編みこみを取って、ポニーテール状に
すっきりと見せたかった私。

ヘア相談の時に、
「編みこみの跡が付いてしまって、披露宴の時にはポニーテールってむりですかね?」と聞いたところ、
ヘア担当の方が「ヘアアイロンで伸ばせるからOKですよ!」
といってもらえました。

当日・・・。
編みこみヘアで挙式し、
披露宴に移る前のヘアメイク室で・・。
ヘア担当の方が、相談の時の人と違うっ!?
しかも
ヘア担当者:「ストレートでまとめると相談されてますけど、ストレートでまとめるのは無理です」

私:「えっ・・・?!」

当日の緊張のあまり、言い返すこともできず、
何だかよくわからない髪型にされて、披露宴に出る羽目に・・・。

ヘア・メイク担当者は当日も同じ人なのか、確認したほうがよいですよ。
結婚して4年、いまだにそれだけは後悔しています。 この体験談のURL

大学時代の友人の結婚式当日。
式に出席するために長野から上京してきたS子と上野で待ち合わせ。
早めに会って余裕を持って新宿の会場に向かう予定でしたが…。

上野に向かう新幹線の中からS子が送ってきたメールを見てビックリ!
「式で着る予定のドレスを家に置いてきちゃった!!!」

とりあえず私服のまま会場のある新宿に向かい、
駅中のデパートで適当なワンピースを急いで購入!
試着室で着替えてそのまま支払って会場へダッシュ!!

久しぶりに再会した男友達からは「お前らまた遅刻かよ!」と言われ…。
(大学当時、S子&私は遅刻の常習犯でした!)

昔とちっとも変わっていないS子でしたが、
来年の私の結婚式には遅刻しないでね!! この体験談のURL

投稿者:ちびちゃん
母の小さな夢

私たちは誰の反対もなく、結婚が決まり、無事、結納もすませました。
結婚式と新婚旅行を兼ねて、経済的な家族内々の結婚式をグアムで挙げよう・・・と私達夫婦は考えていました。経済的にも親孝行だよね・・・と気楽な気持ちでした。
もともと合理的な考え方の主人の家族は私たちの考えに大賛成してくれました。特にアメリカ在住の義姉夫婦は前面的に協力体制で応援してくれました。
私の両親はなぜ海外挙式なんだという気持ちが強く、日本での標準的な結婚式を望み、親戚の人のことをどうするんだ・・・と怒りと不満で反対しました。私の両親は日本から1歩も出たことがなかったのですから無理もありません。

日本で親戚の簡単な顔合わせをかねた式を挙げる事を条件で、なんとかグアムの挙式に納得してくれました。なんだかんだもめたもののグアムでは友人も参加しとても楽しい旅行を兼ねた結婚式を挙げることができました。

しばらくしてから私の母がこういったのです
「お母さんはね、生まれてはじめて海外のグアムにきてこんなに楽しい旅行はじめてだった。家族みんなで本当にいい思い出ができた。
お母さんはあなたが生まれた時から娘への夢があったの・・・一緒にドレスを選んだり、結婚のための食器や家具を一緒に選んだり・・・。
でも全部自分達で決めてしまったでしょ・・。結婚式も家具も全部ね。
・・・ちょっと悔しかったの。ごめんね・・・。」

私の母は贅沢もせず、倹約していたのはこの夢があったからだったんだ・・・それなのに私は・・・お母さん本当にごめんなさい!!
これからはもっとお母さんの想い大切にするからね。もっともっとお母さんとの時間も大切にするからね。 この体験談のURL

投稿者:しんとこう
余裕がない

結婚を決めて式までは、わずか半年弱。出席してくれると思ってた人にことごとく断られ人数合わせが大変でした。1年くらい余裕をもてば良かったです。 この体験談のURL

<<  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話