選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  >>

投稿者:ぐんきち
食事を食べ過ぎて・・・。

披露宴で、『新婦と新郎はあまり食べれませんから・・・』と差し入れてもらったサンドイッチをすべてたいらげ、披露宴でだされる食事も、人の話はそっちのけで食べまくった私(新婦)。メインディッシュのステーキも介添えさんに一口サイズにきってもらい、ペロっと食べ、挙句に主人が苦手なものもちょうだいして、すべて食べてしまいました。
友人の挨拶で、新婦さんなのに食べすぎ!!と言われ、式が終わった後、母にあんた食べすぎやろ!!恥ずかしい!!最後まで口がもぐもぐしてたやん!!と怒られ、町議会議員の伯父さんは、いっぱい結婚式に呼ばれたことがあるが、こんなによく食べる新婦は初めて見た。と大笑いし、伯母さんはあの食べっぷりはすごいわ!!とあきれ返り、主人の親は、すごい食べてたなあ。見てたら食欲わいてきたわ!と感心されました。確かに友人の結婚式で、あんなに食べた新婦は見たことないかも・・・。と少し後悔しつつ、お料理おいしかった〜!!と満足した私でした。 この体験談のURL

投稿者:ちょこちゃん
教会で父が・・・

牧師様の新婦入場の声と同時に、会衆の視線は新婦の私と、私と一緒に入場する父へ・・・緊張していた父は、白い手袋2枚が縫い付けられている糸をわざわざはさみで切り、自分の両手にはめていたのでした。
まるで、執事か召使みたい・・・それを見た母は、あーーーっと叫びたいのを堪えていたとか。私は初めての事で、ドキドキしてるし自分のことで精一杯で、気付きませんでしたが、しっかりビデオに残っています。 この体験談のURL

投稿者:アイリス
結婚式の余興で・・・

旦那の友達が式の余興で何かするというのは聞いていたんですが・・・。式当日、その余興を見ると、二人が付き合うまでのいきさつを寸劇にしたものだったのですが、私の顔写真を付けて登場した人がいきなり「好きです」と言って旦那の顔写真を付けた人に抱きついて終了し、
そのときは笑ったのですが、勝手に話を作り上げられ、友達にも「大胆だよね」と言われ今でも思い出すだけでむかむかしてきます。
事前に余興の内容がどんなものかを確認するべきでした。 この体験談のURL

バージンロードを父と歩くことが夢でした。 父は恥ずかしいから嫌だといいましたがなんとか説得して、ばっちりビデオもとり少し涙をこぼしつつ式が進みました。 しかし、式のためにとダイエットしていた私は体重は落ちていたのですが、まさか、式の当日無理なダイエットからくるひどいむくみのせいでお気に入りで買った指輪が入らないなんて・・・ 想像もしていませんでした!!! みんなの前での指輪交換、夫は私に付き合わされてダイエットしたために、ゆるゆるになっている指輪。 私は第一関節までしか入らない指輪・・・。 会場ではなんとかごまかしましたが、思い出を残すためのビデオはあれから13年一度も見ることなく封印してあります。 この体験談のURL

投稿者:ユウトパパ
気がつけば・・・こんなに!?

当時 2人ともあまり貯金がなく 安い式場を探して やっと条件の合うホテルを見つけ さっそく準備に入りました。
しかし ブライダル担当者の方の話術にはまり これもいいね!
こうゆうのもいいね!と次から次へとオプションがつき 当日もその場その場でこれもやりましょう!とか いいや、やっちゃえー!と 誰もが驚く ど派手な結婚披露宴となりました。
そして 披露宴が終了。担当者がニコニコ近づいてきて
「こちらになります。」・・・げっ!?
予算の2倍になってる請求書が!?私達はまわりの目も気にせず
ご祝儀袋から次々とお金を取り出して 支払いましたぁ…とっても恥ずかしかったですぅ。 この体験談のURL

準備もわずらわしいし、費用もかかるので 結婚式にまったく興味が
ありませんでした。
でも、せめて写真ぐらいは残したいと新婚旅行を兼ねて ハワイウェディングを 2人だけでお気楽にしました。 
(それでも、レンタルチャーチやら写真代で100万円は軽く超えました。)
結婚してやれやれと 新婚生活を楽しんでいたところ 主人方のお葬式があり 親戚一同勢ぞろいしました。
そのとき、一番感じたのが 「この子、だれ!?」とゆう視線でした。
そのつどみんなに(とにかく親戚の数が多いので)、○○の妻ですと いちいち自己紹介しなくてはならないし、挙句の果てには
「お祝いをあげたかったのに なんの連絡もなかった。」と
嫌味まで言われる始末。 後日、お祝いが送られてきて
その内祝いと礼状を書くだけでも大変。 時間とお金が思わずかかり
ました。(思いのほか 送料が高い!) 結局、結婚式をきちんと
挙げた方が 時間も費用も 無駄がないとゆうことがわかりました。
(なんせ、いっぺんで 親戚への顔合わせ、あいさつ、お祝いの
お返しなどなどが 済みますから。)
結婚は2人だけの問題ではない! 家族間の付き合いの始まりとゆうことが よくわかりました。 しきたりとは 意味があるんですね。
どんなに小さな結婚式でも挙げておいた方が あとあと自分のために
なりますよ☆ お祝いも貰えますしね。 この体験談のURL

投稿者:山野美香
名ばかりのフリードリンク

 昨年の夏に式を挙げたのですが、挙式2ヶ月前の打ち合わせで、フリードリンクの内容が明らかに…!!
ウェルカムドリンク、乾杯、肉料理のワイン、披露宴ドリンクがついていたんですが、ウェルカムドリンクでは、マンゴージュース・オレンジジュース・グァバジュース・アップルジュース・ウーロン茶・コーヒー・紅茶・ビール・カクテルが出るのに対し、披露宴ではウーロン茶とビールのみで、他の飲み物は別途料金がかかるというのです!!
ウェルカムドリンクがこんなに種類豊富なのに、披露宴では別ってどういうこと!?って感じでした。
私(新婦)の友人関係はアルコールを飲まない人が多く、しかも1杯¥600!!
見積もりなんてあってないようなものでした。
この体験談のURL

投稿者:maikikoko
ういてる。

家は、父を早くに亡くし母親がひとりで兄と私を育ててくれました。母は、父親がいないからといって不憫な思いをさせたくないと、ありたっけの事をしてくれました。成人式の時も着物をレンタルしたっていいのに、袴をはきたいという私のわがままを聞き、振袖姿を見たかったはずなのに、付けさげ訪問着を買ってくれ、袴を着させてくれました。そして結婚式の時、成人式の時に見れなかった振袖姿をみたいという母の願いを、唯一の親孝行と思い着ることを決めました。
今はかつらをつけずにかわいい髪形でという形もありますが、当時はかつらをつけるのが当たり前でしたから、なんの迷いもなくつけたのですが・・・・・。
そして当日。色内掛けからお色直しで振袖に替えたのですが、あっちこっちから係りの人たちから着物をひっぱられ、化粧を直され少しずれたかつらを直されたのですが、なんか、おでこ、せまっ!!
はっきり言えないたちの私はあれえ?と思いながらもまた再入場しました。そして終了。
後日ビデオをみたら、なんだよ!!かつら浮いてるし。それにも気づかずにこにこしてる私。まぬけ。その後のウエディングドレスへお色直しの後は片方のまゆが消えてるし。
某ホテルの美容部たち許せません。 この体験談のURL

<<  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話