みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  >>

投稿者:まいける
お気をつけを。。。

おしゃれなイタリアンレストランでウェディングパーティーをしましたが、事前の打ち合わせで決めた飲み物がアルコールばかりで、パーティーの途中でソフトドリンクが足りなくなり大わらわ!お店の方が近くのコンビニまでダッシュすることになりました。出席者の好みをもっとチェックしておけばよかった。。。 この体験談のURL

投稿者:ともっぺ
これが?!

新婚時代、ちょっと二人だけ生活にマンネリを感じて
一人息抜き旅を予約。
「伊豆高原、温泉・海鮮食べ放題!」

ステキ。
高原も海鮮も大好きな私。
彼(夫)にないしょでイソイソ準備。

しかし!
ツメが甘かったのか予約確認電話でバレてしまい
一緒に旅行にいくことに‥。

「どうせ、大したプランじゃねえよ。」

旅立つ前日、夫は雑誌を見つつ鼻で笑った。

(なぜ、ついてくるのかしら?)

ちょっと、一人旅がなくなりため息がでた。

のんびり、ぶらり旅を考えていた私。
ロマンスカーにはしゃぎ、鉄道ダイヤどうり行動する彼。
(彼は鉄ちゃん。)

「遅いぞ!ともっぺ!!」 
彼は私のうでをグイグイ引いていく。

「もっと、のんびりいこう。」
はしゃぎすぎる彼を前に言えない私・

「大したことないな、このカニ!」
という大声と、大皿を平らげる彼。

「しっ!失礼でしょ」と私。
周りの目線が痛かった。

彼は宿の誰より早く露天風呂へ行き、
翌日も早起きして一番風呂に入っていた。

そう、私よかこの旅を大満喫していた。

帰りも、カフェに立ち寄ることも
おみやげを買うことも
遮り、夫は私の背中を押して、
またロマンスカーをおいかけていた。

あれから11年、子供は二人生まれ
彼と二人っきりで行った旅は
あの伊豆高原の旅だけです。

しまったー!
新婚旅行、アレで済まされた〜

今、主人は地球の裏で仕事に追われている。

ロマンスカーを懐かしんでいます。
この体験談のURL

投稿者:Mr.赤男
新郎の最後のスピーチで…

11年前の僕の結婚式で、最後に新郎からのスピーチがありました。
僕はメモを見ずにすべて丸暗記しようと、毎日練習していました。
そして何とか完璧!と挑んだ式当日。
妻のお父さんも涙ぐみいよいよクライマックス…。
色々な緊張と来賓の方々の視線で、マイクを持った途端、頭が真っ白になりました。
何とか出だしの言葉は言えたのですが、その後が思い出せずに、
「えっと…あの…何だっけ…」
言葉がマイクに入ってしまいさらにパニック…。
すると隣りの妻が、
「ボソボソ…」
と、次に言うセリフを教えてくれました。
それをそのまま言いましたが、その後も続かず黙ってしまうと、再び妻が、
「ボソボソ…」
結局ほとんど妻に教えてもらい、妻の声もマイクに入り、会場は爆笑…。
泣いていた妻のお父さんも肩を揺らして笑っていました。
最後に親戚の方々が、
「いやー、なかなか面白くていい結婚式だった!」
と、言ってました。
後で妻は、
「毎日、目の前で練習してたから、こっちが覚えちゃった。」
と、言ってました。
恥ずかしいけど、ほのぼのと終われた結婚式でした。

この体験談のURL

投稿者:てつきち
家柄重視

大学時代の彼氏とは、結婚話まで発展しましたが、うちの父が中小企業の支店長で私の事は”いい子だけれど・・・あれくらいならもっと良い家柄の子がいるからやめておけ・・・”と彼の父親に言われ、あっけなく立ち消えになりました。結局そのあと、私の事かばってくれない彼とはぎくしゃくし・・・同レベルよりやや下の主人と結婚。家柄ってあるんですね・・・ この体験談のURL

投稿者:うどんちゃん
記録に残ってしまった、元気な花嫁

私は生まれつき色黒。
結婚式には、肌を真っ白に塗って、白無垢をきて神前で・・・と夢見てきました。
実際に、その夢はかないましたが、白無垢姿の時は、清楚な花嫁でしたが、白いウエディングドレスに着替えて、来賓のみんなからの祝福メッセージや、歌を聴いている間に幸せな気分になって。
だって、みんな私のことをとてもほめてくれるんですもの。
ビデオに写る私は、色黒で、ガハガハという笑いに、上品さのかけらもなく、最後に出口でみんなをお送りする際には、主人が手前に写っているにもかかわらず、私の声だけが聞こえてくるしまつ。
もっと、最後まで上品に振舞うべきでした。 この体験談のURL

投稿者:180SX
試着って大事〜!

衣装合わせで、着物とドレスは試着したけれど‥

和装のカツラは結婚式当日にかぶりました。

ところが、私の頭は逆三角形で張っていて、

カツラがキツクテ無理やりかぶせられ、

和装の間ずっと頭が痛くって辛かったデス。

事前にカツラを合わせる事をオススメします。 この体験談のURL

投稿者:マリー
愛情が一番

結婚において重要なのは経済力と豪語していた友人。お見合いパーティで知り合ってお金持ちと結婚しました。彼女と会うたび、いつも素敵な服を着て、ブランド物のバッグを持ってまさにセレブそのもの。しかし、わずか一年で離婚。聞くと、お金はあっても、好きでもない人と一緒にいるのがきつくなった、なんでこの人と暮らさなくてはいけないのだろうと毎日にように後悔していたとのこと。やっぱり好きな人と結婚するのが幸せなのかも、ということでした。結婚にいてお金は大切。でもそれ以上に大切なのはやはり愛情なのでしょうか。 この体験談のURL

投稿者:ゆうまま
最後の最後で…

結婚式は和装にしようと決めたのですが、
自分のこだわりで、
「かつらはいや」「赤い口紅に真っ白な顔はいや」
というのがあって一応打ち合わせ時に伝えたのですが…
本番当日いざメイクをしてもらったら、
最後にベテランの着付け士さんが私の担当さんに
「和装はもっと赤い口紅じゃなきゃダメょー」
といい真っ赤な口紅をぬりぬり…
担当さんもなにもいえず…といった感じで、
私もそのままされるがままになってしまって…
一生に一度のことなのに自分の意見を通せず失敗!
今でも写真を見るとちょっとせつなくなります笑 この体験談のURL

<<  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話