選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  >>

投稿者:hawaiian666
粉のチカラ!!

仕事も人手が少なくいつもいつも残業で深夜の3時を回る事も珍しくない日常でしたが、4年つきあった彼女と授かり婚を結構する事となり、仕事の休みなどに徐々に準備をしていきました。
ですが、いつも深夜の帰宅が多く、朝早く起きようとも起きれない状態が日々つづき、なんだかんだで挙式前夜…。
ふと彼女から…『髪どうすんの??』って言われ気が付きました!
ココ一年ほど美容院に行かず、肩下まで髪の毛が伸びに伸びていた事をこの時気がつきました…。

『ヤバイ…』

『どうしよ…』

考えてる暇は無く、時計を見たら…

午後11時…

開いている美容院もなく、夜遅いにも関わらず、彼女の実家の美容院で、切ってもらう事に決定!!まぁ道具も揃っていて安心しました…♪

急いで彼女の実家に行き、準備!!

彼女が『よし!切ろっか!!』





まさか!?

『オイオイ!お前が切るのかよ!!』



『おかぁちゃんは寝てるから、あたしが切ったるわ!大丈夫!昔からおかあさんの手伝いもしてるし!!』

大丈夫かよ…と思いながら、まぁ短く切ったら何とかワックスとかで誤魔化せるだろうと思い彼女にゆだねました…

真剣な顔で切ってるから、邪魔したら悪いかな…と思い、声は掛けずに雑誌を読んでました。

『あ!!やば!!』

『あれ??うまくいかんな…』

『はぁ〜…』

ん?ため息?鏡を見たら、左右の長さがどう見てもおかしい…
『大丈夫??』の声にも、返事は返ってきません。
真剣にやってるから、変に茶化すと悪いし何もいぃませんでしたが、明らかに失敗…。

『よし!終わり!!』の声に鏡を覗くと、思っていたよりかなり短くなっていたものの、スッキリとしたかな?と思い、帰宅。

帰りの車中で彼女が『ごめんな…うまく言った通り切れんかった…』
と言っていましたが、急なお願いにも首を振らずに頑張った彼女には何もいえませんでしたが、『別にいぃよ!スッキリしたし!!』と彼女を、持ち上げて感謝しました。

家に帰って、風呂に入ろうかな?っと思い、パジャマを片手に風呂場に行き、洗面所の鏡で髪をチェック。

『ん??』

『…ジョリジョリ…』

頭の後ろ側に妙な違和感!

『…ジョリジョリ…』

なんと、10円はげ位の範囲で髪がやたらと短いところ発見!
急いで、彼女が居る居間へ直行!!

『なんか…俺…はげてる!!やばい…』といった所
彼女が『ゴメン!!すきバサミと間違えて、普通のハサミで根元からゴッソリ切ってしまいました!!』って…

まぁ、起こる気は更々なく、そのままにすることに…。


そして、挙式当日…

まずまずの天候で、昨日のはげ事件もすっかり忘れて、式場に…。
着替えから始まり、いよいよセットへ…
アシスタントの方に『どうしたの?ココとココ!!』

『え?ココと………ココ!!??』

なんと2箇所もハゲ散らかっていて、アシスタントがビックリしていました。慌てふためいたアシスタントさんが、持って来たのが『ハゲ隠しの粉』でした。この歳で、お世話になるとは思いませんでしたがあの時のアシスタントの方はドラえもん並みに頼りがいがある方でした。

イロイロとあった前夜と当日…無事に式も出来、この時の失敗談から4年ですが、今はもういぃ思い出ですね♪

この時からは、ちゃんと美容院へは周期的に通ってます!!
この体験談のURL

投稿者:ナノ
婚約指輪

結婚式披露宴の後、嫁さんが写真撮影のためにはずした婚約指輪をティッシュペーパーに包み、義兄に「ちょっとこれ宜しく」と渡したところ、ゴミだと勘違いされ捨てられてしまいました・・・。あぁ、俺の3か月分の給料よ、今どこに!? この体験談のURL

投稿者:souma
ばたばた・・・

腹の中に赤ちゃんが!願っていたのでとてもうれしかった!
ですが、結婚式の日時・場所など決めるのにバタバタ・・・
急だったため、ご家族の飛行機は式1時間前に到着の便しかないわ・
主人の姉・兄には式の当日が初対面で姉と兄嫁と間違って挨拶してまうわ・バタバタというか申し訳なかったです。

まだ周りの結婚式に出席したことが無い年だったし、何から決めて、身内のお金はどこまで出すのか・・・など全くわかりませんでした。

最後に両家で食事会・・・最後一言で会を締めるように言われた主人・・・「では、お開きで!」と・・・
そういうことじゃないでしょ・・・お礼の言葉をいうところでしょ!
天然なのか、世の中を分かっていないのか恥ずかしかった・・・




この体験談のURL

 昨年の8月に結婚式をあげました。

 おなかに赤ちゃんがいるので、結婚式はできなくてもいいと思っていました。でも旦那が長男さんということもあり、簡単にでも式を挙げようということになりました。
 急なことだったので、あまりお金はないものの、旦那と二人でお金を出し合っていこうと決めて、式場と計画を進めていました。がっ!1ヶ月前くらいになって旦那の両親が「遠方の親戚を呼ぶ」だの「料理のランクを上げろ」だの「引き出物をもっと増やせ」だの…次々と注文もといいクレームをつけてきました。
 これには旦那も私も大慌て夫婦喧嘩は増えるは、式場にも何度も変更してもらい迷惑をかけるで、もうさんざんでした。

 最終的に出席者等の段取りが決まったのは挙式の3日前…。当日を迎える前にエネルギーを使い果たしてしましました。
 当日は準備があんなに大変だったのにあっというま。いまでは思い出ですが、あんなにイライラして胎教には良くなかっただろうなぁとおもいます。

そんなわが子も今では5ヶ月。すくすく元気に育っています。 この体験談のURL

投稿者:疲れた母さん
最悪の新婚旅行

出来ちゃった婚で、新婚旅行の時は妊娠3ヶ月でした。つわりがひどく、せっかくのごちそうもすぐもどしてしまい、楽しいはずの旅行が辛いものになってしまいました。また、新婚旅行をやり直したいです。 この体験談のURL

流行のハウスウェディングにあこがれ、チャペルに一目ぼれして決めた結婚式場。
わくわくで向かった初めての担当さんとの打ち合わせ。
いろいろ話をしていくうちに夢はふくらみ、花や小物、料理やデザート、ビデオに写真、あれもこれもと付け加えてしまいました。
最終的に、初めて出た見積もりを見て旦那と2人でビックリ!!
あまりの額に旦那は一気に口数が少なくなりシドロモドロ。。。
私はショックが後を引いて、帰りの電車でドアに挟まれてしまいました。
結局いろんな所を削り、なんとか予算内に収めましたが、結婚式ってお金をかけようと思えば幾らでも膨らんでいくものだと痛感しました。 この体験談のURL

投稿者:あきお。
初顔合わせにて

彼女の両親への初めての挨拶。

緊張して伺ったら、とても明るく暖かいもてなしをしていただきました。
初めての挨拶も滞りなくすみ、では食事でもと。

彼女の父はかなりのお酒好き。
食事の際、一緒に飲むと「息子と飲める日が来るなんてうれしい」と大喜び。
彼女の母も、「息子だなんて気が早い」と大喜び。

このあたりまではとても和やかでした・・・・

彼女のお父さんが、「次は日本酒にしよう」と冷酒を飲み始め。
「君も飲みなさい」と。


・・・私は日本酒は飲めないんです。
というか、飲むと悪酔いするんです。

案の定、そのあとの記憶がありません。
初めて会ったその日に、飲みすぎで泥酔したようです。


後日、はっきり彼女の父からいわれました。

「気持ちのいい飲みっぷりだった」と(笑)

そして、
「大切な席でのお酒は控えめに」だそうです(汗 この体験談のURL

投稿者:ファード
披露宴が忘年会?

 会社の上司や先輩などを招待し、披露宴で同じテーブルについて頂きました。その席は私たち新郎新婦のひな壇のまん前。酒も入って気分も良くなってきたのでしょう。そのテーブルだけ異様な盛り上がりをみせ、司会そっちのけで大フィーバー。そのテーブルだけは、酒の消費量が異常に多い。
 お色直しの間に、各テーブルでケーキをトッピングしてもらい、私たちが入場するときにテーブルを回って各テーブルのケーキに入刀していき、最後のどのケーキが一番良かったかを新郎新婦が決めるイベントを行ったんですが、決めるときに新郎の私を脅迫?し自分たちを選ばせ、賞品のワインをゲット。また飲みまくりです。
 新婦側の親戚一同にかなり恥ずかしい思いをしました。あの、のんべだら(こちらの方言、大酒飲みの意)をどうにかしたかったです。 この体験談のURL

<<  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話