選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  >>

投稿者:ジャッキーパパ
「誓詞」が読めない

それは自分が金沢に勤務していた頃、結婚式は友人が東京方面に沢山いるので、東京で結婚式を挙げる事とし、新婦は何度か式場でリハーサルや注意事項を聞いていたが、新婦の私は仕事の都合で式場の下見や打ち合わせには全く行けず、式当日に式場に到着し早速式が始まりました。
神前式で「新郎さん 誓詞を読んでください!」と言われ、頭の中が真っ白で初めて見る誓詞の漢字にはフリガナが無く、〔ガーン!〕なんとか切り抜け、今度は「玉串」のお供えで「はい! と渡されたものの」、右回りか・左回りか解らず、適当にグルッと回してお供えしました。

事前に簡単な打ち合わせや作法を教えて欲しかったのでした。
この体験談のURL

投稿者:tenten0326
事前打ち合わせ

挙式事前打ち合わせに、嫁と二人で行ったときの話しです。小物や出し物を担当者と決める際、二人で事前に打ち合わせしていた時に、意見が食い違っていた内容のモノを強引にその場で意見を押し通されたときには、担当者の前で険悪なムードになりました。一度そういった場で険悪になると、もう仲直りできないので、家に一度帰って出直しました。その後、無事結婚を済ませ今は無事に暮らしています。 この体験談のURL

結婚式につき物のウエディングケーキ入刀、なぜか、だんな様は、緊張のため がちがちな様子、ホテルの方にナイフを手渡され、「ここにナイフを。」という説明も上の空で、いくつものカメラシャッターも準備された中、だんな様が切り込んだのは、指定の部分ではなく、発砲スチロールでできたイミテーションの部分でガリガリ音はするし、握られた手は痛いし、切れないのでのこぎり状態であせってるあせってる。遠めに待機していたホテルマンの方が大慌てで駆けつけたのもおそし、ぬけないナイフを無理にぬいて、ボロボロにしてしまいました。そのときのホテルマンの方の怒った目、忘れられません。私もだんな様に一抹の不安を抱いてしまいました。と.ほ.ほ この体験談のURL

投稿者:りゅう
席札が・・・

招待状・席次表・席札とペーパーアイテムは全部お揃いの柄で手作りをした。
席札には一人一人に手書きで感謝のメッセージを書いた。
席次表と席札は披露宴の数日前に確認をしたうえで、当日配置してもらう様に開場の方に預けておいた。
当日式の前に、彼女と同じ部屋でメイク等をしていたら、担当の方が急いで走って来た。
何事???と話を聞くと、数人の席札が足りません。
何で???・・・分からないし、誰を攻める訳にも行かない状況・・・
とりあえず、式の間に担当の方が無い人の席札を用意するとの事。
式が終わり披露宴の準備に入っていたら、頑張って真似て作ったであろう席札。
しかし、柄は似ていても似つかわしくないし、感謝のメッセージももちろん無い。
仕方ないし、自分達の頑張りが水の泡になった訳でも無いと信じるしかなく、数人は皆とは違う席札で披露宴は始まりました。
この体験談のURL

投稿者:omi
かゆい、かゆい

元々金属アレルギーがひどい私。披露宴でレンタルのチョーカーをつけてもらっていたんですが、披露宴途中からかゆみが・・・掻くととかゆみが増すのでひたすら我慢、我慢でした。何とか式を終えそのまま新婚旅行に行きましたが、私の首周りは赤くただれて何もつけていないのにチョーカーのようになっている旅行写真ばかりが手元に残っています。 この体験談のURL

投稿者:るる
腹巻?が落ちた!

映画「花嫁のパパ」を観て、絶対!ガーデンウェディングにすると決め、夢叶って花や木がいっぱいの素敵なお庭を旦那様と共に招待客にあいさつ回り・・・でも既に、入場のときから肩紐を外しているブラジャーが腹巻状態になっていたペチャパイの私。。。勿論、どうすることも出来ず、そのまま披露宴は進行されたのですが、”まぁ、大丈夫でしょ”と根拠無く(しかも人生最高の日に・・)うろたえなかった私でした。しかし、高校の同級生と記念写真を撮り、笑顔で「じゃぁね☆」と立ち去ろうとしたその時!親友が「え!何これ!?」と言った視線の先には・・・そう、腹巻状態だった私のブラジャーが落ちていたのです。すぐに拾い上げて、私のペチャパイぶりを重々知っている同級生に一部始終を話し、笑いを取って、そのブツは受付にいた妹に預けました。ところが、妹もウエディングドレス姿の姉が持ってきたのがブラジャーだと知るとうろたえて必死で隠したそうですが、あまりの衝撃にどこに隠したか忘れてしまったのです。後日、必死には探しませんでしたが、そのブラジャーが出てきたのは1年後でした。私達は、クリスマスの3日前の結婚だったので会場にはクリスマスグッズを持ち込んでいて、妹はツリーの箱にブツを入れていたのです。1年後、クリスマスの飾り付けをしようと箱を開けて、やっとあの日の腹巻ブラジャーに出会えました♪あの後、ノーブラで披露宴を続けた私の正体を知っていたのは、その場にいた友人達と・・・ビデオ撮影のお兄さんでしょう。 この体験談のURL

投稿者:悔やんでも悔やんでも・・・
ドアが・・・

披露宴って、曲が流れて、良い感じのところでドアが開いて、うわーって拍手があって、二人は一礼の後一時停止して写真をパチパチ撮ってもらって・・・ってイメージですよね。友達の披露宴行ってもそうじゃなかったですか?
私達、曲を全て選択して、イメージして、ここで入場して、盛り上がるこの部分が高砂で・・・って、とにかく曲選びにこだわったんです。

なのに、ドアが開いたらまず会場内の大きな金屏風の後ろを通って、新郎→新婦みたいに登場。会場内はどこで拍手していいのかわからず、拍手はバラバラ。高砂に着いても曲はそのまま2番の頭が流れてる状態。ここは曲の中で一番盛り上がる部分を流すところやろ!!と。

営業担当に文句を言ったら、隣の会場の御客様が通るので。と言われたんです。だったら会場の外に屏風をたてたらいいんじゃないのか・・・。会場選びは、担当者が規則なんで。を言い訳に使わないところを選びましょう。有名ホテルだから大丈夫とあなどらず、細かいことまで確認を。

この体験談のURL

いつも欲張りな私は、新婚旅行でもスケジュールをもりだくさん。
旦那さんは、当日までわけがわからずミステリーツアー状態。
にもかかわらず、現地のガイドのおすすめでタイで像に格安でのれると
いわれ、朝6:00にホテルに迎えにきてもらったりと。。
くったくたの毎日。夫婦揃ってまじめなので、遅刻厳禁とへんな責任感が出て「大切な初夜」は当然なし。
学生時代の合宿(運動部)よりもハードスケジュールでした。
新婚旅行はほどほどのスケジュールで皆さんは愛を育んでください この体験談のURL

<<  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話