選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  >>

投稿者:じじこ
結納でもめて・・・

二人で結婚式を貯め、準備をして、結納などはしないと決めていました。
ところが、主人の父が
「次男が結納を交わしたのに、長男がしないとはどういうことだ!」と、言い始めて・・・。
何から何まで自分たちのお金でするのに結納の意味はない!、と結納の意味をコンコンと主人に説明し、お義父さんを説得してもらいました。

結婚後も変な気を使わなくて済んでいるので、やっぱり結納をしなくて正解でした。
ちなみに結納を交わした次男のお嫁さんは
「結納金ももらってるし、結婚資金も出してもらってるから頭が上がらなくて・・・』
とぼやいてました。 この体験談のURL

投稿者:みーちゃんママ
やっぱり駄目よぉ」

一度目の結婚はお見合いでした とりあえずお付き合いをして(叔父の紹介でしたので 顔を立ててのお見合いでして)向うさんは大乗り気! まぁ私も24歳 田舎なら遅いくらいかなって気持ちで 条件等考慮しまして(人柄もみましたけど)いい方向へ進みました
が その数日後「なかったことにして欲しい」だそうです
で それから数ヵ月後「また改めて考えたい」という事で・・・結婚しました 
でも5年半暮してお終いでした
最初に駄目が出るとやっぱり駄目だわ! お終いを切り出したのは私からでしたけど・・・ ケチがついた縁談は駄目です
二度目は勢いで結婚しました 昔の言い方のナンパです 一緒に暮らして13年です 最初の印象がお互い良かったのでしょうか?
小学生の長女に「何処で知り合ったの?」と聞かれた時が少々苦しかったですが 「お父さんもお母さんも一目ぼれよ」ということにしています
第一印象・・・大切に
この体験談のURL

投稿者:ゆきり
前日に・・・

結婚式はホテルなどでのお仕着せのものでは無く、自分達でゲストを迎えたいと思い、レストランウェディングにしました。担当者はいたのですが、当然ホテルなどとは違って自分達で準備しなければならないことも多かったのです。早くから準備を始めてつもりだったのですが、仕事の後や休日に準備をしなくてはならず、なかなか進みませんでした。一週間前からはほとんど寝る時間も無くなり、やっと終わったのが前々日でした。
準備が整ってホッとしたのでしょうか、前日のお昼くらいから体がだるくなり、熱を計ってみれば38度。これはマズいと思い病院に行って点滴をしたのですが、夜には40度近くまで上がってしまいました。結局そのまま下がることなく当日を迎え、朦朧とした意識のまま結婚式を終えました。あれほど準備をしたのに、まったく楽しむことの無い結婚式でした。 この体験談のURL

今旬なハウスウェディングに憧れていた私。大人気の式場を見に行って、丁度希望の日にち.時間だけがぽっかり空いており、前後の日はもう予約でいっぱい...!考えてたら先を越される!と焦った私は、初めて見学に行ったその日に予約をとりました。しかもお彼岸割引とやらで、その日に成約すれば会場料を無料にしてくれると言うのです。
しかし打ち合わせが進むにつれ、不安な事が出てくる出てくる!
ドレスがどれも気に入らない...   最初の見積もりより130万位中間見積もりの時点で高くなってる... 引き出物、ブーケ、ドレス等一切持ち込みだめ...  
私達、思い切ってキャンセルしました!内金を入れており、戻って来ない説明も受けていましたが、何を買ったわけでもないのに10万もの大金を泣く泣く吸収されるのは納得出来ない!と、彼が頑張ってくれ、なんとか返金してもらうことが出来ました!
どこの式場も担当者とのやりとりで、30万、40万の値引きは何だかんだでしてくれます。10万、20万の値引きに目がくらんで飛びつき、予約をしてしまうと、ほかの式場をじっくり見て廻る事が出来なくなってしまいます。
焦らせる事、他の会場を見に行く猶予を与えない事が、式場の作戦ですから、絶対に一度で決める事はせず、総合的に見てここなら一生の想い出を託せる!と判断出来てから予約する事をお勧めします!


この体験談のURL

投稿者:恵子お母さん
二日酔いの新郎披露宴中に骨折

 3年前の4月、私の息子が結婚いたしました。

 5年ほどお付き合いをした1歳年上のおとなしいお嬢さんが新婦です。

 息子には飲み友達が多く、結婚式前夜も明け方3時ごろまで「独身最後の日を祝う飲み会」と称して期分良く帰宅しました。

 2〜3時間ほどしか眠れず、二日酔いと言うよりも「酔っ払い」の新婦の出来上がりです。

 新婦様に祝福され、新郎の手を取り参列者に挨拶をするときも足元がおぼつかない感じ・・・

 何とか披露宴にこぎつけ興も乗ってきた終盤高砂へ友人たちが集まり何やら余興が始まった時、息子は舞台から足を踏み外してしまいました。

 その場は「痛いなぁ」と思い、2次会も無事済ませ、新婚旅行へも行きました。
  
 痛みがあったので、湿布と痛み止めは持って行ったのですが、勤務が始まってから(息子は医者なので、勤め先の病院でレントゲンを取ってもらったそうです)診断をして貰ったら何と「骨折」だったとの事。

 昔からお調子者ではありましたが何時まで経っても「目が離せない」息子です。

 これからは、お嫁さんに良く「お世話」をして貰わないとなーとつくづく思いました。 この体験談のURL

何日前までにこれを終わらせてぇ、と決めた予定がどんどん遅れ、結局前日やる事がたくさんあるぅー!状態に。
両親への手紙は想いにふけってる間にえらい時間はかかるし、マニキュアは中々乾かないし、介添えさん等に渡すお金も準備するんだったあー、etc... なんやかんやで寝たのは5時、そして7時に家を出る...
しかし式場に3時間ゆとりをもって着いたので、ホテルの方が花嫁ルームで寝かせてくれ、爆睡しました!
自分の性格をよく把握して準備を進めないとだめですね! この体験談のURL

投稿者:すもも
両親への手紙

結婚式でよくある娘から両親への手紙のコーナー。。。
私はどうしてもあれがやりたくなかったんです^^;

だって結婚したって毎年何度かは顔を合わせるわけだしこっ恥ずかしくて無理無理!!って思ってたんです。
それにうちは実家まで車で20分の距離^^; いつでも顔を合わせれるのに改まって手紙なんて・・・と思っていたのです。

しかし今になって大後悔!!よく考えたらそれならなおさらこーゆー場じゃないと感謝の気持ちを伝えられる状況ってなかなかないんですよね。

それに来賓の方々もそれを楽しみにしてくる方もいるようなので本当にやれば良かったと今でもたまに思います;;

なのでこれから結婚式を迎える方には是非恥ずかしがらずやっていただきたいと思います!! この体験談のURL

キャンドルサービスの時、友人がふざけてキャンドルに何か細工を。
なかなか火がつかず困る二人の写真を激写!の予定だったらしいのですが、キャンドルに付けられていた何かに火が移り、挙句に私のドレスへ!
あたふたする私を主人は冷静に火を消し、助けてくれました(*^_^*) この体験談のURL

<<  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話