みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  >>

投稿者:長男嫁@同居。
結婚は計画的に・・・。

ネットゲームで仲良くなり2年の交際を経て結婚したのはいいものの、入籍してから彼の嘘が発覚!!!
今まで教えてもらった彼の過去のほとんどが嘘でした・・・。
さらに彼には貯金が全くなく、子供が産まれて少ししたら彼の実家での同居解消して私達だけの家族3人で暮らそうって話だったのに『この家は俺が継ぐんだから』と彼が両親と話しているを耳にして・・・。
私そんな話聞いてないよ!?と思っても時すでに遅し・・・。
私だっていつかは夢のマイホーム!!!って思ってたのに!!!
彼の両親&義姉妹とこれからも仲良くしていきたいので、同居解消したいなんて今更言えません;;
ちゃんと貯金をして最初から彼とふたりだけの生活からスタートしておけばよかった・・・と後悔しています。 この体験談のURL

投稿者:ジュンピ
え!? 時間早すぎた?

私の実家も主人の実家も田舎なので、何でもおめでたいことは午前中がいいという習わしがあるので午前中にしていました。
午前と午後の一日2組しかできない式場だったので早めに予約して、招待状を親族や友人に送りました・・・が、

しかし、親族や友人からの反応はブーイングでした。
特に女性は髪のセットもあるのでセットの早朝料金がかかるし、バタバタになる、と言われました。そこは、謝って「頑張ってきてね」と言って来てもらいました・・・が

しかし、一番大変だったのは私でした。(笑)
前日は母への手紙を夜遅くまで書いてあまり眠れず、朝は寒い中一人で起きて父を起こして式場まで連れて行ってもらいました。

もちろん、結婚式に来てくれた人は自分で髪のセットをしている人が多かったです(笑) この体験談のURL

投稿者:ゆこみ
義理母の剣幕に・・・

憧れの結婚式はこーして、あーして〜、と私のイメージばかりが膨らんでいたのですが、そんな準備期間の中、義理母が「おばさんに歌を歌ってもらうことになったから」と一言。
勝手に余興の内容を決めていたのです。
しかもその歌というのが、詩吟!!!アットホームで洋風でかわいらし〜い結婚式をイメージして準備を進めていたので、詩吟はちょっと・・・と思ったのですが、やってくれるという余興を断るわけにもいかず。結局お願いしました。 この体験談のURL

投稿者:ことら
あれれ新郎……

私たちは教会式だったのですが、結婚式前日に緊張しまくってドキドキしている私を横目に…うちの主人は「結婚式なんて全然緊張しねーよ、余裕だろ〜!」と言っていました。

いざ当日、父とバージンロードを歩き主人にバトンタッチ。
神父様の所まで二人で歩いて行くのですが…

ふと主人に目をやると。。
なんと、右手と右足が一緒に出てる!!
しかもガチガチでロボットのような動き…

なんだよ〜!!あれだけ余裕ぶっこいて!!(笑)
と逆に緊張していた私が意外と冷静でした。

式が終わるまでずっとロボットだった新郎…
バッチリ映像にも残ってしまい、主人にとっては少し苦い思い出のようです…

でも披露宴は緊張もほぐれバッチリでした!(笑) この体験談のURL

投稿者:まいさん
ブーケトス・・・なぜ君が

私も友人の結婚式でブーケを投げてもらい翌年、見事に結婚に至りました。次は私のブーケで誰か幸せになってもらいたいと気持ちを込めてトス。振り返ってみると照れながらも女性たちは苦笑い。彼女たちの前で顔を真っ赤にしてブーケを大事に抱えているのは7歳になる甥。よく観ると他にも親戚の小さな男の子たちがうじゃうじゃ出てきていました。
女性にとっては受け取れることは嬉しいことだから。
もっと後ろを確かめて投げれば良かったとそのときは後悔しました。

だけど今は、私にとってこの上なく可愛い、そして今でも私を慕ってくれる彼が受け取ってくれたことは神様からのプレゼントのような気持ちがしています。

この体験談のURL

投稿者:lala
旦那に任せて・・・

結婚式の日取りも決まり、準備を進めようとした矢先、私の長期出張が決まりました。
月に2回程帰り、式場に出向いて衣装の打ち合わせや、料理などを決めました。
それでも間に合わないことが多く、花の打ち合わせ、費用の話などは、すべて旦那にお願いすることに・・・
自己紹介ビデオや、招待客へのコメント、ウェルカムボードなど、手作りできるものは頑張って作ろうとしていたので、徐々に二人とも余裕がなくなりイライラが募りました。
仕事が終わって夜遅くに電話すれば、しょっちゅう喧嘩になり、どうしてここまでして結婚式を挙げなきゃいけないんだと思うことも。
旦那も忙しい中、本当によく頑張ってくれたおかげで、何とか準備も進みました。
結局私が仕事から帰ってこれたのは結婚式の前日、徹夜に近い状態で式に臨み、二人とも3次会が終わった頃には、疲れきっていたことを覚えています。次の日出発するハネムーンの準備は当然しておらず、帰ってからもドタバタでした(笑)。
今となっては笑える話ですが、もっと余裕を持って式を迎えたかったなぁと思います。 この体験談のURL

投稿者:まゆ・ゆゆゆ
金欠

一応結婚の約束をなんとなくしてはいたが、
結納は済んでおらず、正式な婚約をしていない段階で
先に同棲を始めた。
そのため、新居(場所や間取りはなるべく妥協しなかった)
や家具などなど、、初期費用でかなりの出費!!
新生活に浮かれ贅沢してしまいました。

貯金の殆どを使ってしまったので、いざ結婚式場を決めるにあたり
重要な結婚資金が足らず、貯金をし直すことに。

新居と結婚の順番を間違えました!
やはり結婚式・披露宴などの具体的予算が出そろった
段階で、残りの予算で身の丈にあった新居探しをするべきでした。。




この体験談のURL

投稿者:ジャスミン
ドレスが…

県外の式場で結婚式をする予定でした。
予算を少しでも減らすために、地元の衣装店からウエディングドレスをレンタルしたのですが、当日箱を開けてみると、違うドレスが入っていました…
当日私はとっても太っていたので、そこの式場の連携している貸衣裳店にあたってもらったが、なかなか会うサイズはなく、いろいろ他てんなど探してもらうはめに!!始まる時間も延ばしてもらい、親戚一同に迷惑をかけ、スタッフにも迷惑をかけてしまいました。やっとのことで見つかった入るサイズのドレスは最初に着たかったドレスとは違い、全然かわいくなかったし、謝礼やら、なんやらで、本来ならいらない出費もかさみ、散々な結婚式になってしまいました。
後日そこの貸衣裳店から謝罪してもらい、ブランドバッグをいただきましたが、一生に一回の大事なイベントがこんなことになってしまい本当に許せませんでした。
この体験談のURL

<<  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話