みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  >>

投稿者:ななこ
やっぱり緊張。。。

結婚式当日まで、わりとスムーズに準備が整っていきましたが、挙式はとても緊張しました。式が終了して自分の手をみてびっくり!!な、なんと指輪交換を右手で行っていたのです。。。。数日後、挙式の模様を撮影したビデオをみて大爆笑。何も考えず、右手の薬指を差し出す私と、疑いもせず指輪をはめる夫が写っていました。今では良い思い出です。 この体験談のURL

私は結婚暦3回、離婚暦2回で失敗談は数々あり過ぎて、何から書いたら良いのか迷いますが・・・。
一度目の結婚エピソードを書きます。
 この夫は真面目な人で中小企業のオーナーだった人でした。私達は付き合って1ヶ月で結婚したのですが・・・。
 それは私が直ぐに妊娠したのがきっかけでした。
結婚生活は何も問題なく子供も無事に生まれ、楽しく過ごしていたときのことです。
 ある日、自宅に会社の社員が尋ねて来ました。社員は急用の様子で血相を変え玄関口に立っています・・・私は急いで夫の部屋へ行き、社員が来ている事を夫に伝えると、夫は眠たそうな目を擦りながら、玄関口へ行きました。
 二人はボソボソと何やら話しをしていましたが、私には聞こえない程の声でしたので、会社で何かあったのかな?
と、その程度に思い、私はコーヒーの準備をし応接間へ二人を導こうと玄関へ近着いた時でした・・・。
 社員が夫に向かって
「組長! それはちょっと・・・・・・。」
 と言い始め、夫はその社員の声を制するように
「シーッ!」
 と後ろを振り替えりながら口元に一指し指を寄せています。
私はその様子を影からそっと見ていました・・・。

そうです・・・夫は正真正銘の暴力団の組長だったのです。

その後、私は速やかに別れを決断しました。 この体験談のURL

私はレストランウエディングでした。
提携しているお店で借りる予定だったのですが、
旦那の親類に貸衣装店でパートをしている人がいるので、そこで借りてほしいといわれ、そちらで借りることとなりました。

が、いざ借りにいくと、デザインが古く、
いいなと思うものがあってもサイズがない。
迷っていると、「優柔不断だ」と文句を言われ、
そして、和服も借りたのですが、こちらで用意をするものがあったらしく、その連絡もなし。
そんな扱いだったのに、お世話になったんだから、菓子折を持って行ってね。
とそこのパートで働いているおばさんに言われました。
1度しかない結婚式の衣装なのに散々でした。
この体験談のURL

投稿者:がおがお
結婚式

関西に住んでいましたが、主人が鹿児島出身で、長男のため、鹿児島で結婚式しなさい!と言われました。関西で下見等済ませていたのに、、一から資料請求し、電話、メールでほぼ決定しました。3連休1度だけ行きましたが。。^ ^
迅速な対応をして頂き、とても素敵な結婚式となりました(^_^)
私の親族もとても喜んでおり、鹿児島でして良かったなあと思いました。家族は旅行も兼ねて楽しんでおりました(笑) この体験談のURL

投稿者:ビビのママ
滞納三昧!!

結婚してから分かりました。。
亡き義理母の借金と滞納税金。
主人の滞納税金。

結婚して3年たちますが、未だに滞納税金を分割で払っています。
結婚詐欺ーー!!と叫びたい気持ちです。 この体験談のURL

私達夫婦は海外の教会であげたかったけど旦那の親に猛反対され披露での結婚式になりました。しかも自分達で選べたのはドレスだけで自分達の思い出の結婚式が出来てなくその後子供も出来たので自分達の決めた結婚式が出来ていません。もう少し話合えば良かったと思います この体験談のURL

投稿者:かこちゃん
パスポート紛失

私が結婚したのは、20年前。新婚旅行といえば、オーストラリアでコアラを抱く!なんてのが人気だった頃。
私たちは、往路は名古屋から、メルボルンへ...コアラを抱いたり、クルージングディナーをしたり。特に問題もなく、ラブラブな新婚旅行を楽しんでいた...はずが、主人が、オーストラリア国内の移動の飛行機で、当時はやりのウエストポーチを外したまま降りてしまった。その中には、財布、パスポートなどの貴重品・・・迎えのタクシー中で気付き、そのまま現地の警察へ。日本から身分証明をFAXで送ってもらったり、両親、兄弟に大迷惑をかけてしまった。
それがきっかけとなり、ハネムーンは最悪のものに。おまけに私たちは復路でシンガポールで1泊するツアー。もちろん入国できずに帰国。パスポートを紛失してからの私は泣きっぱなしだったため、それ以降の写真が1枚もない。
私は初めての海外旅行で、初めて使うパスポートだった。それ以来いまだにパスポートが必要な旅行も行けず、幻のパスポートとなってしまった。今思い出しても、悔しさと悲しさで涙が滲む。おまけに主人は出張で何度も更新したパスポートを持って海外へ。私はもう二度と海外へは行けないのだろうか...。 この体験談のURL

投稿者:あひる0163
まさかの介添えさん

結婚式当日、介添えさんを紹介された。
「今日一日お世話になります。」
と挨拶をした後、主人の家族がなんだか気まずそうな雰囲気に・・・

その時の介添えさんがまさかの主人の元カノのお母様で、
主人の家族も知り合いでした。

「名前を見てそうじゃないかと思って・・・」
と介添えさん。
「いい人みつけましたね。」
と言われましたが、なんだか複雑でした・・・
この体験談のURL

<<  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話