選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  >>

23歳のときに結婚しましたが。その時は特に、ウエディングドレスを着たいという願望もなく、主人も私も周りの友達で式を挙げた人がまだいなかったし、金銭面でもあまり余裕がなかったので、式を挙げることをやめました。そのかわり、親戚の顔合わせも含めた食事会と、友人を集めたパーテイーをやりました。

でも、最近、次々と友人が結婚し、きれいなウエディング姿をみたり、両親への手紙で涙している場面をみると・・・

「結婚式を挙げればよかった・・・」と今になって後悔しています。

でも、私以上に、後悔しているのは私の両親。
私は、二人姉妹で妹です。姉はまだ結婚する予定がなく、「ずっと独身!」と言っているので、最近父や母によく「結婚式やればよかったね」と言われます。父のひそかな夢は「娘と一緒にバージンロードを歩くこと」だったとか・・・。それに、結婚式では両親に感謝の気持ちを伝えられるけど、今この日常生活ではなかなか感謝の気持ちを伝える機会がなくて・・。

今からでもやろうかなって思っても・・・すでにお祝儀はもらってしまったので。結婚式・・・夢のまた夢です^^ この体験談のURL

投稿者:ゼロ
スナップアルバム

結婚式当日のスナップアルバムをプロのカメラマンさんにお願いしました。
2ヶ月近くかかって、やっと出来あがって、手元に。。。

まず、私の第一声は、「表紙はコレじゃないだろ!?」

何だか、私の顔が一段と丸く見える。主人は全体的に細いので尚更。
400枚近く撮った写真の中から、選ばれた表紙がコレ!?
データは全てもらっていたので、同じポーズでも、他の写真の方が全然マシ(笑)

十数万円もかかったのに!!
この写真が一番幸せそうに見えるのかなぁ。。。
このふくよかな感じが。。。

でも、その前に、どの角度から撮られても大丈夫なように、ダイエット頑張れば良かったなぁ〜と思いました。 この体験談のURL

投稿者:ハイパー・ルー
怒りのビデオ撮影

結婚式の披露宴のビデオ撮影をホテルの業者に頼んだのですが大切な幼馴染の友人の余興を録画し忘れたということがありました。
非常に格安だったためお願いしたのですがもう後の祭り。
後で調べてわかったのですが撮影を担当していた人はアルバイトの素人の大学生だったとの事。
結局こちらが泣き寝入りしてしまいました。一生の大切な思い出のワンシーンがなくなりほんとうに悲しかったです。
この体験談のURL

投稿者:そらスマイル
職業柄どうしても・・・

私は保育士をしています。
結婚式ではケーキカットの後お互いにケーキを食べさせ合う事にしていました。旦那は小さくケーキを口に入れて上手に食べさせてくれました。
お返しにもちろん私は特大の大きなスプーンでケーキを食べさせるのですがたくさんケーキをとって「あ〜ん」の合図で食べさせました。

 後日結婚式の写真がたくさん出来上がり私は目を疑いました。
いつも子ども達に(0歳児)に離乳食を食べさせる時口を大きく開けて食べさせるのですが、なんといつもの癖が結婚式でも出ていました・・・。写真を見るとすごい大きな口を開けて「あ〜ん」をさせている私が・・!!しかも鬼嫁のように怖くて「おら喰えー」と言ってるみたいと旦那が一言・・。確かにそんな風に見えるので言い返せませんでした。


 各テーブルにインスタントカメラを一つずつ置いていたのですがどのテーブルからも恐ろしい私の写真が出てきました・・。
かわいい花嫁が一転気の強い恐ろしい鬼嫁とゲストみんなから思われたことでしょう。
顔の作り方を研究しておけばよかったと後悔しちゃいました。
写真は一生残るので絶対にそこだけは人に見せないようにしています。 この体験談のURL

投稿者:老けたポッター
起きたら

結婚式、2次会3次会とあふれるほどに妻ともども飲みまくり、フロントからの電話で起きてみると、私はお風呂・妻はトイレでゲロまみれ。  新婚初夜なぞどこふく風で、お風呂にも入れずにそのまま新婚旅行へ・・・
教会では二人の記念プレートを落とすわで散々でした。 この体験談のURL

投稿者:まりりんぽ
結婚生活

結婚前は私は家事が出来ないと言っていました。共稼ぎになる予定なので、私に頼られるのが嫌だったためです。主人は家事が出来る、趣味は部屋の掃除、食事も好き嫌いがなく何でも食べれる、など、家事に対して前向きで、とても頼れると期待して結婚しました。でも一緒に住み始めてみると、掃除は全くしない、食事は作れない、作れるのはカップラーメンのみ、おまけに好き嫌いが激しく、メニューを考えるのがとっても大変、とウソばっかりでした。家事に対して全く頼りにならないので、私はすっぱり仕事も辞め、専業主婦で毎日楽しています。ウソついた報いです。ウフフ。 この体験談のURL

投稿者:はな
ビデオカメラ

5年前に結婚しました。まだ若く、結婚資金もあまりありません。料理に出すお金はあまり削りたくなかったので、仕方なくビデオ撮影を業者に頼んでいたのですが断って、知人にお願いすることに。しかしその知人に頼むのを忘れてしまい、結婚式当日はビデオ撮影できませんでした。その時は「あ〜あ残念」とあまり気にならなかったのですが、結婚式から半年後父が他界。ちゃんと撮影しておけば・・・と悔やんでも悔やみきれません。 この体験談のURL

投稿者:mt skywalker
めくれなかった手紙

披露宴の最後に、花嫁から、両親への手紙をよもうとしたときのこと。感極まって読みながら、涙をぼろぼろ流している私は、書かれた文字を追って、読むことで精一杯だった。列席者も私の涙に誘われて、沢山の方が一緒に涙を流してくれて、会場は静かに私の手紙を読む声だけが、響いていた。一枚目を読み終わり、二枚目も終え、いよいおクライマックスの三枚目。もう私は号泣してしまい、涙も鼻水も混じってとんでもない顔になってしまっていた。しかしながら、親戚や友人、同僚たち、皆がもらい泣きで沢山の啜り泣きが聞こえてきた。さあ、三枚目を読もうとするが、手紙がうまくめくれない。手袋をしているから、紙がすべってしまうのと、私の手がふるえているから。なんとか慎重にめくろうとするが、やっぱりめくれずそこで一分近くが過ぎてしまった。会場はちょっぴり冷めてしまい、感情的にも、落ち着いてしまった中、最後の三枚目を読み終えた。失敗だったのは、手袋をしていたことと、手紙を綺麗に丁寧に織りすぎていたこと。初めての体験だから、そんなこと予想はできないけど、私の失敗を読んでくれた方は参考にして欲しいものです。 この体験談のURL

<<  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話