選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  >>

投稿者:めぐみこ
説明したがり司会者

結婚式の準備も大詰めで、いよいよ2日後に迫ったある日、司会者との打ち合わせが行われました。その時が当然、初対面。ニコニコと挨拶してくれる司会者に始めは好印象を持ちました。だからいろいろおしゃべりもしました。
結婚式は8月10日(ハトの日)ということで、プチギフトは鳩サブレに決めた私達。司会者にもその話はしました。でも、私達としてはゲストには黙って渡して、何で?と聞かれてそこで「ハトの日」だからと打ち明けて喜んでもらうのが狙いでした。なのに、その司会者はゲストが退場する直前に、「プチギフトは鳩サブレで、8月10日だからだそうです」と説明してしまいました。
私達はただただ、ガックリ・・・。きちんとこれは内緒にしておいてと細かく指示するべきだったと後悔してます。 この体験談のURL

私は主人よりも3〜4cm背が高い。何とか可愛らしい花嫁さんに見えるよう、主人には慣れないシークレットシューズを履いてもらうことになりました。しかし、髪型の打ち合わせが不十分だったためか、当日になって頭のてっぺんに付け毛をのせられて、完成!鏡に映った自分達を見ると、身長差はなく、私の方が大きいくらい・・・。ショックでした。二人とも仕事で忙しかった、式場が遠かったとはいえ、もう少し打ち合わせに力を注ぐべきでした。 この体験談のURL

投稿者:ココアママ
前髪が・・・・・

ヘアスタイル打ち合わせで完璧にヘアーを決めていたのに

式当日 扉が開く寸前までヘアーをいじってくれているスタイリストさん♪

しかし・・後日・写真を見ると斜めになっているはずの
前髪がセンター分けに・・・しかも元々斜めにくせがついているので
センター分けもきれいに分かれてなく
片方だけ落ちてきて目にかかっている写真ばかり・・・・;;前髪なんて一番最悪だし!!!!;;

式当日は私もまわりもドキドキバタバタしてて客観視できなかったみたいです・・・

写真だけでも撮り直したいくらい>< この体験談のURL

投稿者:あーちゃん
新郎が倒れた…

二次会でのことです。

最後の新郎のあいさつが無事終わった〜と思っていたら、
隣に立っていた旦那がうしろにバタンと倒れたんです!

青い顔をした旦那が倒れていて、
会場はしーんとなって、一瞬何が起こったのかわかりませんでした。
出席していたお姑さんは飛んでくるし、
看護師をしている友達が脈を測りに来てくれて
大騒動だったのですが・・・

実は、旦那はあまり強くないお酒をたくさん飲んだ上に、
万歩計ゲームでハリきって動きまくり、
友達がたくさんお祝いにきてくれたので
トイレに行くタイミングを逃してしまい、
おしっこをガマンしすぎただけでした・・・。

爆笑で終わってよかったのですが、人騒がせな旦那でした!!
この体験談のURL

投稿者:まめしば
焦りすぎました・・・

入籍してから、デートを兼ねて模擬挙式に参加し、
「結婚式しようか」と主人の一言で、
ごく身近な人だけを呼んで結婚式を挙げることにしました。
予定では入籍1年を迎える月にしようと決め、
結婚式場を見学し始めた頃、妊娠が発覚しました。
「予定していた月ではお腹も大きくなって、動けなくなる!」
と、結婚式を早めようと急きょ2ヶ月後に日程を変更。
慌てて結婚式場を決め、呼ぶ人も決め、
慌ただしく日々が過ぎ去って行きました。
ウェディングドレスにしたけど、白無垢も来たかったな。
あの人に来て欲しかったな。
ウェルカムベア作りたかったな。
妊娠したからと言って焦って決めすぎました。
つわりで何も準備できないより、
お腹が大きいのが目立っても、延ばすべきだったかもと思います。 この体験談のURL

投稿者:あみ
披露宴の音楽

披露宴で当時私が大好きだった吉本新喜劇の音楽を入場もしくは退場の際の音楽にしようとしたら、激しくストップが。。
でも押し切りました。
当日は確かに出席者から失笑が。。。 この体験談のURL

投稿者:erieri
お金かかりすぎ・・・

お色直しで着物を着ることになり50万円、会場装花に見栄を張ってプラス10万円、料理もいいものを・・としていたら、あっという間に当初予算よりも遥かに上回ってしまいました。
結婚で今までの貯金をすべて使い果たしそうな勢いです。
もう少し、節約するところ、使うところを明確にしておけばよかった。
この体験談のURL

投稿者:タカ
カツラ代弁償

妻の希望により、神社で結婚式を挙げました。式の準備が着々と進む中、私は簡単に正装を済ませ、暇を持て余した私は着替え中の妻の元へと向かいました。そのとき、丁度妻は最後のカツラ装着のため、席を外していた係りの人を親戚と一緒に待っていました。妻の横には装着待ちのカツラが。元来、人を喜ばせようとがんばってしまう私。また、カツラにちょっと興味のあった私は、何のためらいもなくカツラをかぶりました。その時。カツラ係(失礼っ!)が戻ってきてしまい、『あ``ーっ』という、尋常ではない悲鳴(?)に私は驚きカツラを急いで脱ぎ捨ててしまいました。結果として、カツラは曲がってはいけないところが曲がったらしく、妻からは『なんかカツラで頭が締め付けられる』という苦情は出るし、カツラ係からは数万円の修復費用を請求されるしで、後味の悪い結婚式となりました。
今ではことあるごとに出てくる笑い話となっており、良い買い物だったかなと思っています。 この体験談のURL

<<  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話