選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  >>

投稿者:もも
つけ爪!

せっかくの記念だからと、
初つけ爪を制作!!
当日、チャペルで指輪の交換の時は、キレイに映えて
よかったものの、
その後、2着のドレスを着た際、
ドレスとブーケを一緒に持てず、
ほとんど歩くことができず、
つけ爪を外したいを美容師さんに伝えたところ、
せっかくの日だからと、爪をつけなおさせられ、
3着目を試みましたが、やっぱり前に進んで歩くことができず、
転びかけながら、入場を繰り返しました。

基本的に手袋をするので、チャペルが終われば、
爪を見せることもないので、外してよかったんですよね…

ただでさえ、重たいドレス。

爪は短くすることをオススメします…。 この体験談のURL

投稿者:モッコス
大爆笑!!

私たちの結婚式はお金の都合から格安の親族だけでやる凄く安い教会プランにしました。安いだけあってデザインの古いドレス、メイク、ヘアーをしてくれる人は素人で自分でやった方がまだマシでした!!
教会も安いドラマのセットみたいで最悪でした。それでも安いから仕方ない・・・。と思い結婚式に挑みました。
ドアがあき教会に入り神父様の前へ。
誓いの言葉、指輪をはめる。この指輪で第一の事件が起きました。
私が主人の指に指輪をはめようとするのですが第一関節の少し下ぐらいまでしか入らない!!実は私たち事前に確認してなかったのです・・・。困った私が無理に「ググッ」と押入れても無理でした。
私と主人は指輪が入らなかった事がツボに入り軽く笑いだしてしまいました。それでも式は続き・・・。
最後の最後、神父様からのお言葉。ここで追い討ちをかけるように第二の事件が・・・。その神父様はハゲでマジメそうな人でした。何か神に誓う道具のような物をだし祝いの言葉を告げながら手を大きく回し「グルングルン」ダンスのような事をしだしたのです。指輪の事件もあり笑いのスイッチの入った私たち夫婦は大爆笑!!神父様はさすがというか表情1つ変えず頑張ります。両家の家族は静まりかえる。
大爆笑な新郎新婦。こんな結婚式ですが一応思い出です。 この体験談のURL

投稿者:スマイリーえみ
一番泣いたのは???

花嫁さんに本当に心から憧れていた私は、結婚式が本当に本当にうれしくて、緊張はほとんどなく、とにかく当日は朝からウキウキ♪
しかし、驚くほど涙もろい私はとりあえず両親への手紙を読むまでは泣かないと心に決めていました!
途中ホロリとする場面がいくつかありましたが、とりあえず両親への手紙の場面まで崩れずにたどり着きました。
手紙の後半、ゲストの方々も感動してくださって涙を流している中、何やら会場後方から嗚咽が…。
あんなに泣いてくれるゲストは誰だろう?と思ってその方向へ目を向けると、そこにはホームカメラを片手で持ちながら泣き崩れる弟の姿が!!
弟はあまりにも泣きすぎて声は出すわ、ビデオカメラは視点が定まらないわで、ゲストの方々も爆笑!!
せっかく私の両親への場面はかわいいかわいい弟にすべて持っていかれました。
あとあとホームビデオの上映会をやってみましたが、手紙のシーンで写っていたのは披露宴会場の床と私の間を行き来する映像+弟の嗚咽でした(笑)
弟があんなに泣くことを想定できずに弟にカメラを持たせたことは大失敗でしたが、姉を思ってくれる大切な気持ちに気付いたので、あるい意味大成功? この体験談のURL

投稿者:まさひろ
ドタキャンされる男たち

彼女と式場選びで、ブライダルフェアを回っていたある日、
式場にテレビ局の夕方ニュースの取材が入っており、結婚前の
カップルのインタビューをお願いしますというこで、気持ちよく
協力したのですが。。。

数日後のオンエアで見たときの特集のテーマが
「ドタキャンされる男たちが急増」というものでした。
唖然として番組を見ていると、うまく(?)編集されて、結婚前
の意識がすれ違う二人のようになっており。。。

翌日、会社の同僚にも見られており踏んだりけったりでした。。
恥ずかしかった。

もちろん、ドタキャンされることもなく仲良く夫婦生活を続けて
ます。 この体験談のURL

投稿者:おぼこちゃん
呼び方

付き合っていた頃から、人前では、皆が呼ぶ呼び方でお互いのことを呼んでいましたが、二人だけのときは、お互いしか使わない呼び名で
呼び合っていました。
私の両親に、彼が挨拶にきたときに、最初は、私も彼のことを
普通に名前で呼んでいましたは、自分の家であったことと、彼と親が打ち解けて、かなり和やかなムードになったので、ついうっかり
彼のことをお互いの間でしか呼ばない名前で呼んでしまい・・・
親が「?」って顔をして、それで気がついたのですが、
すごくはずかしかったです。 この体験談のURL

投稿者:トコ
忙しさの代償

ゲストとの距離が近いアットホームな式にしたかったので、ゲストに失礼がないようコストを抑えつつも隅から隅まで拘って、挙式までの3ヵ月間アチコチ奔走しまくりで迎えた結婚式当日。
式場の方やその他とにかくお世話になった皆さんの協力や助力もあり、低コストで本当に納得がいくとっても楽しい結婚式になりましたが、あまりにも忙しかった為に結婚式が終わって気が抜けたのか、2日後の新婚旅行当日に酷い風邪をひき、飛行機では気圧の変化で酷い頭痛に襲われ、旅行のスケジュールはこなしながらも疲れ果てて夜は気絶するように寝てしまい、最後には鼻づまりのせいで鼾までかいてしまう始末(汗)
しかも、帰りの飛行機は酷い霧で予定の空港には着陸できず、違う空港で降ろされ、そこから更に新幹線で帰宅するハメに・・・。
そしてまた翌日は予定外に空港まで車を取りに行くことになり・・。
今とはなっては良い思い出ですが、色々とタイヘンなこともありました。

結婚までの付き合いが長かった彼は旅行の間中『風邪が酷いんだなー、疲れてるんだなー』と思ってくれたらしいですが、新婚旅行としてはどうなんでしょうね・・(苦笑)
これから挙式されるミナサン、結婚式や新生活の準備も大切ですが、睡眠や休養もしっかり取ってくださいね。
体調を崩してはせっかくの楽しい結婚式も旅行も台無しですよー。

それにしても・・鼾とは・・・。
後日この話を聞いたときには流石に顔面蒼白になりました・・トホホ・・・(苦笑)

この体験談のURL

結婚式当日。
受付を頼んでいた友人がまだお見えになってない人がいるんだよぉと控え室にやってきました。
時計を見ても開始時間が近い。
もう少し待ってみてと伝え披露宴開始時間5分前。
プランナーの方が余興を依頼されている方がまだお見えになってませんと慌ててやってきました。
すぐに携帯に連絡して話をしてみるとなんとその方は仕事をしており・・・なんと日を次の日を勘違いしていたみたいで、新幹線もすべて次の日で予約をしていたそうです。
今から新幹線に乗って行きますと言ってくれたものの時間的には間に合わないのでお断りしました。
主人はかなりご立腹でしたが、怒っても始まらないですし私たちも前日に連絡して余興お願いしますと再度連絡をしなかった私たちも悪かったわと主人をなだめ、自分を反省しました。
プランナーの方は長年プランナーをしてきたけどこんなハプニング初めてですと言ってました。
とほほでした。 この体験談のURL

投稿者:ハイパー・ムーン
怒りのビデオ撮影

結婚式の披露宴のビデオ撮影をホテルの業者に頼んだのですが大切な幼馴染の友人の余興を録画し忘れたということがありました。
非常に格安だったためお願いしたのですがもう後の祭り。
後で調べてわかったのですが撮影を担当していた人はアルバイトの素人の大学生だったとの事。
結局こちらが泣き寝入りしてしまいました。一生の大切な思い出のワンシーンがなくなりほんとうに悲しかったです。

怒りのビデオ撮影
この体験談のURL

<<  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話