選りすぐった結婚のおすすめ体験談を、新着順に表示しています。

<<  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  >>

4月に挙式、5月に披露宴と挙式と披露宴の間が1ヶ月あいていました。
挙式は神前スタイルで、特に準備もなかったのですが、挙式にばかり頭がいってしまって、披露宴の準備が全く手に付きませんでした。

挙式が終わっても、やりきった感があって、グダグダしていたら結局本格的に披露宴の準備をし始めたのは披露宴3週間前。

披露宴で使う曲、DVDの映像3つ、フォトサービスで使用する小道具、席次表・・・

「間に合わないかもしれない」

毎日そう2人で言いながら、新婚生活など送れる余裕もなく、毎日準備準備でした。

そんな中、席次表をプリント中、プリンターが故障!
しかもゴールデンウィーク中!

イライラがつのる2人。

さらにDVDの作成ソフトの使い方がよくわからず、時間がかかる上、使い方が分かって来たら凝りたくなっちゃって。
プロフィールで使う写真を決めるのにも時間がかかりました。

時間がないので、DVD作成の1つをMacでやり始めたはいいけど、DVDに落とせなくて、変換ソフトなどを使って完成したのが、披露宴前日。

披露宴5日前の会場への荷物搬入では1/3しか荷物を入れることができず、本当に焦りました。

前日は、ゲストに泊まってもらうホテルにお金を払いに行ったり、搬入できなかった荷物を会場に持って行ったりと、やることいっぱい。結局、両親への手紙も前日の夜中にようやく完成。

新郎新婦とも披露宴1週間前はほぼ寝ておらず、フラフラの状態で本番へ。

披露宴中は楽しく過ごせましたが、後から写真を見て、自分たちの顔が疲れているのがハッキリと映し出されていました。

「前日は何もせず、ゆっくりすごして、早く寝ましょう」

という言葉は、一生の思いでを美しく残したいなら、絶対に守るべき言葉だったと、後悔です・・・。

男の人は、ギリギリにならないと動けないということがよくわかりました。動かないなら、お尻を叩いてでも動かすか、自分一人ででも準備を始めておくことが重要です!! この体験談のURL

投稿者:michelle
両親への手紙

前日までの準備に追われ、両親への手紙を下書きのまま話した私。
式が終わってみんなに「ルーズリーフはまずいでしょう…」とつっこまれました。 この体験談のURL

投稿者:cureo
新婚旅行

新婚旅行にイタリアへ行きました。
航空会社がアリタリアだったのですが、ハネムーン用の機内食をオーダーしておいたのにも関わらず、普通の機内食を出され、
あげくのはてに主人の座った席は往復ともイヤホンが壊れていて映画も観れず音楽も聞けず・・・

イタリアの町並みは素敵でしたが、往復の飛行機の中は最悪でした。。。 この体験談のURL

投稿者:ハイパー・ムーン
怒りのビデオ撮影

結婚式の披露宴のビデオ撮影をホテルの業者に頼んだのですが大切な幼馴染の友人の余興を録画し忘れたということがありました。
非常に格安だったためお願いしたのですがもう後の祭り。
後で調べてわかったのですが撮影を担当していた人はアルバイトの素人の大学生だったとの事。
結局こちらが泣き寝入りしてしまいました。一生の大切な思い出のワンシーンがなくなりほんとうに悲しかったです。 この体験談のURL

投稿者:くう
写真撮影

結婚式当日 朝からとても緊張していました。

教会の扉の前で 新郎新婦で写真を撮る事になり

カメラマンが
「新婦さんはしゃがんでください。」
「新郎さんは 新婦さんの後ろに立ってください」と・・・

そして
「新婦さんは後ろの新郎さんを見てくださ〜い」と・・・

私は全て言われるまま 後ろにいる彼を見たのですが
彼は思った以上に後ろにいて

真面目な私は「新郎を見てください」の言葉に忠実に
従おうと思い
必死に後ろにいる彼を見ました。

そして数日後出来上がった写真を見ると・・・・・

座り方はヤンキーぽく 後ろにいる彼をメチャクチャ
睨みつけた写真が出来上がっていました(;;

もう誰も教えてくれないんだもん・・・

その写真は封印しました・・・・


この体験談のURL

投稿者:ゆかピン
結納について

我が家でお正月に結納をしたときの話です。父は小心者なので,結納の挨拶が心配でたまらず,何日も前から「まことに結構なご結納でございます・・・」と私たちの前で声に出して練習していました。いざ本番になったら・・・父は緊張のあまり頭の中が真っ白になってしまった様子。「まことに結構な・・・(シーン)」と言ったところで固まってしまいました。私も母も何度も練習を聞いていたので,「ご結納でごさいます!!!!」と,祈るように父を見て目で訴えました。長い時間がたったような気がしました。やっと父は台詞を思い出し,その後は滞りなく挨拶を終わらせました。父が途中で固まったことと,お祝いの席で皆にふるまった桜茶がやけに濃かった味が忘れられません。 この体験談のURL

投稿者:はいち
結婚式

少人数でこじんまりと式をする予定だったのですが、親族だけでも意外と沢山集まり会場がぎゅうぎゅうになってしまったところが今も悔やまれます。もともと写真スタジオの中で式ができるような簡易的な会場だったため、失敗したなと・・・。 この体験談のURL

投稿者:ステヒャン
仏前結婚式で・・・

仏前結婚式で、両家の紹介の時、どちらの父親にも足の痺れを気遣い、「立ち上がらなくてもいいからね」と、前もって言っておいたのに、まず彼の父が間違って立ち上がり挨拶をしてしまったため、張り合って私の父親も立ち上がったのですが、
すっかり痺れがきれていたため足の感覚がなくなっていたようで、爪先立ちになり、もちろん、そんな状態ですから、きちんと立ち上がれるはずもなく、ドーンと前のめりに転がってしまいました。
それだけならまだマシだったのですが、何を思ったのか、立ち上がろうと手をかけた父の脇の箱は、文化財の経典葛篭!!、住職は真っ青、私たちも笑いをこらえながら、「それはダメだーーー!!」、小声で必死に伝えたのですが、最後まで父は葛篭に手をかけたままでした・・・。 この体験談のURL

<<  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話