みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  223  224  225  226  227  228  229  230  231  232  >>

投稿者:みきどん
寝不足、ゲロゲロ・・・

新郎は、遠方から上京してくれた親族に飲まされ、前日にも関わらず体調不良で吐く始末・・・。

新婦の私は、両親への感謝の思いを手紙に託し、朗読の練習も完璧にしていたのに・・・

深夜まで練習したため、寝不足で気持ち悪くなる。

本番でも泣きまくったので、何を言っているのかさっぱり分からないという、非常に中途半端な結果に終わりました。 この体験談のURL

投稿者:mituru
式場・・・

私はテレビでやっているような披露宴をしたかったんです。
私達が楽しむというよりはご招待した方がたにも楽しんでいただきたかったんです。
たとえばカラオケをしてもらうよりみなさんに参加してもらってゲームをしたりとか。
そういうことがしたかったんですが予約をした式場ではほとんどの事が決められていてするかしないかしか言えなかったんです。
もっといっぱいの式場をみてそこの人としっかり話をして納得できたところにお願いすればよかったと後悔しています。 この体験談のURL

投稿者:リセリ−ヌ
新郎が披露宴で、ベロベロ

披露宴は、クライマックス、とても盛り上がってきた中、新郎は友達に
つがれたビールを飲みすぎてベロベロになってしまい、トイレにかけこみ戻ってこない。結局私は、一人で場を盛り上げました
この体験談のURL

投稿者:タヌキ
空腹><

 私は白無垢で挙式後、披露宴に出ました。、お色直しはピンクの中振袖、続けて白いウエディングドレス、ゆっくり座ってもいられません。それに、新婦は何と言っても注目の的! ようやく座れてもジュースを口にしただけでした。
 お色直しの時、係の人が「緊張であまり食べられないでしょう?」と言って小さな俵形おにぎりを数個、お皿に入れて勧めてくださったのですが、着替えやメイクで忙しいこともあり、1個食べるのがやっと!
 披露宴が終わったら、皆に見送られてタクシーで船着場まで走り、対岸まで船で渡り、そこからバスに乗り……と移動続き! 結局、ホテルから夕食のために外出したレストランでやっと食事らしい食事を摂ることができました。
 結婚式当日は本当に忙しいし、緊張もします。朝から多めに朝食を摂っておく方が身の為です。
  この体験談のURL

投稿者:kai
髪飾り

前撮りのときに頼んでいたカクテルドレス用の髪飾り用の生花が小さく、しょうがなくウエディングドレスの時に使ったブーケを解体して挿してもらいました。 この体験談のURL

ホテルでの結婚式でホテルに到着控え室前のロビ−でお酒好き出席者
数人が披露宴前から酒宴始まり披露宴開始時には数人ともに完全に出来上がり酔っ払い.前後.見境いつかない状況となってしまい時間経過各自のスピ−チが始まると1人が新郎の子供の頃からのスピ−チ始まり段階的に年功順のスピ−チに入り内1名が高校時代。大学。社会人とその時代。時代のガ−ルフレンド元彼女のこと暴露始め言うてはならない特に年頃の元彼女のことまで暴露結婚式後新婦の所へ数人が行き少々オ−バ−な表現で事実は違うの言い訳するも新婦聞く耳持たず弁明出来ず新郎はその後数ヶ月要してやっと正常になったとの事ホテル式場でも披露宴前はジュ−スかお茶にした方が良いのではと思い素も語の数人の結婚式は披露宴前のお酒は止めにして。スピ−チは各自事前打ち合わせとしました。 この体験談のURL

投稿者:☆ちえ☆
思い出のビデオ・・・

結婚式と披露宴はプロにビデオを撮ってもらって
思い出に残そう!って旦那さんに言ったら
「式だけ撮ってもらって、披露宴はお姉さんに撮って
 もらえばいいじゃん・・・」
って言われて泣く泣く、プロを諦めて姉にビデオ撮影を
お願いしました・・・・

新婚旅行から帰って来て、楽しみにビデオを見たら、
録画ボタンのタイミングを間違えたらしく、
映ってるのは床ばっかり・・・・・
結局残しておきたかったビデオは全く駄目でした;。;

高いお金がかかっても、プロにお願いするべきでしたo(><)o この体験談のURL

投稿者:小豆パンダ
カラオケの悲劇・・

披露宴は余興も出来るだけ抑えて、
友人とのおしゃべりの時間を増やしたかったので、
カラオケは外したかったけど、式場の勧めで友人に頼むことにした。

しかし式の当日控え室で

「カラオケはないのか?」と伯父さんが聞くので、

「もう、お願いしてる人がいるんですよ〜。」
とやんわりお断りをしたのだが・・・

披露宴も中盤に差し掛かり、友人とのおしゃべりを楽しんでいたときのこと。

「それでは、みなさまに飛び入りでお祝いを伝えたい方がいらっしゃるようです!」

???

司会者の声に多少の不安を感じながらも高砂に戻される私。

突然、イントロが流れ、酔っ払った伯父さんがマイクを握る。

「・・・!!!」

延々と5分間、フルコーラスを歌いきった伯父さんは晴々とした顔で席に戻っていった。

!!!

青い顔の私と、キョトンとする新郎。

それもそのはず、
私たちの披露宴のコンセプトは、十分司会者にも伝えてたはずなのに!! 

なぜ!!?

カラオケも前もって友人に頼んだのに・・・

怒りと失望に襲われながら、済んだことは仕方ないと
自分を騙しながらなんとか笑顔で持ちこたえる・・

しかし悲劇はこれだけで終わらなかった・・

式も後半に差し掛かった頃、
どこからとも無く演歌調のイントロが流れる。

まさか・・・・・・

おぼつかない足取りで、
明らかにさっきより酔っ払っている伯父さんが、
ふらふらと前に出てきた。

マイクを握り、今度は振りつきで叫ぶように歌う。

「やったれ!!! やったれ!!!」と。

2回目!!??
油断していた、まさか2回あるとは!!

しかもなんだ、この曲・・・!!!??


新郎は、無言でデザートを食べる。

その隣では合いの手を入れる気力も無く、
手を合わせたまま早く終わることを祈る私・・

本当にやられた・・・伯父さんには。

自分なりのコンセプトがある方は
式場と司会者には、しつこいくらいに念を押すことをお勧めします。











この体験談のURL

<<  223  224  225  226  227  228  229  230  231  232  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話