みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  217  218  219  220  221  222  223  224  225  226  >>

投稿者:みさき
イヤリングがない!!

結婚式の準備の際、パープルのカラードレスに合わせてイヤリングはドレスに
合うピンクのイヤリングに決定!!
すごくカワイイイヤリングだったので当日つけるのを楽しみにしていたのですが
結婚式当日あわただしさにヘアメイク担当のスタッフの方もテンパッてしまったのかイヤリングをつけるのを忘れてしまって・・・・そのまま会場へ。
結婚式の写真を見ると耳元がとてもさみしいです。
写真を見るたびに思い出してしまい悲しいです。
プロがジュエリーを忘れるなんてサイテーです!! この体験談のURL

投稿者:ぽんみるく
帰りはクタクタで電車

都内で式と披露宴を終えたあと、私服に着替えが終わって私と夫が帰ろうとしたら、誰もいなかった。。夫方の親は新幹線で帰るので東京駅まで送るということになっていたのだが、親戚の方と一緒に帰ったらしく、その必要はなくなり、私の家族は、実家で親戚が集まるというこので、準備やら接待やらでバスでとっとと家に帰ってしまった。残された私と夫は、式場からの大量の荷物とともになえました。。荷物はダンボール4箱分を宅急便で送ることにし、私と夫は疲れ果てたまま地道に電車を乗り継いで帰りました。。主役なのに。。もっと帰りの交通手段をよく決めておけばよかったです。。 この体験談のURL

投稿者:シュウコ
ちゃッッ、チャックが!!

私は、小さい頃から、ウェディングドレスに憧れ今年やっと念願のウェディングドレスが着れました。結婚式が決まり、ウェディングドレスを選ぶとき。私は、一つのウェディングドレスに一目惚れしました。でも、そのウェディングドレスが大変なことになるとは、まだわかりませんでした。ウェディングドレスもきまり、式も決まったことで、私は、安心しウェディングドレスを決めた日から、5キロ太りました。結婚式当日。いざ、ウェデングドレスを着るとチャックが、あがらなくなっていました。係の人は、力ずくでチャックをあげました。そのとき、事件は、起きたのです。チャックが、はじけたのです。係のかたもびっくりしてしまいました。結婚式は、安全ピンでなんとかしましたが、あのときは、とても大変でした。今、考えるととてもいい思い出です。 この体験談のURL

指輪の交換が楽だから、とグローブはフィンガーレスタイプに決めていました。
ドレスを購入したお店で無料レンタルをやっていたのですが、フィンガーレスのタイプは無くて試着が出来ず…お店の人が、「作っておきますよ!」と言ってくれたので安心していました。
ところが結婚式の前日、ドレスと一緒に届いたフィンガーレスグローブをなにげなくはめてみると…ぶっかぶか!!!
普通のグローブならまだごまかしがききますが、フィンガーレスタイプはごまかしがきかず(手首から先がだらしなく浮いてしまうのです!)、式当日に街中のドレスショップをかけずり回って他の手袋を探す羽目になりました。
グローブのような細かいものでも試着は大事だ…と大反省しています。 この体験談のURL

投稿者:きららん
手作りで・・・

結婚式や披露宴で使うものや、ペーパーアイテムなど、
「手作り」にすると、出席者の人によろこばれたり
思い出に残る・・・というけれど、結婚式前は予想
以上に忙しくて、作ると決めたからには何かを作らなければ
ならない状況に追い込まれ、雑になったり、疲れて
グッタリ・・・ということになります。

まぁ、「餅は餅屋」というように
ヘンに素人がやるよりも、プロにお任せしたほうが
いいものもありますね。 この体験談のURL

投稿者:ベルガット
新郎新婦をおいてけぼり

教会で式をすませ、披露宴会場に移動となった時、両親達はゲストと自分達だけ次の会場に移動してしまい、ブーケ以外何も持たない新郎新婦をノーマネーでおいてけぼり。新婦の知人がタクシー代を貸してくれましたが、あの時は本当に情けなかった。誰か、世話係を一人おいといてくれなくちゃ・・・。もちろん式と披露宴で会場を移動するというのは両親達にとって未経験だったのでしょう。今では自分も気が付けばよかったなと思います。 この体験談のURL

投稿者:RED
半年経つまでに…

彼と1週間も経たない内に同棲。「もぅこの人と結婚するんだ」と決めていた。勿論彼も同じ気持ち。
出来るだけ早く入籍をしたかったので互いの両親に挨拶,両家の顔合わせも早く済ませた。

めでたく☆出会って4カ月に入籍。挙式はしたくなかったのでせず,借り衣装を来て記念写真だけは残しておこうと考えていた。
新婚旅行は年内に海外へ行こうとと話していた。

しかし!入籍2週間後に妊娠発覚。物凄く驚いたし精神的に余裕の無い私は涙が出た。喜ぶべきなのだろうけど出産の勇気も育児の自信も全く無い私には考えられなかった。
妊娠3カ月の今,以前に比べ,大分精神的に落ち着いている。そして出産する事についても受け止めている。

結婚の写真も新婚旅行も済ませていなくて,半年の間で同棲→結婚→妊娠と早い展開で…予定通りの結婚ではないかもしれないけれど幸せな生活を送れている私は後悔は全くしておりません(^^)自分の家庭が持てる事が本当に嬉しく思っています。まぁ…もぅ少し彼に甘えた2人の生活を味わいたかったかな(笑)私達の赤ちゃんを無事に出産できますように… この体験談のURL

投稿者:サンタ
ゲスト控え室

私たちが結婚式をしたところは、結婚式用ではないデザイナーズホテルだったため、ゲストの控え室はホテルの部屋を利用したものでした。
会場の下見に行った際、客室として使用されているため実際に見ることはできませんでした。
そして結婚式当日・・・。ヘアメイクの真っ只中、『控え室が狭いんだけど・・』という苦情の電話が!!
あとで考えてみると、両家の親族で各一部屋ずつ取っており、男女で分けていませんでした。着替えは控え室しかないので、おじいちゃん、おじさんがいる中で、若い従妹たちが着替えを・・・という状況になっていたのです。
そこまで気がまわらなかったのですが、よく考えるとかわいそうなことをしたな、と反省しています。 この体験談のURL

<<  217  218  219  220  221  222  223  224  225  226  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話