みなさんから寄せられた結婚の失敗体験談を、新着順に表示しています。

<<  182  183  184  185  186  187  188  189  190  191  >>

投稿者:やさよーま
手作りで

ケーキカットのケーキを、手作りケーキのほうを希望したため、小さいもので、ケーキカットがすごく地味になってしまい失敗だったと思います この体験談のURL

投稿者:かたしん
式当日

ドレスはレンタルだったのでドレスを着ての歩き方など練習はほとんどできなかった。
当日、階段で何度もつっかえるは、横にあったお花は倒すは散々なふるまいをしてしまいました。。。 この体験談のURL

投稿者:ゆきり
前日に・・・

結婚式はホテルなどでのお仕着せのものでは無く、自分達でゲストを迎えたいと思い、レストランウェディングにしました。担当者はいたのですが、当然ホテルなどとは違って自分達で準備しなければならないことも多かったのです。早くから準備を始めてつもりだったのですが、仕事の後や休日に準備をしなくてはならず、なかなか進みませんでした。一週間前からはほとんど寝る時間も無くなり、やっと終わったのが前々日でした。
準備が整ってホッとしたのでしょうか、前日のお昼くらいから体がだるくなり、熱を計ってみれば38度。これはマズいと思い病院に行って点滴をしたのですが、夜には40度近くまで上がってしまいました。結局そのまま下がることなく当日を迎え、朦朧とした意識のまま結婚式を終えました。あれほど準備をしたのに、まったく楽しむことの無い結婚式でした。 この体験談のURL

今旬なハウスウェディングに憧れていた私。大人気の式場を見に行って、丁度希望の日にち.時間だけがぽっかり空いており、前後の日はもう予約でいっぱい...!考えてたら先を越される!と焦った私は、初めて見学に行ったその日に予約をとりました。しかもお彼岸割引とやらで、その日に成約すれば会場料を無料にしてくれると言うのです。
しかし打ち合わせが進むにつれ、不安な事が出てくる出てくる!
ドレスがどれも気に入らない...   最初の見積もりより130万位中間見積もりの時点で高くなってる... 引き出物、ブーケ、ドレス等一切持ち込みだめ...  
私達、思い切ってキャンセルしました!内金を入れており、戻って来ない説明も受けていましたが、何を買ったわけでもないのに10万もの大金を泣く泣く吸収されるのは納得出来ない!と、彼が頑張ってくれ、なんとか返金してもらうことが出来ました!
どこの式場も担当者とのやりとりで、30万、40万の値引きは何だかんだでしてくれます。10万、20万の値引きに目がくらんで飛びつき、予約をしてしまうと、ほかの式場をじっくり見て廻る事が出来なくなってしまいます。
焦らせる事、他の会場を見に行く猶予を与えない事が、式場の作戦ですから、絶対に一度で決める事はせず、総合的に見てここなら一生の想い出を託せる!と判断出来てから予約する事をお勧めします!


この体験談のURL

投稿者:ウベ
彼の作戦が水の泡

憧れの婚約指輪を、自分のオリジナルデザインで作ってもらい、世界に一つだけの指輪が完成するのを、二人で心待ちにしていました。
デモを作りサイズを指にはめて確認をして、本物が出来るまで3ヶ月かかるとの事。
いよいよデモが出来、思い描いた通りのデザインに大興奮!しかも帰り際に、「お渡しは7月上旬になりますので...」と、予定より1ヶ月も早い完成!
「そんなに早く出来るのー!?」と浮かれる私を尻目に、一人顔の曇っている彼...  店を出てエレベーターに乗った途端、「あー!ちっくっしょー!」と彼が突然叫ぶので目が点になる私。
「俺がせっかく驚かせようと思って、内緒で頼み込んで無理して早めてもらったのにィィ!何で言っちゃうんだよー」とうなだれる彼。
その日担当の方が体調不良で早退してしまったらしく、いつもと違う方が対応してくれたので、彼の思惑まできちんと伝わっていなかったのでしょう...
どうしても7月7日に指輪と一緒にプロポーズしたかったんだ、と教えてくれました(笑)そんな彼がもの凄くいとおしかったでーす! この体験談のURL

投稿者:Nっち
式当日、ビデオ撮影で

式、披露宴をプロにビデオに撮影してもらっていたのですが、花嫁である私が鼻水が出てきてしまい(笑)軽くすすったつもりがものすごい変な顔でばっちりビデオに記録されていました...

写真やビデををとられるときは、
「私は女優!」
くらいの意気込みで、美しい姿を維持してくださいね^^
この体験談のURL

投稿者:恵子お母さん
二日酔いの新郎披露宴中に骨折

 3年前の4月、私の息子が結婚いたしました。

 5年ほどお付き合いをした1歳年上のおとなしいお嬢さんが新婦です。

 息子には飲み友達が多く、結婚式前夜も明け方3時ごろまで「独身最後の日を祝う飲み会」と称して期分良く帰宅しました。

 2〜3時間ほどしか眠れず、二日酔いと言うよりも「酔っ払い」の新婦の出来上がりです。

 新婦様に祝福され、新郎の手を取り参列者に挨拶をするときも足元がおぼつかない感じ・・・

 何とか披露宴にこぎつけ興も乗ってきた終盤高砂へ友人たちが集まり何やら余興が始まった時、息子は舞台から足を踏み外してしまいました。

 その場は「痛いなぁ」と思い、2次会も無事済ませ、新婚旅行へも行きました。
  
 痛みがあったので、湿布と痛み止めは持って行ったのですが、勤務が始まってから(息子は医者なので、勤め先の病院でレントゲンを取ってもらったそうです)診断をして貰ったら何と「骨折」だったとの事。

 昔からお調子者ではありましたが何時まで経っても「目が離せない」息子です。

 これからは、お嫁さんに良く「お世話」をして貰わないとなーとつくづく思いました。 この体験談のURL

何日前までにこれを終わらせてぇ、と決めた予定がどんどん遅れ、結局前日やる事がたくさんあるぅー!状態に。
両親への手紙は想いにふけってる間にえらい時間はかかるし、マニキュアは中々乾かないし、介添えさん等に渡すお金も準備するんだったあー、etc... なんやかんやで寝たのは5時、そして7時に家を出る...
しかし式場に3時間ゆとりをもって着いたので、ホテルの方が花嫁ルームで寝かせてくれ、爆睡しました!
自分の性格をよく把握して準備を進めないとだめですね! この体験談のURL

<<  182  183  184  185  186  187  188  189  190  191  >>

体験談一覧おすすめ体験談体験談投稿

本当にあった結婚式の話